XOOPS Cube Legacy 2.1.8 NEWS   DOWNLOAD    
ACCOUNT PRIVATE MESSAGE  
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失


メインメニュー


2018 年 10 月
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    


Search
::: 最新の15件を日付順に表示しています :::
みのるの夏休み2018
2018-08-19
■8月5日(日)
かみさんが参加する吹奏楽コンクール県大会当日です。ボクは終日セバスチャン(送り迎え)に専念いたします(笑)

職場一般の部門は一通り聴いた上で、大体この辺りの結果かな、と予想したのと実際の結果は大きく異なることもなく、かみさんの団体も概ね予想通りの結果となり、今年のコンクールを終了いたしました。

ちなみに、この前後にかみさんも所属していた某楽団を退団しました。まあ色々あったのですが、ここで色々書くとガセネタに基づいた誹謗中傷を寄せてくる人が(誰とは言いませんが)出てくるかも知れないので、まあ機会をみて(苦笑)

■8月11日(土・祝)
ほぼ年中行事となっておりますが、七ヶ浜国際村で毎年この日に開催されているコンサートを見に行ってきました。かみさんの打楽器のお師匠さんが演奏者の指導や、プレイヤーとして実際に演奏したりと言うのがあり、ここ毎年ご招待を頂いているんです。

■8月12日(日)
先月の3連休に腰掛庵のかき氷を食べるべく山形に行ったものの、整理券が出払っていて食べられなかったため、この日はそのリベンジを期して出掛けました。しかしお盆期間中のかき氷販売はお休みなんですって。2度目のチャレンジも失敗です(苦笑)近くのコメダ珈琲で小腹を埋めて移動します。

翌日から栃木ツアーに出掛ける事にしておりましたので、ぐっど山形(山形県観光物産会館)に寄って手土産を購入し、米沢まで南下します。前の3連休で置賜文化ホールに行った際、次回企画展が岩合光昭さんの写真展だと言うのを知っておりましたので、これをお目当てに行った次第です。

いい加減お腹も空いたので、福島で何か食べて帰ろうと思って立ち寄ったお店は混雑のため1時間待ちとのことで断念、白石の白石温麺茶屋に寄った所、ラストオーダー10分前に滑り込みセーフとなり、やっと食事を頂いて仙台に戻ったのでした。

■8月13日(月)
朝起きて程なく車に乗って出発です。白石ICから高速に乗り、朝ごはんは那須高原SAで食べ、栃木ICで高速を降ります。まずは「岩下の新生姜ミュージアム」に行きますが、あまり長時間滞在するタイプのスポットではないようで、その後の旅程をどうしようか悩む事になります(苦笑)

次は壬生町のおもちゃ博物館に行ってみます。ここは基本的に親子連れが屋内でガリガリ遊ぶ的な施設がメインですが、一部鉄道模型やジオラマが展示されている部屋があり、これは一部の大人にも楽しめる内容となっておりました。

お次は佐野ラーメンを食べるべく、佐野市に向かいます。ちょうど途中に「ラーメン太七」があり、営業終了直前のタイミングでしたので即入店します。かみさんは青ネギラーメン(塩)、ボクはチャーシューメンを食べます。どちらもうまいです。個人的には青ネギラーメン(塩)にチャーシューをトッピングするのが最強だと思います(笑)

その後はご当地グルメの「いもフライ」を食べようと店を探しますが、手持ちの「まっぷる栃木」に載っている店はいずれも休み。道中で偶然見つけたのが「いでい焼きそば店」。まっぷるに載っていないとは言え、結構名の通ったお店のようです。ラーメンを食べた後にもかかわらず、二人で1本ずつサラリと食べられました。

それから急ぎ宇都宮に向かい、宿へチェックインし、宇都宮在住のお友達へなさんご夫妻と祝杯を上げ、郷土料理の「しもつかれ」を初めて食べ、宿に戻って長い1日が終わりました。

■8月14日(火)
宿で朝食を頂き、10時近くにのんびりと出発します。安直ですが宇都宮に来たら餃子でしょ、と言う事で、街中の「来らっせ」本店(きらっせと読みます)に行きます。ここ、宇都宮餃子会に加盟の餃子店のうち5店舗が入っているフードコートみたいな所です。10時10分過ぎに行った所、11時開店ですので、入店待ちをしている人はおりませんでした。入店し次第、二人で手分けして5店舗の焼き餃子と水(もしくはスープ)餃子を購入し、ワーッと食べて出て来ました。そのため、各店の特徴とか、殆ど覚えてないんです(苦笑)

