XOOPS Cube Legacy 2.1.8 NEWS   DOWNLOAD    
ACCOUNT PRIVATE MESSAGE  
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失


メインメニュー


2018 年 2 月
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28    


Search
年度明けから今まで
2016-08-23
しばらくぶりの日記です。3月一杯で前の職場での契約が終わり、4月からは長く求職活動の日々が続きました。この日記は、その求職活動が終わったら書こうと決めていました。

こうして書いていると言うことは、やっと職が決まったわけです(笑)しかしながら、最長でも3年後の10月一杯で終わってしまいますので、次の求職活動に備えて力を付けるなり、評価を得ておく必要があると言うのが但し書きになるのですが(苦笑)

■4月30日(土)
たがじょう金管まつりVol.8の本番当日です。例年ですと仙台ユーフォニアム・テューバフェスティバルが後の日程になるのですが、今回は日程が逆転しましたので、金まが2015年度ゆぅちゅうば活動の総決算になります。

前回は死にものぐるいで「エルカミ」をやり遂げましたが、今回は当初予定していたゆぅちゅうば的「自由曲」の編曲がなかなか進まず、練習もそれに比例して捗らなかったため、8月に「自由曲」を変更した事がありました。そのため、あまり練習は出来なかったように感じていました。

♪マーチ・オーパス・ワン(浦田健次郎/実ちゃん)
♪ホワイト・ウォーター・フェスティバル(D.シェーファー/実ちゃん)

課題曲はやりたいなーと思いながらこれまで出来なかった曲でもありましたし、自由曲は途中で何か事故りつつもそれなりの出来だったので、概ね満足して本番を終えたのでした。

■5月3日(火)
求職活動中とは言え、GWは大したことは出来ませんので、気分転換を図るのです。えんぱさんが仙台にいらっしゃるとの事で、飲みながら積もった話に花を咲かせたのでした。娘のゆーさんがママを迎えに仙台まで出て来てくれました。ゆーさんありがとう。

■5月4日(水)
さてどう過ごしたものか、と思っていたところ、しょうちゃんも同じ事を考えている様子だったので、誘い合わせて福島方面へ出掛けました。福島でお昼に円盤餃子を食べ、会津若松で粟まんじゅうを食べ、そして米沢へ北上して米沢牛ステーキで締め(笑)

そもそも出発がお昼近くでしたので、会津若松より先に向かうのを諦めたのがちょっぴり心残りです。また次の機会を考えたいものです。

■6月12日(日)
ウインズのバリチューメンバーで、岩出山の道の駅(あ・ら・伊達な道の駅)に出掛けて演奏してきました。動機としては、地域に対するウインズのアピール、パート内でのコミュニケーション向上、楽団内での活動に希望を見いだせないメンバーのモチベーション向上があります。以下のお品書きで多少のしくじりはあったものの、そこそこ楽しく演奏出来たので、ひとまずは目標達成です。

♪夢をかなえてドラえもん
♪いい日旅立ち
♪津軽海峡冬景色
♪365日の紙飛行機
♪花束を君に
♪犬のおまわりさん

■6月19日(日)
かみさんが石巻市民交響楽団のお手伝いで演奏すると言うので、前日から随行して登米に行ってきました。練習は20時位に終わりましたので、それから夕食を食べに出掛けたのですが、宿周辺の飲食店は軒並み営業終了しておりまして選択肢がほぼありません(苦笑)

当日午前中はひたすら時間を潰して会場に向かいます。今回はNHK-FMで放送中の「弾き語りフォーユー」でお馴染み小原孝さんがスペシャルゲストだそうです。コンサート本編中で小原さんが番組を再現されていて、これだけでも見に来た甲斐がありました(笑)

■6月26日(日)
若文ホールで利府吹さんの18回定演です。ボクら夫婦とウチのパートの子で、裏方と司会のお手伝いをさせて頂きました。ボクは昨年に続き照明のため、前日に若干の打ち合わせ後、勝手に練習して本番当日を迎えます。本番終了後、ゆぅちゅうばメンバーでユーフォのエキストラをしていたあねごさんから、「みのるさん照明とかやんなくていいから、一緒に楽器吹いて」とのこと。そりゃあ一人で演奏会吹き切るのはしんどいものね。

夜の部ではウチのパートの子が皆さんに可愛がられつつヒートアップ!所属楽団では見たことのない生き生きとした表情を見せる彼女を見て、楽しそうで良かったと思う反面、所属楽団ではなぁ…と思ったのでした。

■7月2日(日)
かみさんが先月の登米に続き石巻市民交響楽団のお手伝いのため、石巻市内の小学校に行きます。午前中かみさんが練習している間、ボクはひたすら時間潰しに注力し、午後になったら現地に向かいます。スペシャルゲストで「チター」と言う楽器の日本における第一人者の方がいらっしゃっていましたが、オケとのアンサンブルがちぐはぐな感じがしていて残念でした(苦笑)

■7月24日(日)
■8月7日(日)
今年も古川シンフォニックウインズはコンクールに出場し、地区代表を経て県大会に臨みました。今回は会員として臨む最初のコンクールでしたが、腹に据えかねる事があまりに多く、あまり釈然としないまま参加しました。結果は県大会で銀賞。お盆前にコンクールが終わり、一安心と胸をなで下ろしたのでした。

■8月11日(木・祝)
この日からかみさんはお盆休みです。求職活動が続いていても気分転換は必要だよね(と、言い訳ばかりですが)と、まずは宮城県美術館に向かいます。絵本でお馴染みの「ぐりとぐら展」が9月4日まで開催中ですので、これを見るためです。もちろん以前から知ってはおりましたが、全編を通して流れる優しく暖かな感じにほっこりして来ました。

午後はかみさんのパーカスの先生が出演されるコンサートを見に、七ヶ浜国際村へ向かいます。全編パーカッションのみで演奏されますので、「パーカッションでこんな事が出来るのか」と毎回新鮮な発見があります。

■8月12日(金)
この日は以前から食べたかった腰掛庵の氷を目指して天童の山形県総合運動公園に向かいます。開店時間の10時を目がけましたが、到着は10時20分頃。行列に並んで間もなく、ボクらの数組後で何と打ち止め!90組位ですから、おそらく15時までの営業時間で200食位が一日に提供出来る限度なのでしょう。

少し待つと、整理券を渡され、14時半過ぎに戻ってきて下さいとのこと。とりあえず先にお昼ご飯の事を考えることにしました。で、向かったのがさがえチェリーランド。のんびりお昼を食べ、お土産を買ってから天童に戻り、やっと氷にありつきます。大分待ったせいもありますが、みんな満足そうに食べています。ボクらも満足して仙台に戻ってきました。

■8月13日(土)
ウインズでご一緒のY先生と気仙沼に出かけます。気仙沼市吹の有志メンバーで結成された金管アンサンブル「Fukadan」が14時から魚市場近くで演奏すると言う話をきいたからです。しかし途中で帰省ラッシュに巻き込まれ、気仙沼に入った時点で14時を過ぎてしまいます。

会場に近づくにつれ、金管アンサンブルの音が聞こえてきましたので、そちらに向かってみたら…別な金管アンサンブルの演奏でした。何と言うトラップ(泣)気を取り直して会場に向かい到着したものの、演奏終了のトラップ(涙)かろうじてアンコールを聴くことが出来たので、何とか目的達成(苦笑)

会場の1階にある海鮮丼のお店でしっかりお昼を食べ、気仙沼から陸前高田を回り、一関に抜けてから一路仙台へ戻ったのでした。次に一関へ行くなら猊鼻渓の川下りとかいいなあ。

■8月14日(日)
震災前まで南相馬で活動していた金管アンサンブル「懸の森ブラスアンサンブル」が活動再開と銘打ち、先月に営業再開した小高駅前で10時位からゲリラライブをすると言うので、7時台に仙台を出発し、仙台空港で朝食を摂って現地に向かいました。

現地に着いたのは9時50分少し前。どうやらボクら以外にも同じ事を考えて見に来た人が何人かいますが、肝心の演奏メンバーが来ません(苦笑)何だガセかと思っていたら楽器を持った怪しげな方々が三々五々集まってきました。

練習は前日に少しやっただけらしく、演奏は色々ありましたが、震災によって散り散りになったメンバーが5年の時を経て、再結集して人前で楽器を吹いた事が何より重要です。これからも細く長く活動を継続されますように。

それから仙台にとんぼ返りしまして、青年文化で午後開催される、ひびやん指揮の宮教オケ定演を見ます。細かい所で突っ込み所はありますが、概ね熱演でして、振っているひびやんの表情から満足感が読み取れました。

夕方からはPWOのもっちーと夕暮れの松島観光に。日没前の松島は色彩豊かでして、非常にロマンチックな気分になりました。夕食は塩竃のマリンゲートに寄って食べてきました。近くの席で誕生日サプライズをしておりましたので、これは使えるなと思いつつ帰ってきました。

とまあ、求職活動をしているとは思えない程に、お出掛けを繰り返していた事を再認識しております(苦笑)近々では9月25日(日)12時から伊達道の駅バリチューの第2弾をお送りするべく準備しておりますので、お時間のある物好きな方はぜひ!

