実ちゃんWEBへようこそ

元アマチュアユーフォニアム奏者、実ちゃんのWEBサイトです。
2019年に演奏者としての活動に終止符を打ちましたが、音楽に関わりたい気持ちもあり、ユーフォニアム・テューバアンサンブルのオリジナルアレンジ作品を紹介しています。

実ちゃんの自己紹介などはこちら

販売中のユーフォニアム・テューバアンサンブル作品はこちら

マスネ:「絵のような風景」より「4.ジプシーの祭り」

マスネの「絵のような風景」より「4.ジプシーの祭り」をユーフォニアム・テューバ4重奏用にアレンジしました。スコアとパート譜をまとめてPDF化しましたのと、参考音源も上げましたので、どうぞご利用ください。

マスネ:「絵のような風景」より「3.お告げの鐘」

マスネの「絵のような風景」より「3.お告げの鐘」をユーフォニアム・テューバ4重奏用にアレンジしました。スコアとパート譜をまとめてPDF化しましたのと、参考音源も上げましたので、どうぞご利用ください。

マスネ:「絵のような風景」より「2.舞踏曲」

マスネの「絵のような風景」より「2.舞踏曲」をユーフォニアム・テューバ4重奏用にアレンジしました。スコアとパート譜をまとめてPDF化しましたのと、参考音源も上げましたので、どうぞご利用ください。

マスネ:「絵のような風景」より「1.行進曲」

マスネの「絵のような風景」より「1.行進曲」をユーフォニアム・テューバ4重奏用にアレンジしました。スコアとパート譜をまとめてPDF化しましたのと、参考音源も上げましたので、どうぞご利用ください。

2020年になりました

2020年になって1か月半も過ぎましたので、今更ですが(笑)

■1月2日(木)
年末は仕事納めが終わってから色々ありまして、ほぼ自宅に籠っておりましたが、さすがにそれでは味気ない感じもありまして、この日は釜石の「ミッフィーカフェかまいし」に出掛けました。到着したのが昼過ぎでしたので、ランチメニューは終わってまして、カフェメニューを頂いて来ました。とてもゆったりした雰囲気でしたが、ミッフィー好きでも頻繁にリピートするような場所ではなさそうです。

■1月12日(日)
年末年始はあまり出掛けることもありませんでしたので、この日は3連休の中日を活用し、会津若松まで出掛けることにしました。若松市内に入った時点で夕方前でしたので、満田屋で味噌田楽を頂くことにしました。昼時は混雑しますが、夕方前になると空いており、ゆっくり好きなのを選んで頂くことができました。その代わり、土産を買おうと向かった鶴ヶ城会館は閉館しておりました。観光地の一日は早く終わるのだと認識しました(苦笑)

■1月25日(土)
かみさんがジャンベを叩きに天童に行きませんか、と誘われたらしく、ボクも同伴で出掛けることになりました。これまでジャンベしか叩いたことがありませんでしたが、今回はケンケニーを叩いてみる機会がありました。慣れないのでぐちゃぐちゃになりましたが、やっているうちに自分なりのコツが掴めて来まして、徐々にランナーズハイみたいな感じになりました(笑)

帰りには水車そばに寄りまして、しばらくぶりに元祖鳥中華を食べて仙台へ帰りました。前回食べた時は胡椒辛い感じがしてがっかりしましたが、今回は初めて食べた時の優しい味に戻っていました(笑)

■2月8日(土)
仙台駅の近くにある高級食パンのお店にパンを買いに行ったところ、以前に所属していた楽団の(接触したくない)某メンバーが何人か近くを通り過ぎて、同じ店に入って行くのが見えました。この時期になぜ?と思いましたが、どうやら楽団の飲み会があったようです。何にせよ気付かれなくて良かったです。気付かれても面倒くさいので。


さて、吹かなくなって半年以上、楽器を放置したままにしておりましたが、このままでは楽器にも良くないと思いましたので、大半の楽器はサンリツさんに買い取って頂き、その代金で新しくWindowsのノートPCを購入しました。これまで使っていたMac Book Proについては、諸々の環境を新PCに移行した上で売りに出しました。

昨年末から続いていたインフルエンザ後の咳はすっかり落ち着いたので、お友達に会いに行くことも出来るかと思っておりましたが、新型ウイルスの影響が広がりつつあるようですので、泊りがけなどで出掛けるのはもうしばらく先のことになりそうです。