お次は、郊外にある「大谷資料館」に向かいます。途中でヨークベニマルを見つけたので寄ってみると、ご当地飲料である栃木乳業の「関東・栃木レモン」、「関東・栃木コーヒー」、期間限定の「関東・栃木ぶどう」がありましたので、「関東・栃木ぶどう」を買って飲みました。

それから「大谷資料館」へのルートは、何だか訳の分からん細い路地を走りますが、突然目の前に駐車場と大勢の観光客が現れます。後で分かったのですが、ボクらはたまたま裏のルートを通っていたためスイスイだったのです。帰りに表のルートを通ったのですが、反対車線が結構な渋滞でして、途中で断念して引き返す車もちらほら。

今回の旅もそろそろ終わりです。宇都宮の道の駅「うつのみやろまんちっく村」でお土産でも買いましょうか、と言う事で向かいます。ここ、道の駅としてはとても広大でして、プールや宿泊施設まであるんです。時間の都合上、お土産を買うだけで立ち去りましたが。

最後に、宇都宮餃子会に加盟していない「餃子専門店 正嗣 駒生(こまにゅう)店」で餃子を食べることにします。ここもなかなかの人気店ですので、何と言っても回転率が高いのです。よって出された餃子をワーッと食べて出て来ましたので、ゆっくり味わうだけの余裕もなく(苦笑)

あとは一路仙台まで高速を使って帰って来た次第です。最終的にはやりたいと思ったことは大体出来たので良かったかな、と思います。

■8月18日(土)
この日を腰掛庵のかき氷を食べるためのリベンジマッチとしまして、朝6時過ぎに出発しました。現地(山形県総合運動公園)には8時位に到着し、三度目の正直?と言う事でめでたく整理券を取得します。開店は10時、食べる時間(予定)は10時35分ですので、2時間程度の待ち時間が発生します。

最近知ったのですが、ここの近くに「赤塚製氷」と言う氷屋さんがありまして、かき氷も年中出しているんですって。ちなみに、ここの四代目と五代目は学院大の卒業生のため、同窓会の機関誌に取り上げられたこともあるので親近感も湧き、待ち時間の間に行って来ました。

赤塚製氷には9時10分位に到着しますが、ここも10時開店ですので、結果的にボクらが一番乗りになりますが、何分初めて行く所ですので勝手が分からず、しばらく様子を見ていると、他の人が所定の場所に並び始めたので、それを模倣して待ちます。開店して間もなく入店、マンゴーヨーグルト+ソフトクリームトッピングを二人で半分ずつ食べました。さすがに氷屋のかき氷ですので、食べても頭が痛くなりませんし、なかなか美味です。ちなみにこのお店、かき氷だけでなく、アイスやパンケーキも食べられるようですので、また行きたいと思います。

腰掛庵のかき氷を食べるため、山形県総合運動公園に戻ります。ボクは木いちごとすぐりみるく、かみさんは黒みつみるくを頂きます。ここのかき氷は氷と言うよりは雪のようであるのを実感します。しかしながらかき氷のはしごで体が冷えましたので、温まるものを食べたいと思って、喜多方ラーメンを食べに行くことにしました。

山形から南下すること2時間、喜多方ラーメン館に到着し、隣にあるたんぽぽ亭でチャーシューメンを食べ、街中を少し散策してから仙台に戻りました。

クビになりました
2018-07-25
11月に開催予定となっている、前所属楽団の企画コンサートが2回公演となったようです。昨年の企画コンサートで想定を大きく超える来場者があったため、その反省や来場者のアンケートで寄せられた要望から、午前と午後の2回公演にしたということです。

前所属楽団の練習の時、かみさんはその話を聞いて、真っ先に「金管セクションに結構負担がかかるのでは」と言ってくれたそうですが、それに対して団長「複数人いるパートはパート内で調整して」→かみさん「一人のパートはどうすれば」→団長「自分で調整してください」この話を聞いて、随分とやっつけな回答をしてくれたものだと思いました。

次回の企画コンサートはアンコールも含めて9曲、これを休憩なしで続けて演奏することになっており、これを午前と午後で2回演奏するわけですが、一人ではかなり負荷がかかります。数年ほど前に、吹きすぎで顎関節を痛めたために数ヶ月楽器を吹かなかった事があり、この2回公演は一人でやり遂げるのは難しいと思いました。