第10回仙台ユーフォニアム・テューバフェスティバル
2016-03-26
■3月21日(月・祝)
毎年年度末恒例となっている仙台ユーフォニアム・テューバフェスティバルが開催されました。確か初回は2006年だったと思いますが、エルパーク仙台のスタジオホールで開催されたのを見に行った記憶があります。当時ゆぅちゅうばはまだ結成されていなかったので、普通に観客で見に行ったんですね。

その時にはよねっち御大がユーフォニウム・テューバアンサンブル「おもちゃ箱」のメンバーで出演しており、アンチコンクールの持論を展開していたんですが、何だか変わった人だなあと思っていたら…翌年、PWOのコンクール前に出会ってしまったのでした。最近は御大とご一緒出来る機会が少なくなっており、ちょっと寂しい感じがしています。

その後フェスタの会場は常磐木学園のシュトラウスホールを経て青年文化センターの交流ホールで長く開催されておりましたが、昨年から太白区文化センターの展示ホールで開催されるようになったんですね。

ゆぅちゅうばとしては第3回から参加させて頂いておりますが、途中諸事情により出演を断念したり、震災によりフェスタそのものが開催中止になったりと色々あったなあと思い出されます。

話が大分逸れましたが、今回の演奏曲目は前回より難易度をかなり下げ目にしてお送りしました。実は当初「自由曲」として書き上げた譜面があったのですが、書き上げるのに時間がかかったのと、3月までに練習が間に合わない見通しになったため、夏頃に急遽変更した次第です。変更前の「自由曲」については、次回に持ち越しとします。

課題曲:マーチ オーパス ワン(浦田 健次郎)
※1984年度課題曲D
自由曲:ホワイト ウォーター フェスティバル(D.シェーファー)

演奏は良くも悪くも、いつものゆぅちゅうばクオリティでした(苦笑)。来月のたがじょう金管まつりでも演奏しますので、バランスを考慮しつつ、若干クオリティを上げられればと思っています。

今年も弘前のVisual4さんをお迎えして合同演奏もしたのですが、色々思案し施策を打っても年々交流の具合が…と感じております。来年以降は先方からの要望があれば継続する、と言う事にしようかと思っています。

第六回62万石吹奏楽祭
2016-03-07
今年は最初の2ヶ月に本番がありませんでした。元々2月に大崎地区吹奏楽祭があり、そちらに参加する予定だったのですが、直前に体調を崩しましてお休みしたんですね。前の週の練習にもちゃんと出たのに(苦笑)

そんなわけで、3月5日に今年最初の本番がございました。第六回62万石吹奏楽祭です。今回は古川ウインズがホスト団体となり、利府吹さん、若吹さん、グリーンさん、PWOさん、多吹さんとご一緒させて頂きました。お品書きは以下の通りです。

・そよ風のマーチ(松尾善雄)
・ヴィリアの歌(F.レハール/A.リード)
・交響的断章(V.ネリベル)

「そよ風のマーチ」はボクが学院大SWEに入った年の課題曲です。当時はヘボ過ぎてやっつけられてばかりでしたが、あれから25年も経てば多少はマシになったかなと思います。ま、スタミナ不足は痛感させられましたけども(苦笑)

「ヴィリアの歌」は昨年のウインズ定演からずっとdivisiの下をやっておりましたが、直前に発生したアクシデントにより、突然divisiの上プラス1playerの嵐に見舞われました。とは言え、周りの皆さんに色々と助けて頂いたので、今は感謝の気持ちが大きいです。

「交響的断章」は吹奏楽をやるなら一度はやっておくべき名曲と認識しておりましたが、いざやってみるとなかなか難しいのです。二つの交響的断章よりも明らかにネリベルトラップが多い気がします(爆)

とは言え、本番の集中力一発と言うのはそれなりに凄いものでして、練習でも事故が多発した「交響的断章」は大事故に至らず、無事に終わったのでした。「雨降って地固まる」ではないですが、一番コミュニケーションを取りたかった人とじっくり話が出来たりしましたので、結構な収穫がありました。二年ぶりの62万石、なかなかでした(笑)

さて、これからはゆぅちゅうばの短期集中オンシーズンです。おかげさまで関係者の皆さんから演奏曲について訊かれるのですが、それは当日のお楽しみです。いつもの通り課題曲+自由曲の構成になりますが、課題曲は往年の名コンサートマーチですし、自由曲は去年のエルカミのような殺人的楽曲ではありませんがまあまあイイ曲だと思います(笑)

仙台ユーフォニアム・テューバフェスティバルは3月21日に太白区文化センター提示ホール、たがじょう金管まつりは4月30日に多賀城文化センター小ホールで開催されます。マニア度満点の両イベントへのお越しをお待ちしております。

2016年も宜しくお願いします
2016-01-09
2016年が明けてから1週間が経ちましたね。今年もどうぞ宜しくお願いします。まず、年明けから働く場所が変わりました。昨年末までは黒川郡大和町にあるデジカメ工場におりましたが、今は川内萩ホールの近くです。

そしてもう一つ、ごく一部のお友達にはお知らせしておりましたが、色々と思う所がありまして、この所色々とお手伝いをさせて頂いておりました古川シンフォニックウインズへ入会することにしました。色々と騒ぎ立てる事もあるでしょうが、関係者の皆さま、どうぞ宜しくお願いします。

さて、これからの予定ですが、3月5日に62万石吹奏楽祭への参加、3月21日に仙台ユーフォニアム・テューバフェスティバルへの出演、4月30日にはたがじょう金管まつり開催の予定があります。世間一般の動向とは関係なく、これからがユーフォニアム・テューバアンサンブルの本格シーズンになります(笑)

2015年、今年もお世話になりました
2015-12-31
■9月27日(日)
コンクールでお世話になったカブきちさんが賛助出演されると言う事ですので、多賀城吹奏楽団さんの31回定演へ出掛けてきました。1ステのメインにエルカミが据えられていたのですが、到着が遅れたのと、贈り物の受付に時間がかかり間に合わず(苦笑)

2ステはポップスステージでしたが、ジャパグラ6で若大将(Jackくん)がソロを取っていたのですが、その後ろでまつきよさん(ツツおじさん)が金紙を貼った筒をバリサクに挿入する暴挙に!おかげで若大将のソロから目移りしてしまいました。許せ弟よ(爆)

■10月31日(土)
ブラスジャンボリー(いわゆる自由演奏会)が開催されると言うので、出掛けてきました。指揮者は荒井富雄さんでしたので、どんな合奏になるのかと興味津々でしたが、エルカミの中間部はスピーディで落ち着きませんでした(苦笑)お品書きは以下の通りです。

♪音楽祭のプレリュード(A.リード)
♪歌劇「トゥーランドット」より「誰も寝てはならぬ」(G.プッチーニ)
♪聖者の行進
♪エル・カミーノ・レアル(A.リード)
♪宝島(和泉宏隆)

■11月7日(土)
昨年に引き続き、Visual4さんのコンサートを見に弘前へ出掛けてきました。今回は以前ボクが編曲したロマネスク(J.スウェアリンジェン)と、要望により全曲を再編曲したオセロ(A.リード)が演奏されると言う事で、楽しみにしておりました。

演奏については著作権の問題もありますので、特定の方にしか公開しておりませんが、オセロについてはバリチューバアンサンブルの可能性と限界の両方が見えたような気がしました。

来年はどんな曲を演奏されるのか、そしてボクに編曲の依頼を頂くことになるのか、実は結構心配しつつも楽しみにしていたりするのです(笑)

■11月29日(日)
古川シンフォニックウインズの31回定演当日です。前日の練習を終えた後は行きつけのDんつくで「お天気まつりin古川」を開催し、日付が変わる辺りで解散し、各自の宿泊先や自宅へ戻って就寝したのでありました。ええ、ボクらは自宅ではなく宿泊先です(笑)