2019年の終わりにあたって

あと数日で2019年が終わります。今年一番印象に残ったのは、30数年続けたユーフォ吹きとしての活動にピリオドを打った事でしょうか。楽器を吹く楽しみはなくなりましたが、それに伴う苦しさや煩わしさがなくなったのは大きいと感じています。あと、これまでの交友関係が殆どなくなりました。楽器を吹かなくなるだけでなくなる交友関係と言うのは、ある意味その程度だったのかも知れません。

11月から始めた仕事は、比較的のんびりしています。そう感じているのはボク本人だけなのかも知れませんが、とりあえずのんびりやっております。ただ、時間給の一般派遣で、まだ有給休暇もありませんので、11月末にインフルエンザに罹患した際には、そのまま12月の初旬に4日間欠勤となりました。4日間の欠勤は収入に大きな影響を与えますが、仕方ないです。

■11月17日(日)
かみさんが関わっている「アフリカンバンド ぽれぽれ」の本番が宮城野文化センターであると言うので出掛けてきました。そう言えば前にここに来たのはバリチューフェスタへ最後に参加した時だったなあ、などと思い返しながら会場に入りました。

本番は、ぽれぽれを含めていくつかのバンドと言うかチームによるオムニバスライブでした。チームによってあまりパッとしない演奏だったりすることもありましたが、概ね面白かったです。

■12月8日(日)
オイちゃんが楽器の本番だと言うので、石巻市立雄勝小中学校まで出掛けて来ました。彼が以前に所属していた宮城県警音楽隊に賛助プレーヤーとして参加すると言うのです。近隣に車を止めて会場に向かうと、演奏会を見に来た地域住民が相当集まっています。仙台周辺だとそれ程珍しくもないのでしょうが、そうでない場所だと生の音楽を聴く機会は少ないのかも知れません。

前半は雄勝駐在所の所長さんによるヴァイオリン演奏です。アマチュアのはずですが、技術力もなかなか、情熱溢れる演奏で楽しめました。後半はオイちゃんwith宮城県警音楽隊のステージです。細かい引っ掛かりがいくつかあるものの、途中から駐在所所長さんがギタリストやボントロ吹きで加わってから、演奏の熱量が上がり、なかなか良い演奏会でした。

さて、例年であれば年末年始の期間で、どこかに泊まり掛けの旅行に行く所ですが、インフルエンザが治った後も咳が続くので、飲み会や旅行は控える公算が強いです。

転職活動、終わり

■9月15日(日)
「『十符の里-利府』フェスティバル」という結構大掛かりなイベントがありまして、かみさんがメンバーの「どれみ隊」も演奏とワークショップで参加すると言うので、ボクは同伴と言うかワークショップのお手伝いをしてきました。

朝は早く8時前に現地に入り、テント張りや楽器並べなどを手伝います。10時からのワークショップは、楽器の手作りと、様々な楽器体験の二本立てなんですが、ボクはかみさんと一緒に後者の呼び込みをやっていました。デモっぽく楽器を叩いていると、意外に人が寄ってきて、大人も子供も叩いて行ってくれました。

演奏の時間も近づいてきましたので、ワークショップは13時半に終了したのですが、それから楽器を片付け、ワークショップの片付けを手伝っているうちに15時位になりました。結構疲れましたが、がんばりました(笑)

■9月16日(月・祝)
会社でお世話になっている方へのプレゼントを買いがてら、国道114号線を走破しようと思い立ち、のんびりと福島方面に向かいます。まず、福島市の仲間町交差点から国道114号線に入ります。ひたすら山道を走っていくと、浪江町に入ります。ここは震災による帰還困難区域が残っており、国道沿いには立ち入り不可のバリケードが張られている所が見受けられ、胸が締め付けられる思いがします。

浪江の中心部を抜けて国道114号線の終点から国道6号線に入り、「みそ漬処 香の蔵」でプレゼントを購入して仙台に戻ったのでした。

■10月12日(土)
台風19号が強い勢力を保ったまま、東北にも接近して来ました。21時頃になると、ボクらの地域にも避難指示が出ました。何事かあるかも知れないと考え、空振りになるかも知れないと思いながらも避難所に移動しました。避難している人はそう多くありませんでしたが、認知症の母親が支離滅裂な行動をしていても放置する人や、夜中にわざわざラジオを点けて聴き出す非常識な人が目に付いて困りました。

本当は避難指示が解除されるまで避難すべき所でしたが、27時頃に雨風が収まったのを見計らって帰宅したのでした。その後、被害に繋がるような事はなく、一安心でした。

■10月14日(月・祝)
9月に続き、のりさんのジャンベ教室に参加すべく、水沢に行って来ました。元々何人か参加予定だったそうですが、台風の影響でキャンセルした方が多く、結局参加者はボクら夫婦だけでした(笑)