■7月6日(金)
前所属楽団には全員がやり取りできるLINEグループがあります。ボクは2回公演を一人でやり遂げるのは難しい、これをどう捉えてどうするかは運営に委ねる、とLINEグループに声を上げました。他にも同じことを考えている人がいるのではないかと思い、全員が見ている所で声を上げるのが重要と考えたためです。

しかし、これに対する団長のリアクションは「ペコリ」と言うLINEスタンプたった一つ。ボクが慎重に言葉を選んで声を上げたのに対し、何ともお粗末なものです。これに落胆したボクは団長個人との繋がりを全て絶つことにしました。ボクが全員に見える所で声を上げたのだから、その返答も全員が見える所ですれば良いだけなので、別に団長個人と繋がっている必要はないわけです。

■7月14日(土)
かみさんが会社の社員旅行で長崎に出掛けて行きました。ボクは午後から岩沼で前所属楽団の本番があり、こちらに出掛けました。それに先立ち、団長からは「話したいことがある、5分で終わる」とかみさん経由で連絡が来たので、問答無用で前所属楽団をクビになるのだろうと思いながら本番を終えました。

その後、予想通りに除名を言い渡されました。団規約の中にある退団の項に、「役員会で協議の上、団員として相応しくないと判断された者」と言う記載があります。

昨年もこれによって一人除名になっているのですが、その時に団長は「このために、この条項を作った」と言っており、少しの違和感を感じたのですが、まさかこれが自分に、しかもこんなに簡単に適用されるとは思いませんでした。

前所属楽団は内輪の仲良しグループに含まれるメンバーにとっては非常に居心地の良い楽団ですが、仲良しグループに含まれないメンバーの定着率はあまり良くありません。実際、仲良しグループに含まれない人で、ボクら夫婦よりも在籍が長い人は数えるほどしかいません。大半の人は何かおかしいと感じながらも声も上げずに去っていくか、ボクのように声を上げて団長に睨まれ、最終的に除名されるわけです。

この後、岩沼市民会館でコンクールの地区大会(仙南地区)を見るつもりでいましたが、とても見に行く気にはなれず、家に帰ってそのまま翌朝位まで寝ておりました。いわゆる引きこもりです(苦笑)

■7月15日(日)
かみさんは社員旅行の2日目です。1日目は佐世保のハウステンボスで過ごしたそうで、2日目は長崎まで移動し、クルーズで端島(軍艦島)に向かいます。幸い天候も海の具合もよく、無事に端島への上陸を果たします。ああ何てうらやましい。

そのあとグラバー園と大浦天主堂を周り、伊丹経由で仙台に戻ってきました。この日仙台は霧が濃く、着陸が難しいのではないかと思われましたが、何とか無事に着陸できまして、旅を終えたのでした。

■7月16日(月)
3連休の最終日となりました。土日とほぼウチに引きこもっていましたので、お出かけをすることにしました。目指すは腰掛庵のかき氷です。開店の10時までに山形県総合運動公園の仮設店舗に着けば大丈夫だろうと思っておりましたが、いざ到着すると、行列がありません。まさかと思ったら、開店前に当日分の整理券が全部出てしまったとのことでした。代わりと言っては何ですが、「かりんこりん かちわり 抹茶わらび氷」を頂いてきました。美味しいんですが、作り置きをしているのか、食べると少し頭にキーンと来るのが惜しいです(苦笑)

ということで、ご飯を食べる所を求めつつ、何となく米沢まで南下します。散々悩んだ挙句、米沢城址近くにある置賜文化ホールを見て回ってから、近くのレストランで食事を取り、あとは福島経由で帰宅いたしました。

■7月22日(日)
かみさんが出るコンクール地区大会の本番当日です。この日は朝から中学校大編成、その後大学と職場・一般と続きまして、大学の部の演奏が終わってから中学校大編成の結果が発表されましたので、職場・一般の部が始まる前に中学生や関係者は帰り、客席はガラガラになりました。自分たちの演奏と結果発表が終わればあとは知らない、ってのもどうなんですかねえ。

聴いた感じで、地区抜けは間違いないだろうとは思いましたので、演奏を終えて客席にやって来たかみさんにその旨を伝えました。実際の結果発表もその通りになり、かみさんのコンクールはあと2週間続くことになりました。

そろそろ、ゆぅちゅうば
2018-06-25
■5月20日(日)
未明にブレーメン定演の打ち上げから帰り、しばらく休んだ後、知り合いの子が出ると言うので、某高校の定演を見にエレクトロンホールへ出かけました。かみさんはPWOの練習に出てから街中に戻ってくるので、チケットを購入してから近くで待ちます。