今回のお品書きは以下の通りです。コンクールで十分辟易した清水大輔氏の作品が投入されており、理由をいちいち細かく書く気もありませんが、もうこの人の作品を演奏するのは正直懲り懲りです(苦笑)

【1ステ】
♪夢のような庭(清水大輔)
♪鷲の舞い上がる地(S.ライニキー)
♪喜歌劇「メリー・ウィドゥ」より「ヴィリアの歌」(F.レハール/A.リード)
♪フラッシング・ウィンズ(J.V.D.ロースト)
【2ステ】
♪私のお気に入り(R.ロジャース/宮川彬良)
♪シング・シング・シング(L.プリマ/岩井直薄)
♪「ハムレット」への音楽(A.リード)
【アンコール】
♪第2組曲より「グアラチャ」(A.リード)
♪宝島(和泉宏隆/真島俊夫)

■12月23日(水・祝)
2015年度は「スコーレカフェコンサート」と銘打ったアンサンブルのロビーコンサートが4回あり、8月の2回目が金管セクション、今回の4回目が金管セクションと打楽器でのアンサンブルでお送りしていました。

第2回は演奏曲の半分程度がボクのアレンジ及び改訂によるものでしたが、大半が以前に演奏したストックの中から持って来ただけでしたので、それほど難儀はしませんでした。しかし今回はストックから持ち出したものは殆どなく、ウインズ定演が終わってからの新規アレンジでしたので、まずアレンジから時間との戦いでした。お品書きは以下の通りです。

【トロンボーン3重奏】
♪もろびとこぞりて
♪フニクリ・フニクラ
♪見上げてごらん夜の星を
【ユーフォニアム・テューバ・打楽器5重奏】
♪少年時代
♪365日の紙飛行機
【打楽器5重奏】
♪風になりたい
♪ミッキーマウスマーチ
♪組曲「マ・メール・ロワ」より「妖精の園」
♪情熱大陸
【金管打楽器ラージアンサンブル】
♪ハレルヤ
♪ジングルベル

ボクが手掛けたのはバリチューの2曲とハレルヤでしたが、ハレルヤの編成がはっきりしなかった事もあり、ストックから出してきた少年時代以外はほぼ滑り込みで上梓となりました(汗)

ここで一年の本番回数をおさらいしてみます。

3月1日 日曜日の音楽大学ファイナル
3月7日 たがじょう金管まつりVol.7
3月22日 第9回仙台ユーフォニアム・テューバフェスティバル
5月6日 介護老人福祉施設「十符・風の音」慰問演奏
7月20日 吹奏楽コンクール宮城県大会予選栗原大崎地区大会
8月9日 吹奏楽コンクール宮城県大会
8月23日 スコーレカフェコンサート第2回
9月12日 特別養護老人ホーム泉和荘敬老会演奏
9月13日 少林神社秋季例大祭依頼演奏
10月31日 ブラスジャンボリーみやぎ
11月28日 古川シンフォニックウインズ34回定演
12月23日 スコーレカフェコンサート第4回

計12回でございました。改めてまとめると、大分少なくなったなあと感じます。その割りには結構気忙しかったようにも思います。どうしてかな(笑)

半年を掻い摘んでおさらい
2015-10-11
■3月7日(土)
たがじょう金管まつりVol.7の本番当日です。会場はいつも通り多賀城市民会館小ホール。今回ゆぅちゅうばはかつてなく爆死必至のプログラムで臨みました。見ていた方からは驚異的な速吹きに対する驚きの声がありました(苦笑)

♪第一行進曲「ジャンダルム」(高島 豊)
※1995年吹奏楽コンクール課題曲3
♪エル・カミーノ・レアル(A.リード)

録音を聴くと多数の綻びや縦ずれ、音落ちがありますが、バリチューでエルカミを何とかエルカミっぽく聞かせる目的はそれなりに達成出来たので、まあ良かったんじゃないかと思っております。

■3月22日(日)
第9回仙台ユーフォニアム・テューバフェスティバル当日です。例年は日立システムズホール宮城(青年文化センター)交流ホールで開催されておりましたが、今年は何かの事情があったのでしょう、太白区文化センターの展示ホールでの開催となりました。

たがじょう金管まつりでも演奏した上記課題曲を引っさげ、少しでも良い演奏を…と臨みましたが、詰めの練習の甲斐があって良くなった所とヘグってボロボロになった所があり、いわゆる一長一短だったのかなあと思います。

ゆぅちゅうばとしては3年ぶりの参加と言う事もあり、弘前のVisual4の皆さんを前日にお迎えしてささやかながら宴を開催したり、当日はご一緒に演奏したりと、限られた時間の中ではありましたが交流を深めました。お品書きは以下の通りです。

【ゆぅちゅうば】
♪第一行進曲「ジャンダルム」(高島豊/実ちゃん)
♪エル・カミーノ・レアル(A.リード/実ちゃん)
【Visual4さん&ゆぅちゅうば】
♪YELL(いきものがかり/実ちゃん)

これでゆぅちゅうばの2014年度の活動が終了となりました。メンバー各位、お手伝い頂いた皆さまには本当に感謝に堪えません。

■5月6日(水・祝)
利府吹さんで介護老人福祉施設「十符・風の音」に慰問演奏に行くと言うので、夫婦揃ってお手伝いをさせて頂きました。お品書きは以下の通りです(曲順を忘れましたので順不同になります)。

♪きよしのズンドコ節
♪北の宿から
♪青い山脈
♪北国の春
♪時代劇スペシャル

途中に各パートの楽器紹介がありましたので、テューバのせとさんとデュエットするために「茶摘」を書いて演奏したのですが、珍しくアンサンブルが綻んでしまい、二人で苦笑したのでした。

さて、昨年はコンクールに出場する機会がありませんでしたので、蚊帳の外から覗いてああだこうだと言っているだけでしたが、今年は古川ウインズから手伝いの打診を頂き、夫婦揃ってコンクールに出る事になりました。課題曲と自由曲は以下の通りです。

課題曲:マーチ「プロヴァンスの風」(田坂直樹)
自由曲:蒼氓愛歌〜三つの異なる表現で〜(清水大輔)

課題曲は休みが少なくオーケストレーションに一部問題あり、自由曲は変拍子が多かったり打楽器が過剰に多用されていたり、練習が進んで行くにつれて次第にげんなりします(苦笑)

地区大会も間近になった頃、課題曲と自由曲を通して演奏時間を計ってみた所、何と11分57秒!タイムオーバーによる失格の危機です。個人的には「タイムオーバー失格=コンクールの参加要項を把握せず、時間の管理が出来ない楽団」と思っていますので、安全のため自由曲のカット部分を追加すべきと思っていたのですが、結局カットの追加はせず、全体的にテンポを巻く事になったようです。

テンポを巻くと、時間ばかり気にして演奏に集中出来ないのと、テンポが巻ききれなくてタイムオーバーになったら誰が責任を取るのかと思っていたのですが、結局その辺りはなあなあになっていたので、地区大会が終わってからは相当やけっぱちになり、県大会には出ない事も考えたのですが、エキストラを引き受けた責任を放棄しては行けないと思い、県大会までは粛々と責任を果たす事にしました。

結果、地区大会では金賞代表、県大会では何とか銀賞を頂き、色々と釈然としない事も多くありましたが、今年のコンクールは無事終了となり、ひとまず安堵です。

■8月23日(日)
古川ウインズの活動拠点である岩出山文化会館スコーレハウスで、「スコーレカフェ」と言うイベントが開催されました。ウインズの演奏と手作りのお菓子を楽しむと言う主旨のイベントでして、今回はその2回目です。

ウインズの演奏とは言っても全体合奏ではなく、セクション毎のアンサンブルで繋いでいく感じでして、今回は金管アンサンブルの出演となります。ただ、お盆前までコンクールの練習ばかりしておりましたので、直前に突貫工事で練習する事になり、時間との戦いでしんどい思いをします(苦笑)

演奏曲目については、ボクが以前に書き溜めた譜面を相当流用しまして、最終的には演奏曲の半分がボク編曲もしくは補作となりました。

♪Fanfare for 3Trumpet and 1Flugelhorn
♪ディベルティメント K.439b No.1(4Tp) ←みのる編
♪天地創造より(4Tb)
♪もののけ姫メドレー(4Tb)
♪G線上のアリア(2Tp,Hn,Tb,BTb,StBs)
♪世界に一つだけの花(2Tp,Hn,Tb,BTb,StBs)
♪聖者が街にやってくる(4Tp)
♪浜辺の歌(2Tp,Hn,Tb,BTb,StBs) ←みのる補作
♪いい日旅立ち(3Eu,Tu) ←みのる編
♪美女と野獣(2Tp,2Hn,2Tb,Bar,Eu,Tu,StBs,Perc) ←みのる編
♪アフリカン・シンフォニー
(3Tp,2Hn,Ahn,4Tb,2Eu,Tu,StBs,Perc) ←みのる編
♪あまちゃん オープニングテーマ
(2Tp,2Hn,2Tb,Eu,Tu,StBs,Perc) ←みのる編