前回は結構アレできない、コレできないとがっかりしたものですが、2回目にもなると何となく見えて来た感もあって、少しずつ叩けるようになりました。もちろんまだまだですけども。


2月から始めた転職活動も、半年を経過しても芳しくない状態が続いていました。やはり、正社員雇用や紹介予定派遣のように、ボクには高いハードルを狙っていたためかと思います。そこで、10月後半に入ってから、一般派遣で年数を稼いで無期雇用派遣に移行するのが一番現実的ではないかと思うようになり、シフトチェンジをした所、前職の最終日目前で転職先が何とか決まり、今日はその初日でした。資金繰りが落ち着くのは年末辺りになるかと思います。

夏休みも終わり

8月10日に始まったお盆休みから今週末まで駆け足で振り返ります。

■8月11日(日)
打楽器アンサンブルのコンサートを見に、七ヶ浜国際村に行きました。かみさんの打楽器の先生が演奏者の指導や、プレイヤーとして実際に演奏したりと言うのがあり、ここ毎年ご招待を頂いているんです。前半は先生方からの指導を受けて活動しているチームの演奏でしたが、従来に比べてアフリカンパーカッションアンサンブルよりもマリンバアンサンブルの比重が高くなったせいか、練習が追いついていない印象を受けました。

■8月12日(月)
お友達が出演する演奏会があると言うので、南相馬に出かけてきました。「フリメゾン ウインドオーケストラ」という楽団でして、南相馬の学校で吹奏楽をやっていた卒業生を集め、週末に集中的に練習をし、この日に演奏会をすると言う趣旨のようです。フリーメイソンやフリーソーメンなどとは全く関係ないようです(笑)

演奏者は地域柄、概ね一定以上の演奏レベルを持っている人が多いようでしたが、いかんせん突貫工事的に練習だったため、楽譜の段やページを間違えたとしか思えないような演奏事故も見受けられ、最終的には演奏者も相当バテバテだったようです。

■8月13日(火)
JTBの積立で貯めた資金を使って、泊りがけの旅行へ行く事にしました。色々プランを思案しましたが、数日前から続いていた結膜炎が回復しないと旅行どころではありませんから、最終的には結膜炎が落ち着いてから、近場の山形や福島を1泊で回ることに落ち着きました。

当日は午前中に仙台を出発し、山形市内の喫茶店で昼食を頂き、軽く寒河江までドライブしてから山形蔵王の宿に入りました。それなりの宿代であったにもかかわらず、色々と問題がありましたので、残念ながら次はないなあと思いながら、翌朝に宿を出発したのでした。

■8月14日(水)
この日は夜までに仙台へ戻ることだけがミッションですので、これまで行ったことのない、裏磐梯へ向かう事にしました。まずは国道13号線を南下し、米沢の道の駅で少し休憩し、裏磐梯の桧原湖を目指します。調べてみるとこの周辺には良いペンションが多いようですので、機会を見て泊まりたいと思います。

■8月25日(日)
かみさんの打楽器の先生からのご招待で、犬や猫などの殺処分を減らす活動に賛同した演奏家のチャリティーコンサートに出かけてきました。コンサートの趣旨はとてもよろしいのですが、音楽の専門的な教育を受けて研鑽を積んできた人とは思えない演奏が多く閉口しました。最後の先生方の演奏は非常に楽しく安心して聞けたので、それまでの記憶をリセット出来たのが救いです(苦笑)

■9月1日(日)
以前ソニブラ(ラ・バンダ・ソニド・ブラボー)でラテンジャズに取り組んでいた頃、水沢から参加していたのりさん。今はジャンベのプレイヤーとしても活躍されています。

この日は初心者向けのジャンベ教室を開催すると言うので、かみさんが申し込み、ボクはこっそり同伴することにしました。折角なので、のりさんを驚かせようと思いまして(笑)

朝に仙台を出て、のんびりと4号線を北上します。事前に下調べをしていたので、それほど迷いなく現地近くに到着します。近くのテナントビルで昼食を食べ、会場のカフェに入ります。ボクが来ることなど知らないのりさんは地味に驚き、作戦成功です。

結構丁寧に教えてもらった結果、少しジャンベのことが分かって来たような気がしましたので、また時折参加しようかなと思っています。


他にはかみさんに同伴してジャズフェスを見に行ったり、利府の「十符の里フェスティバル」でどれみ隊のお手伝いをしたりしていました。思い立って国道114号線を走破したりもしておりました。一方、転職活動は終わりが見えず、今月に入っても継続しています。あまり焦っても仕方ないですし、焦って転職先を決めようとすれば後々支障を来たす事にもなりますが、かと言って長引くと気疲れするのが正直な所です。