かみさんと合流してから会場に入りますが、演奏はすでに始まっています。ホールに入ると、客席は全て埋まっており、さらには通路にも人が座っており、完璧に消防法違反の状態ですが、それにもかかわらずスタッフはボクらをどこかに案内しようとしています。この人たちはバカなんだろうかと思い、案内を断って帰ることにしました。

結果、1000円と時間をドブに捨てました。こんな学校の演奏会は二度と行くまいと思って、中華屋で夕食を食べて帰ったのでした。ちなみに、ここの吹奏楽部のHPを見た所、演奏会の入場者数がホールのキャパシティを超えていた事が何度かありました。ここの人たちは集客さえ上がれば有事に備える対応はおざなりでも良いのかと思って実にげんなりしました。

■5月26日(土)
概ね毎月の最終土曜日深夜に、さだまさしさんの生番組があります。その名も「今夜も生でさだまさし」略称は「生さだ」といいます。この日の深夜は何と多賀城からの生放送なのですが、かみさんが観覧申し込みをした所めでたく当選したんですよ。後で分かったのですが、応募225組に対して当選が15組。ぴったり15倍の競争率を勝ち抜いたんですね。なかなかの強運です。

さて、観覧当選者は23時半に東北歴史資料館のロビーに集合して下さいと言うので、ロビーの隅っこで待ちます。番組の観覧なんて初めてで、ましてや生の全国放送だなんて、演奏するよりもずっと緊張して落ち着きません(笑)

時間が過ぎ、放送場所に入ってしばらくすると、(いつも見ている人なら分かる)井上さんと住吉さんが登場します。そしていつのまにか放送が始まり、資料館の入り口前でのタイトルコールを終えたさださんがやってきます。30人弱の観覧者は一気に大盛り上がり(笑)

ボクら参加者は、テレビでどのように映っているのか、実は映っていないのかは全く分かりません。リアルタイムで見てくれた物好きな知り合いによると、夫婦揃ってちゃんと映っており、ボクはカメラ目線だったそうです(笑)

■5月27日(日)
面白くて眠くなるのも忘れた、「生さだ」の観覧から帰宅したのは、3時頃でした。それからすぐさま睡眠を取り、昼前に白石に向けて出発します。いつもブレーメンの演奏会をお手伝い頂いているお二方が所属する白石市民吹奏楽団が40周年記念演奏会を開催するので、その応援のためです。

演奏会は3部構成でして、なかなか重いプログラムでした。終わり次第、PWOの練習に行っていたかみさんと名取のエアリで合流してから帰宅しました。寝不足がたたり、すぐに眠りに落ちてしまいました。

■6月3日(日)
とっておきの音楽祭で、ゆぅちゅうばメンバーのあねごが参加している「くじらブロウ」が午前中に演奏するというので、街中に出かけました。そうした所、多吹に所属している通称「弟」が参加している某楽団がその前に演奏すると言うので、併せて見てきました。かみさんはPWOの定演が翌週に控えておりますので、練習場所までお連れしまして、ボクは自宅でのんびりしておりました。

■6月10日(日)
かみさんがお手伝いするPWOの定演当日です。朝イチで会場の若文までお送りし、ボクは一旦帰宅後、バスに乗って出直しました。さて、プログラム本編についてですが、1ステがレギュラーステージ、2ステがPWO文化祭と銘打ったポップスステージです。1ステはコンクールの課題曲と自由曲、ホルストの1組でした。自由曲はそもそも曲としての内容に乏しいこともあり、ホルストの1組の方が好演だったと思います。2ステはPWOの企画モノですが、指揮者であるマエストロひびやんがスケ番やっくんに扮して縦横無尽に暴れたのが一番面白かったです(笑)

■6月16日(土)
ブレーメンでも時々仙台市内で演奏することがあります。今回は荒町の高齢者施設に伺います。集合が13時のため、お昼は学院大の学食で食べることにしますが、職場でスタッフをしてくれているOくんと偶然遭遇しましたので、一緒にお昼を食べて別れました。何と言うか引き付け合う何かがあるのではないかと思った次第(爆)当日のおしながきは以下の通り。

♪マツケンサンバ
♪きよしのズンドコ節
♪演歌メドレー
♪川の流れのように
♪涙そうそう
♪日本愛唱歌アルバム
♪上を向いて歩こう(アンコール)