■9月12日(土)
この日は元若吹の団員でもあります、ダンディう○えさんの奥さまがお勤めの「特別養護老人ホーム泉和荘」で敬老会イベントがあると言う事で、若吹に演奏依頼がありました。メンバーの都合によりボクと諭吉さんがお手伝いとして参戦しました。お品書きは以下。

♪上を向いて歩こう
♪ふるさと
♪きよしのズンドコ節
♪川の流れのように

ほぼ各パート1人につき少人数の演奏でしたが、まあまあの演奏でして、関係者からも好評だったようです。ただ、当初ダンディと奥さまも一緒に演奏する目論見があったのですが、諸事情により阻まれたのが非常に惜しまれます。家庭内のご都合を付けて参戦頂いた諭吉さん、本当にありがとうございました。

■9月13日(日)
若文で利府吹さんの定演があり、朝から裏方をお手伝いし、夕方から依頼演奏の準備にとりかかります。若林区南小泉にある少林(わかばやし)神社で「少林神社秋季例大祭」と言うお祭りがありました。若吹に演奏依頼があったようですが、場所の都合により少人数で、とのこと。色々思案の結果、バリチューで演奏しましょう、と言う事になりました。以下お品書き。

♪夢をかなえてドラえもん
♪赤とんぼ〜夕焼け小焼け
♪いい日旅立ち
♪少年時代

「いい日旅立ち」以外は今回のために新規で書き下ろしたものになります。何分練習時間があまり確保出来ず、演奏も綱渡りではありましたが、概ね好評だったようで一安心します。お手伝い頂いたゆゆさん、本当に助かりました。ありがとうございました。

さて、今後の予定としては、来月28日に古川ウインズの定演があり、そちらへもお手伝いをさせて頂く事になりました。また、演奏する訳ではありませんが来月7日に弘前のバリチューアンサンブルグループ「Visual4」さんがコンサートでボクの編曲作品を演奏されるとのことですので、出掛けて来ようと思っています。同じ日に多賀城市民音楽祭があり、そちらへのお誘いもあったのですが、時間の都合により残念ながら参戦することが出来なくなりました。関係者の皆さん、本当に申し訳ございません。

今月は本番三昧です
2015-03-07
■3月1日(日)
古川シンフォニックウインズでは、2014年度を通じて「日曜日の音楽大学」と題しまして、岩出山のスコーレハウスでパート毎のアンサンブルコンサートをしてきました。この日は「日曜日の音楽大学ファイナル」と言う事で、定期演奏会並みのボリュームでお送りしました。

【第一部】
♪歌劇「魔笛」序曲(W.A.モーツァルト)
♪弦楽セレナーデより第一楽章(P.I.チャイコフスキー)
 ※木管アンサンブル
♪卒業写真(荒井由実)
 ※金管&打楽器アンサンブル
【岩出山ギター教室による演奏】

【第二部】
♪歌劇「カルメン」より前奏曲、アラゴネーズ、ハバネラ(G.ビゼー)
♪さくらのうた(福田洋介)
♪カンタベリー・コラール(J.V.D.ロースト)
♪フラッシング・ウインズ(J.V.D.ロースト)
♪ふるさと(岡野貞一/真島俊夫)

大きな声では言えませんが、一部の卒業写真はボクのアレンジ版です(笑)

さて、本日7日は多賀城市民会館小ホールで「たがじょう金管まつりVol.7」が開催されます。我らがゆぅちゅうばもご多分に漏れず参加します。演奏曲は「あの」名曲です。気になる方は会場へどうぞ。13時開場、13時半開演です。ちなみに、大ホールではHKT48のコンサートがありますので、間違ってそちらに行かないよう注意が必要です(爆)

22日には仙台ユーフォニアム・テューバフェスティバルが開催されます。ここ最近ゆぅちゅうばは諸々の事情により参加出来なかったり、直前で参加を断念したりと言う事がありましたが、今回はそのリベンジが出来そうです。会場はしばらく青年文化センターでしたが、今回は太白区文化センター展示ホールです。

フェスティバルは10時より、ボクらの演奏は15時半過ぎ位からになりますので、バリチューバアンサンブルに興味のある方、沢山のユーフォ&テューバに囲まれてみたい方はどうぞ(笑)

2015年、今年も宜しくお願いします
2015-01-24
2015年が明けてからもうすぐ1ヶ月が経とうとしておりますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。ボクの年末年始は27日から4日まで9連休となりましたが、いかんせん先立つものに問題がありまして、旅行の類にはさっぱりご縁がありませんでした。それでも飲み会やお泊まりはほどほどにございまして、思ったほど「寝正月」とはなりませんでした(笑)

■12月27日(土)
これまで10数年もの歳月お付き合いを続けた、利府吹のうっちゃんがゆうこりんへプロポーズする主旨の、サプライズパーティ開催当日となりました。誰が参加するのか良く分からず心配しておりましたが、蓋を開けてみると利府吹と咲楽ウインドの関係者をはじめ、関係楽団のキーパーソンが集まり、うっちゃんのプロポーズを見届けました。プロポーズは見事成功し、うっちゃんとゆうこりん親子は家族になるべく、新たな一歩を踏み出したのでした。そして多数の参加者が嬉し泣き(笑)

2次会ではある参加者がボクら夫婦に下品な話を振ってきまして、かみさんがやや立腹し、途中で撤収したのでした。「夜の営み」の頻度をわざわざ訊くなんて、家に土足で上がり込んで来るのと同じですよね、放っておいてくれよプンプン(苦笑)

■12月28日(日)
ゆぅちゅうばの2014年最後の練習となりました。ユーフォパートは全員が参加出来ましたので、ここ最近の練習より何となく賑やかな感じがしました。折角なのでみんなの楽器を並べて撮影会となりました(笑)

■12月30日(火)
2014年年末ゆうこりんまつりが利府吹のうっちゃん&ゆうこりん宅で開催される事になりました。当初は3人のゆうこりんwith旦那でちんまり開催する予定だったのですが、蓋を開けてみると大人数での宴会になりました。寝泊まりするにも布団が足りなくなる事が想定されましたので、ウチから布団を5組持ち込み、めでたく宿泊者の人数分賄う事が出来ました。

今回のゆうこりんまつりは鍋2品をメインとしまして、他は参加者が作ったおつまみを持ち込む事にしました。かみさんはチヂミを、ボクはみのる流ジャーマンポテトを作って持ち込みました。参加者一同からはボクの女子力がハンパないと有り難い評価を頂きまして、ホクホクです(笑)

■12月31日(水)
2014年年末ゆうこりんまつりは就寝を挟み、朝10時頃にお開きとなりました。夕方にはかみさんの実家に伺います。2015年の年明けはこちらでお泊まりしつつ、迎えることになります。

■1月1日(木)
かみさんの実家をお昼位に出まして、ボクの実家に向かいます。お泊まりはなく、ご挨拶と食事だけを頂いて帰宅します。以降の休みについては、多少のお買い物と各種駅伝、頂いた年賀状へのリプライ以外には特段何もせずに終わったのでした(苦笑)

今年もお世話になりました
2014-12-27
2014年は色々な事がありましたが、まずは春先に楽団を軒並み退団した事により激減したはずの本番をおさらいします。

■ 1月25日 老人福祉施設での慰問演奏(若林区)
■ 2月15日 太白小学校吹奏楽部卒業コンサート
■ 2月16日 若林区中央市民センター学習発表フェスタ
■ 2月22日 たがじょう金管まつりVol.6
■ 3月15日 第4回62万石吹奏楽祭
■ 3月23日 ミュージックあ・ら・かると
■ 4月12日 東六小の桜と音楽を愛でる会
■ 4月20日 咲楽ウインドオーケストラ スプリングコンサート2014
■ 8月24日 老人福祉施設での慰問演奏(七ヶ浜町)
■ 9月 7日 三井アウトレットパーク仙台港で演奏
■10月 5日 多賀城吹奏楽団第30回定期演奏会
■11月24日 古川シンフォニックウインズ第33回定期演奏会
【1ステ】
♪ローリングサンダー
♪歌劇「魔笛」序曲 KV620
♪シンフォニア・ノビリッシマ
♪沼の女(テノールと吹奏楽のための)(初演)
♪フニクリフニクラ
【2ステ】
♪ようかい体操第一
♪カルメン前奏曲
♪ミッキーマウスマーチ
♪ゴジラ
♪宝島
♪アンパンマンのマーチ