楽器を吹かない生活

■6月9日(日)
7月に新潟に出掛ける事になりました。それに併せて国道113号線と115号線の走破も企画したのですが、色々と検討した結果、国道113号線は2分割で走破することにしました。

まずはかみさんの調べ物のために、泉区図書館へ。それからしばらく南下しまして、仙台東部道路から常磐道に乗って相馬まで向かいます。国道113号線の終点は相馬にあるのです。ここから113号線を遡り、丸森、角田を経由して白石まで向かい、この日はここまで。あとは仙台に戻ります。

■6月15日(土)
秋田に「秋田金低合奏軍団バークライ」と言うバリチューバアンサンブルの団体があります。何やら活動当時のゆぅちゅうばみたいなことをしているようで気になっておりましたので、演奏会を見に行く事にしました。わざわざ秋田まで。

演奏内容についてはコメントを控えますが、Visual4の皆さんの演奏を基準にして聴いてはいけないのだな、と実感して仙台に帰ったのでした。

■6月16日(日)
ご招待を頂いたので、フィール・ウインド・オーケストラの定演を見に、福島県文化センターへ出かけました。時々見に行っておりましたが、今回が何と20回目の定演なんですって。見た感じ、大半のパートで以前より人数が減っているように感じますが、プログラムは相変わらず重めです。でも、記念の委嘱作品とか変なことをしていないのは好感が持てました。

■7月13日(土)
新潟で「アフリカンパーティー2019」と言うのが開催されるらしく、かみさんが参加してみると言うので、ボクも同行することにしました。まずは仙台から国道4号線で白石まで南下します。そこから先日途中まで走った国道113号線に入り、一路新潟を目指します。

白石から七ヶ宿を抜けて、山形の高畠町に入りましたので、高畠ワイナリーでワインやジュースを買い、そのまま国道113号線を走り、新潟県に入り、日本海沿いを新潟へ向かいます。

そして、国道113号線を大体辿って新潟市内に入り、万代バスセンターのカレーを食べに行きました。なかなか有名ですので、食券を買うのも幾分行列です。出てきたカレーは、トロトロしていて、かなり黄色いです。甘いのかと思って食べて見たら、結構辛くて汗がタラタラ流れます。実際には中辛程度ですので、普通の人なら普通に食べられる位ですが、ボクは辛いのが苦手なので、甘口位が丁度良いのです。

早めに宿にチェックインし、アフリカンパーティーの場所に向かいます。到着しても、殆ど知らない人ばかりで良く分からない場所ですので、会場に入るのに夫婦揃って躊躇します。まあ、最終的には二人でジャンベのワークショップに参加し、以降はダンスのワークショップやライブを眺め、疲れた所で中座し、宿に戻ってパタンQするのでした。

■7月14日(日)
この日の予定は仙台に帰るだけなので、少し寄り道をします。最初に新潟市歴史資料館を見ます。新潟の歴史に触れ、歴史的建造物を少し眺めてきました。最後は新潟ふるさと村でお土産を買ったり、ご当地スイーツの「もも太郎」を食べたりしてから出発します。

帰りは敢えて国道113号線を戻らず、磐越道で会津若松まで移動し、ここでも若干のお土産を購入し、猪苗代から福島を経て相馬に至る国道115号線を走破してから仙台に帰りました。福島から国道4号線に入るのが一番ですが、ここは国道115号線走破のために遠回りするのです(笑)

■7月21日(日)
朝に参議院議員選挙の投票を済ませてから、グリーンピア岩沼に向かいます。かみさんが最近やっているジャンベ教室の発表会&BBQがあるんですって。現地は生憎の雨模様ですが、大きなテントの中でやりますので、雨にも降られず概ね快適です。

11時頃から発表会と言う名前のライブ、13時半頃からBBQです。ライブは前週のアフリカンパーティーの時と同じ時間でしたら、結構変化があり飽きませんでした。BBQはじゃんじゃん焼いてじゃんじゃん食べる結果となり、他の皆さんよりも圧倒的に早く食材を食べ尽くしたのでした(笑)

7月に入ってからは風邪をひいたり、痛風の発作に見舞われたり、先週には結膜炎にかかり、未だに継続している転職活動にも支障をきたす始末です。楽器は6月に入ってからびた一文吹いておりませんが、全く禁断症状のようなものは出ていません。余程楽器を吹くのがしんどいと感じていたのでしょう。