5月の定演以来、全く練習に出ておりませんでしたので、6月に入ってから自宅でサイレントブラスを使ってこっそり練習をしておりました。その甲斐ありまして、演奏上致命的な事故は起こさずに済みました(笑)

夜は会社の歓送迎会に参加します。やはり知らない人が多い飲み会は孤独感が強くてイケマセン(苦笑)

■6月17日(日)
PROJECT EUPHONIUMの岡山さんが仙台で出張試奏会を開催されるとのことで、楽器は買えないものの、岡山さんにお会いしたいと思い、出掛けてきました。元々はかみさんと一緒に行く予定だったのですが、オイちゃんが拾ってくれると言うので、ご好意に甘えました。かみさんはPWOの練習が終わってからやってきました。

結局夫婦で最後までおりましたので、会場の撤収をお手伝いしまして、近くの飲み屋で岡山さんのご好意に(以下略)だからと言う訳ではないのですが、岡山さんは長きに渡って楽器の目利きを養って来られましたので、彼がプロデュースした「AMUSE」はなかなか良い楽器が多いです。お金に余裕があれば買いたいのですが、せめてその魅力を広めるのに力添え出来ればと思っています。

■6月23日(土)
年に2〜3回位でしょうか、かみさんがお友達と一緒に開催している女子会で「GCの会」と言うのがあります。ボクも途中から送迎用セバスチャンと言いますか、オブザーバー的な感じでご一緒させて頂いております。話の中身を晒すと色々と支障がありそうなので控えますが、お互いの愚痴を聞き合って、色々大変なのねーと思ったりするのが楽しみなんですね。

■6月24日(日)
ブレーメンの依頼演奏で松島に向かいます。演奏は午後からですので、午前中に仙台を出発しまして、松島でお昼を食べ、高城町の現地に向かいます。おしながきは前回の荒町と同じなので省略しますが、前回と異なりベースパートがボク一人なので、休みも減り、結構スタミナを消耗しました。帰りに利府へ寄り、喫茶店で甘いものを摂取して帰ったのでした。

そろそろゆぅちゅうばの活動を再開したいなーと思い、並行して課題曲候補と自由曲候補を書いておりました。前者が4曲、後者が2曲書き溜まりましたので、もういいか、と思っております。

春の演奏活動、終わりました
2018-05-20
■3月4日(日)
ブレーメンの依頼演奏当日です。「西原 こどものための新春コンサート」ということで、新春と呼ぶには春も近い大河原に行ってきました。会場が集会所と言うので、古い所なのかと思っていたら、どうやら最近移転新築されたようで、室内には新築の雰囲気が溢れておりました。お品書きはこちら。

♪勇気100%
♪楽器紹介[山の音楽家]
♪名探偵コナン メインテーマ
♪さんぽ
♪It's a small world (アンコール)

本番が終わってからは、町内の「もちぶた館」で豚肉をじゃんじゃん焼いて食べて、満足して帰って来ました(笑)

■3月10日(土)
夫婦で物見遊山的に62万石吹奏楽祭を見に行って来ました。ここ数年合同を組んで参加している若吹・利府吹・PWOについては、昨年古川SWがアポロ吹を誘って引き込んだものの、自身は今回合同から離脱すると言う変わり技を演じていました。

今回は若吹サイドが指揮者の意向等により、一方的に演奏曲を決めて動かしたらしく、他の参加団体からは大分不満が出ていたとか。合同の解消も近いでしょう。実際の演奏は編曲者の嗜好のせいか、目立つ特定のパート以外は残念ながらおまけのような扱いで、これってわざわざ吹奏楽団体の合同でやることなの?と思いながら聴いていました。

当初、規模の小さい団体同士で力を合わせて、合同でないと出来ない演奏曲を演奏しよう、と言うのが目的だったのですが、合同が煩わしくて面倒だとか、選曲も指揮者が好き勝手に決めたりと、あまり思わしくない状態が続いていました。

■3月18日(日)
第12回仙台ユーフォニアム・テューバフェスティバル当日です。ゆぅちゅうば10周年の企画失敗を契機に、一時期は活動を断念しようかとも思いましたが、活動に力を貸してくれるメンバーと賛助の皆さんのおかげで、練習不足の不安もありましたが、演奏させて頂くことになりました。お品書きはこちら。

♪さくらのうた(福田洋介)
♪大草原の歌(R.ミッチェル)