■12月 7日 Wakabun Music Gallery(金管5重奏)
♪愛を感じて
♪星に願いを
♪ウエストサイドストーリーより「マリア」
♪ウエストサイドストーリーより「トゥナイト」
♪川の流れのように

■12月14日 老人福祉施設での慰問演奏(金管5重奏)
♪星に願いを
♪きよしこのよる
♪ジングルベル
♪愛を感じて
♪川の流れのように

■12月20日 町内会クリスマス会にて演奏(若林区大和町)
♪愛を感じて
♪星に願いを
♪きよしこのよる
♪ジングルベル
♪川の流れのように

■12月23日 第36回東北吹奏楽の日演奏会
♪アニメ・メドレー 〜翔べ!ガンダム〜
♪「アナと雪の女王」シンフォニック・ハイライト

今年の本番は16回でした。昨年(24回)より激減したと思っていたのですが、意外にそうでもないんですね。ゆぅちゅうばを除き根無し草になったボクにお声掛け頂き、演奏の機会を下さった皆さま、本当にありがとうございました。

その他の事を振り返りますと、一番大きな出来事はお引っ越しだったように思います。夏までの丁度10年間は賃貸アパート暮らしでしたが、かみさんや親族の皆さんのご厚意により、棚ぼた的に一軒家での暮らしを手に入れることが出来ました。また、先日の誕生日で42歳になったのですが、「42」と言う数字で「しに」と言うのを連想してしまいます。後ろ向きなんでしょうか、自分(爆)

今年一年お世話になった皆さま、本当にありがとうございました。散々迷惑を掛けてくれた極少数の人に関しては、表の世界から消えてくれる事を心から願っています。来年も細々と生きて行ければと思いますので、どうぞ宜しくお願いします。

Visual4さん演奏会、若吹13回定演
2014-11-04
■10月25日(土)
弘前の名門バリチューバ団体であるVisual4さんが演奏会でボクの狂った編曲作品(爆)を初演して下さるとの事でしたので、一念発起して出掛けることにしました。しかしながらJRで行くには結構交通費が嵩みますので、高速バスを使う事にします。往復で8800円なり。

仙台出発は9時半です。その前に差し入れを購入すべく、かみさんと協議した所、支倉焼が良いだろうと言う結論になったのですが、探せど探せど売場が見つかりません。そうこうしているうちにバスの発車時間が迫ってきましたので、購入を断念しバスに乗り込みます(結局、売場が仙台駅の外れにあったため見付けられなかった事を後日知ったのです)。

弘前に到着したのは予定より幾分遅れ、14時位でした。到着した弘前のバスターミナルから市内循環バスが出ていますので、そのまま弘前文化会館へ向かいます。会場に到着するも、初めて入る所ですので、さっぱり勝手が分かりません。とりあえず館内案内図で何となく館内を把握し、いかにも関係者風に裏の通路からホールに侵入します(爆)

ホールでは2ステのバリチュー合奏ステージのリハーサルをしている所でした。それが終了すると、ボクの編曲作品のリハーサルです。ユーフォ・テューバは各パート2人、パーカス3人の11人でお送りします。パーカスを除きゆぅちゅうばと同じ位の編成です。ユーフォのトップにハイトーンが多いため、かなり苦心されている様子ですが、それでも初演に相応しい完成度です。

その後、リハーサルの合間をみて今晩の宿にチェックインします。それ程綿密にリサーチしていた訳ではなかったのですが、想定よりも会場から宿が近いため、チェックイン後さっさと会場に戻ります。すると、ぴったりのタイミングで記念撮影が始まります。ボク本人は全く入るつもりはなかったのですが、リーダーに促されるままに何故かセンターへ(苦笑)

本番はリハーサルまでにスタミナの消耗があったのではないかと思われる場面もありましたが、ボクの編曲作品も含めて密度の高いサウンドを堪能することが出来ました。終了後開催された打ち上げでは、ボクの編曲作品はバランスが取りやすく、吹いていて気持ちが良いので、これからも使わせて欲しい旨メンバーの方からお褒めを頂いて良い気分になり、宿に戻ったのでした。

■10月26日(日)
宿に戻ると日付が変わっていましたので、早々に寝ようと思ったのですが、中途半端な姿勢で寝てしまったり、館内にあるマッサージチェアでも寝てしまったりしたため、すっかり朝寝坊し、朝食を食べ損ねてしまいます。結局、お腹ペコペコのままチェックアウトし、弘前バスターミナルで朝食を摂り、仙台へ戻ったのでした。

■11月2日(日)
若吹の13回定演当日です。ボクは既に若吹を退団しておりますので直接は関係有りませんが、かみさんが団長ですので、何か問題があると話を聞くことがあります。定演の練習が本格的になる辺りから、一部関係者が演奏会を半ば私物化したり、準備の手抜きや不手際があったりと問題が頻発します。かみさんは昨年に続きその尻ぬぐいに追われ、ボクもその手助けをせざるを得なくなります。

定演の前当日は会場の若文への機材運搬、必要なものの買い出し、お手伝い頂く方の送迎などをしておりました。正直、関係者の不手際をフォローする必要などないのですが、家族としてはかみさんが一人で尻ぬぐいをしているのを見過ごす訳には行かないと思ってやっておりました。致命的なトラブルがなく1日が過ぎたとのことで、一安心です。

ただ、演奏会を私物化した関係者は昨年も同じような事をしており、かみさんとしてはこのまま団長を続けるのは限界である様子ですので、この関係者に同じような事をさせないよう、抜本的な対策が必要です。この辺りの決着が付いて初めて、かみさんも一段落になるかと思います。

■11月3日(月)
若吹の定演も終わり、この日は夫婦共々予定がありませんが、ウチにいると若吹の事で鬱々としてしまいますので、とりあえず出掛けようかと言う事になりました。

これから古川ウインズの練習に行くことになりますから、とりあえず県北よりは県南に行こう、県南なら今まであまり行った事のない国道6号線側に行きましょう、と話がまとまった所で、昼下がりに出発です。

あまり時間がありませんので、17時になるまで南下して、頃合いの良い所で北上し、はらこ飯を食べて帰る事にします。国道6号線と言えば常磐線が並行しますが、震災の影響により宮城県側は浜吉田までの運行で、以南はバス代行になっています。山下駅、坂元駅、新地駅は津波により駅舎が流失し、駒ヶ嶺駅は駅舎は残っていて休止中になっています。その先の相馬駅〜原ノ町駅間が運行再開しているのは初めて知りました。

結局足を伸ばしたのは相馬駅まででして、それからは北上して帰路につきます。亘理まで戻った所で、「田園」と言うレストランに入り、はらこ飯を頂くことにしました。メニューに焼き魚もありましたので、さんまの塩焼きとかんぱちのかま焼きを頂きました。二人でガツガツ頂いて大満足しましたので、また食べたいなと思っています。仲の良いお友達も誘って(笑)。

夏休みから10月3連休まで
2014-10-13
今年の夏休みは9日から17日の9連休になるはずだったのですが、生憎14日が出勤となりましたので、9連休は残念ながら5連休と3連休に分割されてしまいました(苦笑)

前半の5連休についてはかみさんが9日と10日に吹奏楽コンクールの宮城県大会、11日から13日は出勤でしたので、びた一文休みが被らず、なすすべなく家で過ごしておりました。後半は何かしたいと思案しまして、普段夫婦で旅行に行く機会がないらしいあっきー夫妻をお誘いし、猪苗代&会津方面の旅行を画策したのであります。

■8月15日(金)
この日が旅行初日となりますが、かみさんが実家で所用だったため、仙台を出発したのは昼下がり頃でした。レンタカーを借用し、あっきー夫妻をお迎えし、かみさんの実家でかみさんを拾い、一路福島へ向かいます。最初の目的地は福島市南西部にある「四季の里」と言う公園です。何だ公園かよと侮っては行けませんで、ここにはアサヒビール園があるんです。

豚しゃぶしゃぶとジンギスカンの食べ放題と、ビールかソフトドリンクの飲み放題を楽しみます。豚しゃぶしゃぶには予め醤油ラーメン風のスープが仕込んでありますので、結構イケます(笑)しかし、その後のジンギスカンをあまり食べられないうちにお腹一杯になり、一路今晩の宿へ向かいます。

今晩の宿は猪苗代駅から車で10分程度の温泉付きペンションです。幸い宿泊者で混雑と言う事もありませんでしたので、貸し切り温泉で夫婦水入らずの時間を過ごす事が出来ました。その後一杯引っ掛けまして、翌日に備えて就寝します。

■8月16日(土)
最初の目的地は下郷町の「大内宿」です。昼頃にのんびり行くと途中で渋滞に巻き込まれる懸念がありますので、9時に出発し現地へ向かいます。その甲斐ありまして、10時半には現地に到着し探索を開始します。徐々に雨が降って来ましたので、近くのお店に入り、岩魚の塩焼きを頂く事にします。いつ食べてもクセのない美味しさで、四名とも頭から尻尾まで残さず食べきります。

さーて次は…と思った所で雨の降り方が一気に激しくなりましたので、昼食の手打ち蕎麦を頂いてのんびりする事にします。しばらくすると小康状態になりましたので、少しお土産を購入して今晩の宿へ向かいます。目的地は会津芦ノ牧温泉です。13時半位に到着しましたので、荷物を預け、少し休憩をしてから会津鉄道に乗って若松市内に向かいます。

ここからは短めの時間ですが、夫婦毎に若松市内観光とします。しかし雨が降り続くためにあまり出歩けず、お互いややぐったりした状態で待ち合わせ場所で合流し、宿に戻ってチェックインします。夕食は割合高級感漂うバイキングです。大好きな会津の郷土料理である「こづゆ」もラインナップされており、じゃんじゃんおかわりをします。他にも食欲をそそる料理が多数ありますが、いかんせん20代の頃のようには食べられず、優先順位の高い料理以外は断念します。

食後には餅つきのイベントなどがありましたが、部屋にもどってパタンQし、そのまま果ててしまいました(苦笑)

■8月17日(日)
楽しかった旅行もこの日で最終日です。朝食は前日の夕食よりは大分軽い感じですがバイキングです。そこそこ満腹になるまで頂き、お世話になった宿を出発します。出発の際にお見送りしてもらえるのが高級旅館の良い所です(笑)

この日はお土産を購入出来る所に立ち寄りつつ、17時までにレンタカーを返却してお家に帰る予定です。まずは鶴ヶ城のお膝元である鶴ヶ城会館でお土産を購入しつつ、小池菓子舗のあわまんじゅうを買い食いします。お土産として持ち帰りもしますが、出来たてが一番美味しいので、あっきー夫妻にも勧めて食べてもらいます。

お次は猪苗代の「世界のガラス館」に寄ります。ここ、「世界の○○○館」と言うのが目白押しで、いかにも観光客向けの胡散臭いネーミングですが、なかなか見所も多く楽しめます。この日は500円ガラポンくじがありまして、やってみた所5等中3等が当たりまして、500円では明らかに買えないと思われる白鳥の置物をもらってきました。

一路仙台を目指して福島まで戻って来た辺りで、問題が発生します。東北道下りの村田JCTで事故車による渋滞が発生し、それが国道4号線にも飛び火しているようなのです。なかなか車が進まず、レンタカーの返却時間が迫ります。しかし!ドライバーあっきーのスーパードライビングテクニックにより何とか滑り込みセーフ認定!(厳密には数分遅れだったんですが、セーフにしてもらえました)無事に今回の旅行を締め括ることが出来ました。

■8月23日(土)
トロンボーンプレーヤーかつマウスピース制作者のWillie中込さんのブランド「willie's Custom Brass」が「トロンボーン奏者がトランペットを吹くためのマウスピース」として、「Bacchus」と言うモデルを発表されているとの情報を得てしまい、物欲が無性に上がり、サンリツさんを通じて購入してしまいました。2ヶ月近くの納期を経て、この日ボクの手元に届きました。

これをアルトホルンに装着して吹いてみます。アルトホルン用のマウスピースはトランペット用のマウスピースよりカップが大きめになっているに過ぎませんので、ボクにはあまりに小さすぎるのですが、Bacchusはトロンボーン用のマウスピースのカップをやや小さめにしたものですので、割合違和感なく吹く事が出来ます。

とは言え、そもそもアルトホルン用のマウスピースではありませんし、人間がアルトホルンに慣れておりませんので、ハイB♭より高い音を出すのがしんどいのと、ピッチのバラツキが大きいのはしょうがない所だと思っています。

■8月24日(日)
午前中のゆぅちゅうばの練習を終え次第、七ヶ浜へ向かいます。多吹さんで慰問演奏があり、そのお手伝いをするためです。特段長丁場の本番ではありませんが、ユーフォがボク一人なのと、ユーフォの休みが少ない曲が多く、やや不安を覚えます。お品書きは以下の通り。

♪青い山脈
♪斎太郎節の主題による幻想曲(2014年コンクール課題曲3)
♪青葉城恋唄
♪時代劇メドレー
♪ジャパニーズ・グラフィティ16 坂本冬美メドレー
♪川の流れのように

斎太郎節そのものはお年寄りにも馴染みの筈ですが、民謡とは雰囲気が大きく異なるせいか、お年寄りには相当伝わりにくかったようです。ボクはと言いますと、本番を終えると予想通りに口がフガフガになりました。帰り際は大雨が降り出し、道路状況に怯えながら帰宅し、早めに就寝します。

■9月7日(日)
多吹さんの定演宣伝を兼ねて、三井アウトレットパーク仙台港での演奏があります。諸事情ありまして、先方より大音量での演奏は控えて欲しいとの要請があったようでして、「ぶっ放し禁止」を旨として演奏します。この日はバリチューが定演本番と同じく2人ずつ揃いましたので、負荷的には安心します。お品書きは以下の通り。

♪セレモニアル・マーチ(坂井貴祐)
♪レット・イット・ゴー
♪サックスアンサンブルによる「情熱大陸」
♪ジャパニーズ・グラフィティ16 坂本冬美メドレー
♪青葉城恋唄

坂本冬美メドレーについては、ラストの追い込みでぶっ放し解禁となりましたが、音量面での問題は発生せず、先方からもまたお願いしますと言われたとのことで、ボクも何となく安心して帰途につきます。夜にプチ打ち上げがあったのですが、帰宅後の昼寝が過ぎたようで、30分以上遅刻しての参加となりました。少ない参加人数でしたが、まあまあ楽しい時間を過ごせました。

■9月15日(月・祝)
昨年11月に結婚したNっしー&あんぱんちゃん夫妻に第一子が誕生したのは、お盆休みでボクらが猪苗代・会津旅行に出掛けている時でした。それから約1ヶ月経った所で、出産のお祝いを兼ねて二人の新居を訪ねる事にしました。二人とも色々試行錯誤で気の休まる事も少ないようですが、Nっしーが積極的に色々手伝ってくれるので助かっているとはあんぱんちゃんの弁。良い夫婦です。

二人には音楽活動を再開して欲しい思いもありますが、ここで夫婦の足並みが乱れると軋轢の原因になりますから、気長にその時を待ちつつ見守りたいと思います。

――

この頃から風邪を引いて咳き込み出し、数年来具合の良くない喉を痛める事となってしまいます。それに加えて仕事も残業の時間が長くなり、一気に体調が急降下します。多吹さんの定演に向けての追い込みの時期にもかかわらず、練習を休んで寝込むことが多くなりました。そのため、多吹さんの定演出演を辞退しようかとさえ考えましたが、それでは多大な迷惑を掛けてしまうと思い直し、練習はギリギリまで休み、本番は何とか持ち堪えるようにしようと決めました。

■10月5日(日)
前日、かみさんが家の鍵を持たずに若吹の練習に出まして、ボクも多吹さんの前日練習に出るために出掛けたのですが、やはり調子が良くないと感じられましたので、家に帰って休む事にしました。そして家に帰り着いたその時、普段と同じように玄関を施錠して就寝したのですが、それが大きな過ちでした。

家に入れないかみさんがネカフェにいる事に気付いたのは眠りから一旦目覚めた朝4時前の事でした。何てことをしてしまったと思い、慌ててかみさんを迎えに行きます。家に帰り着いて眠りについたのは6時前でしたので、それから爆睡してしまい、目が覚めると多吹さんの集合時間でした。