例年、弘前のVisual4さんと一緒に演奏するコラボ企画をやらせて頂いておりましたが、今回は練習に余裕がなかったのと、盛岡バリチュー倶楽部さんが参加されたこともあり、どのような企画にするか思い至らなかったこともあり、ひとまず見送りとしました。次回に向けて思案したいと思います。

■3月25日(日)
日本マンドリン連盟が今年で創立50周年を迎えるということで、多文で開催される記念演奏会のチケットを頂きましたので、たまには知らない世界の音楽に触れて見ても良いだろうと思い、夫婦で出掛けてきました。

しかしながら、演奏される楽曲を知らないことと、音量の起伏があまりないため、吹奏楽や管弦楽団の演奏に馴らされたボクは次第に眠りへと誘われてしまい、いびきで他の聴衆に迷惑を掛けては…と思い、ある程度聴いた所で会場を後にしました(苦笑)

■4月1日(日)
職場で学生スタッフをしてくれているOくんが活動している合唱団、「ジュニア&コーラス"Raw-Ore"」の定演があると言うので、夫婦で川内萩ホールに出掛けてきました。

この団体は、ボクが合唱団エピスで活動していた頃はまだ存在していなかったのですが、小学生から20代のメンバーで構成されています。連盟主催の全日本合唱コンクールでは「大学・ユースの部」に参加しており、昨年の大会では全日本への初出場を果たした、最近勢いに乗っている団体のようです。

演奏は所々団体としての課題も見受けられますが、概ねレベルの高い演奏で、安心して聴くことができました。帰りにOくんに労いの言葉を掛けようと思いましたが、ロビーに溢れた大勢の観客に阻まれ断念しました(苦笑)

■4月15日(日)
この日は元々たがじょう金管まつりVo.10(ファイナル)の予定でしたが、諸般の事情により開催を断念され、アイリス・ブラス・ゾリステンの演奏会になりました。

ゆぅちゅうばはこの演奏会にゲストとしてステージを1つ頂いて演奏しました。演奏時間20程度ということでしたので、いつもの課題曲と自由曲に加えて、ポピュラーな曲も追加してお送りしたのですが、曲数を増やした事もあり、MCと演奏の両方で調子を崩し、あまり満足の出来る演奏にはなりませんでした。お品書きはこちら。

♪人生のメリーゴーランド
♪花束を君に
♪さくらのうた(福田洋介)
♪大草原の歌(R.ミッチェル)

■4月22日(日)
お友達で石巻SWEのユーフォ吹きであるみなみちゃんから定期演奏会の案内を頂いたので、石巻まで出掛けてきました。かみさんはPWOの定演とコンクールのエキストラを受けて練習に出ないと行けないため、ボク一人で。

演奏を聴いて、普段より石巻さんらしくないなと感じましたので訊いてみたところ、まあ色々と事情があったようです。お友達のえんぱさんが受付におり、近日中に飲みの予定を決めて出掛けましょう、と話して帰仙したのでした。

■4月29日(日)
昨年までゆぅちゅうばのメンバーとして活動してくれたユーメグちゃんが、いわきSWEに入団したのが昨年の秋頃でしたので、今回が初めての定演ということで、応援のためにいわきへ夫婦で見に行きました。

いわきSWEは福島県内でも老舗の楽団で、コンクールでは福島県代表として東北大会に出場した実績もあります。最近はいわゆる学校のOBOG会から派生した楽団が幅を利かせているのが残念ですが、演奏はなかなかのものです。周辺の中学校から勉強のため演奏会を見に来ている生徒も多数いるのが、その模範性を感じさせました。

■5月3日(木・祝)
先日の石巻での約束通り、仙台でえんぱさんと飲むことにしました。ただ、折角えんぱさんに仙台まで出て来て頂くのに、それだけでは勿体ありませんので、少しお出掛けのプランも付けることにしました。

お昼位に仙台駅前で待ち合わせ、早速秋保温泉の緑水亭へ。例年GWと年始に開催される、Ensemble Vitaさんの「幸せ気分のコンサート」を聴きに行きます。対象は緑水亭に宿泊するような一般客ですが、もちろんマニアな方でも楽しめます(笑)

終わってからは岩沼ひつじ村に向かい、少々ひつじと触れ合ってから仙台で飲んでお別れいたしました。この頃はボクが生憎風邪を引いてしまっており、あまりアグレッシブに遊ぶことが出来なかったのが悔やまれます。