多文に到着して程なく午前中のリハーサルが始まります。あまり吹かないようにして過ごします。いわゆる本番一発に賭けるってやつです。一番心配なのはチャイコの「くるみ割り人形」です。そもそも吹奏楽で演奏するには幾分無理があると思っていると言うのもありますが、「花のワルツ」のアレンジがユーフォ殺しのキツいやつだからなんです。お品書きは以下の通りです。

【1ステ】
♪セレモニアル・マーチ(坂井貴祐)
♪斎太郎節の主題による幻想曲(合田佳代子)
♪組曲「くるみ割り人形」より(P.I.チャイコフスキー)
1.小序曲(山本教生編曲)
2.行進曲(山本教生編曲)
7.花のワルツ(H.R.ケント編曲)

【2ステ】
♪ベイ・ブリーズ(真島俊夫)
♪多賀城吹奏楽団第30回定期演奏会記念メドレー
1.吹奏楽合奏〜国民の象徴(E.E.バグレー/F.フェネル)
2.金管5重奏〜宇宙戦艦ヤマト
3.クラリネットアンサンブル〜「魔女の宅急便」より「海の見える丘」
4.木管アンサンブル〜アマポーラ
5.ビッグバンド〜インザムード
6.サクソフォンアンサンブル〜情熱大陸
7.吹奏楽合奏〜花は咲く
♪ジャパニーズ・グラフィティ16 坂本冬美メドレー

【アンコール】
♪レット・イット・ゴー
♪青葉城恋唄

何とか本番を乗り切り一安心です。体調に問題があることから、打ち上げ参加は断念し、最近行きつけのお医者さんに寄って帰宅したのでした。正直エキストラとしてきちんとした貢献が出来たとは思っていませんが、それでも寛大に接して頂いた関係者の皆さん、本当にお世話になりました。

■10月12日(日)
利府吹さんの16回定演の本番当日です。昨年までの数年間、定演にはプレーヤーとしてお手伝いしておりましたが、今回は初めての裏方です。しかも初体験のステージマネージャー。今まで演奏会は色々やってきましたが、専らプレーヤーでしたから、しくじったりしないか結構心配です。

幸いステージの転換や演出系がないので、ステマネ初体験にはうってつけかも知れません。とは言え、開演の10分位前から終演まで、ステージ下手袖に詰めていますので、なかなか疲れます。そして、一つ適当な事をしてしまうと、その分自分にしっぺ返しが来たりしますので、ちょっと厳しめにしないと行けないみたいです。

ま、これでステマネに必要な事が何となく分かったような気がしましたので、それなりに良い勉強にはなったかな(笑)

おひさしぶりです
2014-08-05
ボクが音楽活動の大部分から身を引いて、3ヶ月位になりました。今はゆぅちゅうばのプロデューサーとしての活動と、多吹さんの定演のお手伝い程度で、以前に比べると活動の幅を大分絞っております。

若吹にしても管楽にしても、HPの管理が行き届いていないのが見て取れますが、HPが管理されようとされまいと、特段反応がないようですので、所詮そんなものなんだろうと思います。

ボクが若吹を退団する動機の一つになったYMS氏についてですが、めでたくエレキベースからはクビになったようですが、相変わらずトランペットパートに居座り、周囲に散々迷惑をかけているようです。

若吹のみなさん、ボクは出来る範囲で協力したいと思っていますが、彼が若吹に存在しないことが絶対条件です。お願いです。彼を辞めさせて下さい。辞めさせてくれるなら、復帰だって考えます。宜しくお願いします。もしくはYMSさん、いい加減若吹から離れて下さい。あなたは若吹の恥です。ゴミです。百害あって一利なしとはあなたのことです。

最近の動向ですが、先月の下旬に今まで住んでいた宮城野区の鶴ヶ谷東から、かみさんの生まれ育った若林区沖野へ引っ越してきました。何分共働きの生活ですので、少しずつ生活環境を整えています。もう少し落ち着いたらお友達も呼べるかな、そう思っています。

音楽活動無期限停止
2014-05-10
と言う訳で、先の連休に色々考えた結果、音楽活動を期限を定めずに休む事にしました。何ヶ月休めば自分の中で音楽を続けるか、辞めるかの結論が出せる訳ではないですし、直ちに辞める選択をするのも性急だなと感じたからです。

楽団の活動については、期限を定めずに休んだ挙げ句に復帰するかしないか分からないと言うのも中途半端ですので、若吹にしても、管楽にしても、ゆぅちゅうばにしても退団なり退会する事にしました。

それと並行して、どのようにすれば復帰可能かも考えました。活動停止する動機の一つは、顎関節にかかる負荷によりアンブシュアが不安定になり、一人でユーフォパートを守る事が困難になったためです。この点については、規模の小さな本番であっても、ユーフォパートは基本的に2人以上の体制にする事でカバー可能だろうと考えました。

二つ目は、活動団体でHPの管理をしていたり、各種問い合わせの対応をしていたり、楽団の評判に比較的大きな影響を与える重要なポジションを担っておりましたが、これらの対応により、音楽活動そのもの以外にも余暇が減少する状況だった事があります。これらの業務を他のメンバーに委譲する事が重要ですが、HP管理については技術的要素もあるため、思い切った調整が必要そうです。

三つ目は前の日記にも書いたのですが、若吹に約1名のさばっているのがおりまして、音楽に全く真摯さがなく、何度注意をされてもヘラヘラしており、全く改善の兆しも見られない事から、他のメンバーの活動にも悪影響を与えています。楽団で活動するのは個々人の自由ですが、他者の自由を脅かす好き勝手は自由と異なり、許されるものではありません。

そこで、自分の音楽活動停止と引き換えに世論に訴えかけると言うアクションに出たわけですが…ま、そんな早々に結論が出るわけもなく、現在様子眺め中です。ある意味三つ目が「楽団から約1名にお引き取り頂く」訳ですので、一番の障壁なのかも知れません(苦笑)

さて今回、「音楽活動無期限停止」を表明した事で、「自分が何か失礼な事をしたのでは」「頼り切りだったのではないか」など、色々とお気遣いを頂いております。そもそもお気遣い下さる方で失礼な人と思った事はありませんし、むしろきちんとした方であると認識しております。

しかしながら、「頼り切り」は多いなあと感じましたねえ。「あの人がやってるから自分がやらなくてもイイや」「自分には難しくて出来ないから、出来るあの人にお任せするのが一番」「あの人が一番詳しいから自分は口出ししないでおこう」の類ですね。このような事を考える人が組織の中で多数を占めるようになると、特定少数の「出来ると呼ばれる」人に負荷が集中し、結果として組織の不安定を招くわけです。

後半は何やら組織論めいた感じになりましたが、組織を構成している一人一人の働きが重要であり、組織を維持発展させるために犠牲になる人を減らすんじゃないかね、と言う当たり前の話で締めるのでした(苦笑)

プレーヤー活動の終わりを想う
2014-04-21
■3月15日(土)
第4回62万石吹奏楽祭がありました。まずは、「ウチらの合同」で演奏です。利府吹さん、多吹さん、古川ウインズさん、仙台グリーンさん、若吹の合同でぶっ放します(笑)

♪組曲「宇宙戦艦ヤマト」(宮川 泰/宮川彬良)
♪ルパン三世のテーマ(大野 雄二/星出 尚志)

ヤマトではソロを吹きましたが、口がフガフガになっており、あまりの吹けなさにガッカリしてステージをおります。しかし直後には全出演団体からのピックアップメンバー(選抜メンバーではないんですよ)による合同ステージがあり、ボクも参加します。お品書きは以下の通りです。

♪春の猟犬
♪アーデンとロザリンド
♪アルメニアンダンスパート1
[アンコール]
♪主よ、人の望みの喜びよ
♪第1組曲よりギャロップ

ま、ここまで書けばお分かりの方もいらっしゃるでしょう。いわゆる「オールリードプログラム」ってやつです。ゲスト指揮者として、大曲吹奏楽団で音楽監督としてご活躍の小塚類さんが登場と言う事で、オールリードプログラムになったようです。

全ての曲が過去に一度以上演奏した事がありましたので、譜読みで苦労する事は幸いありませんでした。ただ、アルメはちょっと毛色を変えるためにこねくり回した感がありましたけど(苦笑)

本番が終わり、かなり時間が押したためにバタバタと会場を出て、夜の打ち上げは普段関わる事の少ない団体の方と話す良い機会になりました。終わった後はヤマト合同の打ち上げ2次会に参戦したのでした。

翌日は仙台ユーフォニアム・テューバフェスティバルで演奏する予定だったのですが、諸般の事情により直前で出演出来なくなりました。金まの時よりも良い演奏が出来るよう、いくばくかの準備を進めていただけに非常に残念でした。

■3月23日(日)
「ミュージックあ・ら・かると」の本番当日です。今回、若吹からはフルートパートとサックス&金管混成の2チームで参加しました。フルートパートは伊藤康英氏の「フルーツ・パフェ」を演奏する事から、チーム名も「フルーツ・パフェ」。ボクらのチームは演奏曲に若干かこつけて「ソースカツ丼」(笑)

演奏曲はN●Kの朝ドラと大河ドラマのテーマ音楽から選び、今回の編成に合わせて書きました。だって、ソプラノサックス、テナーサックス、トランペット、ホルン2、ボントロ2、ユーフォ、パーカスの偏った編成ですもの、既存の譜面なぞ使えませんから。お品書きは以下の通り。

♪風笛〜あすかのテーマ〜(大島ミチル)
♪八重の桜 メインテーマ(坂本龍一)
♪あまちゃん オープニングテーマ(大友良英)

あまり練習出来なかった割にはまあまあの演奏だったと思っていましたが、後日録画頂いたものを見てみた所、曲によってはもう少し考えてやれば良かったなあと思ったのでした。

■4月12日(土)
咲楽ウインドさんのお手伝いと言う事で、「東六小の桜と音楽を愛でる会」と言うイベントで演奏してきました。確か前回このイベントで演奏した時には、痛風で歩くと痛い&下痢で腹も痛いと言う最悪の状況だったように思いますが、今回は体調面の問題はなかったようで一安心です。お品書きは以下。

♪行進曲「マリーン・シティ」(野村正憲)
♪ディズニーズ・マジック・キングダム
♪ブラジル
♪さくら(森山直太朗)

■4月20日(日)
咲楽ウインドさんのスプリングコンサート本番です。他のパートは概ね標準編成なのですが、ユーフォはボク一人と言う事もあり、演奏曲は少ないものの大分負荷の高いステージとなりました。お品書きは以下。

【一部】
♪行進曲「マリーン・シティ」(野村正憲)
♪ディズニーズ・マジック・キングダム
♪吹奏楽のための第一組曲(G.ホルスト)

【二部】
♪ラデツキー行進曲(J.シュトラウス)
♪アニメ・メドレー 〜久石譲作品集(森田一浩編曲)
♪ブラジル
【アンコール】
♪さくら(森山直太朗)

----

ここ数ヶ月、プレーヤーとしての活動に終止符を打とうとかと考えています。まず一つ目。若吹にのさばり、お付き合いのある楽団さんのメンバーからも評判の良くない某氏と音楽をしたくないのです。これは某氏が消えてくれれば良いだけの話ですが。二つ目は、演奏活動にしても、それ以外の活動も、自分のためと言うよりは周りのため、楽団のために義務的にやっていると言う想いが拭えなくなったのです。

三つ目が一番なのですが、楽器を吹く事そのものを苦痛に感じるようになりました。数年前から休みなく吹き続けると顎関節が痛み出す事がしばしばだったり、その他にもあらゆるコントロールが効かなかったりと、自分が納得出来るレベルの演奏が殆ど出来ない状態が続いています。

今まで続けてきた吹奏楽中心の日々は、多くの仲間や友人、そして伴侶までもボクに与えてくれました。ここでプレーヤーとしての活動に終止符を打つ事で、大部分の友人とは疎遠になるだろうと言う不安もありますし、自分が手掛けている様々な役割をどのように委譲していくかと言う問題もあり、大きく揺れ動いています。

何のために
2014-02-28
2014年が明けて最初の日記です。全然日記じゃないですがね(苦笑)

年が明けてから、メンバーのラブコールに少々心が動いたので、管楽の練習に行きました。どうやら今年のふれコンでやる曲が決まったらしく、小合同のメインがチャイコの「白鳥の湖」なんだそうです。しかしながら練習していた譜面だと、エンディングが大分寂しいと言う声も聞かれます。

じゃあ良さそうな販売譜があったら購入します、と言う事で了解を得ましたので、あれこれと調べたり問い合わせたりして良さ気な譜面を購入して管楽の練習に持って行き、合わせてみたのですが、何だこのアレンジはだの、調が面倒だの、白鳥の湖のイメージと違うだの、挙げ句には返品かだのとダメ出しの嵐に見舞われます。

そんな事もあり、今年の松陵ふれコンには出ないかな、と思っています。

■1月25日(土)
若吹の今年最初の本番です。蓋を開けてみると、当日演奏するメンバーではなんとホルンが一人しかいないと言うので、お手伝いをする事にしました。バリトンで(笑)

♪「あまちゃん」オープニングテーマ
♪ロマネスク(J.スウェアリンジェン)
♪日本民謡メドレー(1)
♪花は咲く
♪きよしのズンドコ節
♪川の流れのように

今回の練習と本番では、真後ろにアンサンブル能力ゼロの某氏がおり、演奏を相当壊してくれましたので、相当ストレスの原因になりました(爆)

■2月9日(日)
利府吹さん&多吹さんのお手伝いで、多賀城地区吹奏楽祭に参加する予定でしたが、35年ぶりの大雪でイベントそのものが中止となり、結果的にお休みとなりました。これからしばらく、大雪による交通ストレスが続く事になります。

■2月15日(土)
昨年の若吹定演で共演した太白小学校吹奏楽部で「卒業コンサート」が開催されました。しかしまたもや大雪に見舞われ、移動するたびに大変な状態になりました。卒業した6年生は2人でしたが、部長を務めていた女の子はスピーチで声を詰まらせて泣いていました。色々な事が思い出され、万感胸を打つものがあったのでしょう。

【1ステ】
♪マジェスティア(J.スウェアリンジェン)
♪バンドのための民話(J.A.カウディル)
♪ありがとう

【2ステ】
子供達がアンサンブルコンテストで演奏した曲

【3ステ】
♪あまちゃんのテーマ
♪バロックホーダウン
♪花は咲く
[6年生による演奏]♪春の歌、秋の歌
♪仙台市立太白小学校校歌
♪コパカバーナ

■2月16日(日)
若吹は若林区中央市民センター学習発表フェスタのステージ発表の大トリを仰せつかっており、その本番当日です。しかしながら大雪の影響で殆ど練習が出来ず、この日の午前中を使って練習をしていました。ボクはかみさん達とフェスタの裏方をやっており、殆ど楽器を吹かないまま本番を迎えます(苦笑)

♪日本民謡メドレー(1)
♪「あまちゃん」オープニングテーマ

夜はそのまま若文のホールを借り、62万石吹奏楽祭の初回合同練習です。最大で90人位のメンバーが来る可能性がありますので、それなりに工夫しないと若文のステージに収まりません。夕方の時間を使い、配置のシミュレートを実施します。結果、約30分位試行錯誤して何とか出来ました。

■2月22日(土)
たがじょう金管まつりVol.6の本番当日です。前回のVol.5は2010年11月開催でしたが、その後に震災が発生しましたから、今回は「東日本大震災による中断、ついに再開!大復活!!」として開催にこぎ着けました。

前回までは都度実行委員会が組織されていましたが、今回からはホスト団体としてIBS(アイリス・ブラス・ゾリステン)、みやぎトロンボーン三昧とゆぅちゅうばが共催団体となり、知恵と力を結集して準備を進めてきたと言う訳です。ゆぅちゅうばは例年通り「課題曲と自由曲」路線をそのまま堅持し、以下のお品書きをユーフォニアム・テューバアンサンブルでお送りしました。

♪復興のための序曲「夢の明日へ」(岩井直薄)
♪アベンチューラ(J.スウェアリンジェン)

また、最後の合同演奏では先に亡くなった作曲家の岩河三郎氏を追悼したいと言う想いと、金管まつり復活の烽火を上げるのに相応しいんじゃないかと言う想いから、「サンライズマーチ」を金管アンサンブル向けに編曲し、演奏しました。結果、何だかすさまじい勢いが感じられる演奏になりました(笑)

この所、土日に音楽活動に明け暮れて疲労困憊した状態で平日の仕事に突入する事も多く、平日の仕事が終わってから帰宅してからは楽団のホームページの手入れをしたり、楽団関連の編曲をしたり、問い合わせ対応をしたり…自分のために音楽活動しているのか、周りのために義務的にやっているのか分からんのです(爆)

Powered by XOOPS Cube Legacy 2.1.8  Theme Design by OCEAN-NET
copyright (c) 2003 All rights reserved.