■5月13日(日)
いつもゆぅちゅうばをお手伝い下さっているY先生が所属されている仙台ガブリエリ・ブラスの定演がありましたので、差し入れの酒とつまみを持って出掛けました。金管5重奏、バリチューバアンサンブル、そして金管ラージと多彩なプログラムでした。

■5月19日(土)
ウインドアンサンブル ブレーメンの第4回定演当日です。昨年初めて出演した第3回定演は生憎の雨、いや雨どころではなく嵐でして、集客に大きな影響を与えたように記憶しておりますが、今年は幸い天候が崩れるなく、まあまあの演奏会日和となりました。お品書きは以下の通り。

【ウェルカムコンサート】クラリネット4重奏
♪「魔女の宅急便」より「海の見える街」(久石 譲)
♪「ハウルの動く城」より「人生のメリーゴーランド」(久石 譲)
【1ステ】
♪行進曲「マリーン・シティ」2012(野村正憲)
♪吹奏楽のための「風之舞」(福田洋介)
♪ロマネスク(J.スウェアリンジェン)
♪未来が変わる時(富士原裕章)
【2ステ】
♪銀河鉄道999
♪アンパンマンのマーチ〜アンパンマンたいそう
♪ルパン3世のテーマ'78
♪きよしのズンドコ節〜川の流れのように
♪スウィング・スウィング・メドレー
【アンコール】
♪オーメンズ・オブ・ラブ

ウェルカムコンサートの2曲はボクが書き下ろしたものです。「人生のメリーゴーランド」は曲中に「サウンド・オブ・ミュージック」の「私のお気に入り」を入れ込んで遊んでみました(笑)「風之舞」は吹奏楽フル編成の原曲を、ブレーメンの編成に合わせて概ね2管編成で演奏出来るように書き直したものです。本番の演奏をざっと聴いた限り、色々と気になる所はありますが、昨年より概ね良い演奏になったように思います。本人の演奏そのものは1ステ前半がヨレヨレでしたので、75点の評価とします(苦笑)

これで春の演奏活動が終わりました。ブレーメンについては来月以降通常の依頼演奏に取り組みつつ、11月の企画コンサートに向けての練習を進めて行くことになりますが、夏休みになるまで通常練習には出られませんので、本番当日だけ出現して演奏することがしばらく続きます。

ゆぅちゅうばについては2018年度の活動に向けて、選曲のための準備(内緒のアレンジ)を進めている所ですが、もう少し候補曲を増やしてから活動を始めたいと思っています。

のんびりした三連休
2018-02-12 振替休日
■2月10日(土)
先月にもちょろっと出掛けたのですが、この日は昨年までゆぅちゅうばを手伝ってくれていたもっちーをお連れして、旧くりはら田園鉄道(くりでん)の足跡を辿る旅に出掛けました。

くりでんに限らず、その役割を終えた鉄道、道、建物と言うのは現役のそれと異なり、地図上から殆ど消えてしまいますので、駅跡を探すのも自ずと難しくなります。そのため、まずは大雑把な場所をウィキ先生に教えてもらい、あとはGoogleマップやストリートビューを駆使して駅跡の場所を特定し、これをナビに事前登録しておきました。

仙台を10時位に出発し、最初の目的地である旧「細倉マインパーク駅」へ向かいますが、ナビに従って行くと細倉マインパークに到着してしまいます。来た道を少し戻ると目的地に到着しますが、ここは駅舎やホーム、そして線路がそのまま残されており、もっちーは興奮しつつシャッターを切り続けていました。

ここから先はナビに登録した場所を頼りに、駅跡の記念碑
や鉄橋、線路を順調に巡って行きました。何と言っても圧巻なのは、廃止から10年を経ても、線路の大部分が残っており、駅跡に記念碑があるため、駅の場所が特定出来るのが遺構をを訪ねるのに最適であることです。

そろそろ駅跡巡りに終わりが見えてきた辺りで、旧若柳駅界隈にある「くりはら田園鉄道公園」も再度じっくり見てきました。こちらの「くりでんミュージアムゾーン」では電車が走るジオラマがあるのですが、ジオラマを走らせる担当の職員さんから小ネタいっぱいの裏話を伺うこともでき、結構お腹いっぱいになりました(笑)

後は残りの駅跡を巡り、一路仙台へ戻ります。泉SWOの団長さんがオーケストラ・ドゥ・センダイの演奏会に出演されると言うので、見に行くためです。いかんせんアマチュアですので、演奏の細かい所は色々ありますが、全体的には在仙のアマオケの中では一番力のある楽団ではないかと感じました。

■2月11日(日)
ブレーメンのメンバーであるエリちゃんが出演すると言うので、島村楽器の発表会を見に名取文化会館へ出掛けてきました。まあいわゆる音楽教室の発表会ですので、それなりの心積もりをして聴いておりましたが、何年も習っていてそんな感じ?と言う演奏があったり、年数に応じて経験を積んだなりの演奏もあったりしました。

エリちゃんがメンバーをしているクラ四重奏のチームは、結構アクロバティックな曲を演奏していたのですが、結構細かい所まで詰めた演奏で、努力の跡が伺えました。あとはパート間のバランスを取って、どのパートの何を聴かせるか絞れるともっと良かったと思います。

今日は終日雪が降り続いて積もる予報がありましたので、あえてどこにも出掛けず、明日以降に備えてのんびりと過ごしております。

あけましておめでとうございます、2018年
2018-01-14
あけましておめでとうございます。2018年になりました。去年でお付き合いが終わってしまった方もいらっしゃいますが、今年もどうぞ宜しくお願いします。例年、年末年始の休みを使い、夫婦で旅行に出掛けるのが常でしたが、今回は取り立てて遠出はしませんでした。

■1月1日(月)〜3日(水)
元旦は明け方近くまでテレビ漬け、ちょっと寝てからボクの実家に新年の挨拶を。夜には帰りました。2日はかみさんの実家へ。少々お手伝いをして早めに帰宅します。3日は普段出掛けない、エスパルやロフトへ買い物をしに行きました。

■1月5日(金)
新年の勤めは4日からでして、この日は夕方に仕事を終えてから、ブレーメンの練習に行きました。いわゆる吹き始めです。行ってみると、ボクの他にも金管楽器プレイヤーであるにもかかわらず木管楽器を購入している不届き者がおりました(笑)

■1月6日(土)
世間一般ではこの日から三連休です。ボクら夫婦は仕事を終えた後、夕方に仙台を出発して新潟へ向かいます。かみさんは数年前からジャンベが欲しいと思っていたのですが、皮肉にも昨年の自動車事故で軍資金が出来ましたので、新潟市内の工房へ買いに行くことにしたのです。新潟市内とは言え、中心部からは遠く離れておりましたので、上越新幹線の燕三条駅前の宿に泊まり、翌日に向かうことにしました。

■1月7日(日)
午前中は新潟市中心部近くにある「新潟ふるさと村」に向かい、お土産を買ったり、色々と物見遊山してから、工房に向かいます。この工房、個人の方が自宅の片隅でされているので、目の前まで辿り着かないと分かりません(笑)

ご挨拶もそこそこに、まずはジャンベの基本的な叩き方を教えて頂きます。ある程度叩き方が分からないと、自分で楽器を選ぶのに判断が出来ないからです。色々な大きさや形のジャンベを4台か5台ほど叩いてみて、これはと思ったものを購入して帰途につきました。

■1月8日(日)
この日は翌日以降の仕事に備えて休養日とする予定でしたが、10年ほど前に廃止になったくりはら田園鉄道の施設や車両などを保存した「くりはら田園鉄道公園」に出掛けました。鉄好きの皆さんに是非お出掛け頂きたい場所だと思います。

■1月12日(金)〜13日(土)
11日から職場で授業開始になりましたので、1月一杯はブレーメンの練習に行けない予定でしたが、12日はセンター試験の準備のために授業が全休講となりましたので、仕事も夕方で終わり、ブレーメンの練習にも行けるようになりました。

13日はブレーメンの新年会です。先の忘年会の際に体調を崩して参加出来なかったメンバーがおりましたので、その救済も兼ね、かみさんに取り回しをしてもらったのです。楽しい時間を過ごすことができました。

■1月14日(日)
アンコン県大会の職場・一般部門に知り合いが参加すると言うので、応援も兼ねて朝から見に行きました。大学部門は1団体のみでしたのでそのまま県代表、職場・一般部門は大方予想通りの結果でしたが、一部疑問が残る審査結果となりました。

そのまま小学校部門も聞きましたが、それなりに考えて演奏しているのは金賞、特段何もせずに演奏しているのはほぼ銅賞となりました。ただ、演奏よりも非常に気になったのが、演奏する小学生を見に来ている母親などの非常識な振る舞いです。

コンクールも同様ですが、小学校部門が一番入場者数が多くなりますので、吹奏楽連盟にとっては入場料収入のドル箱かも知れませんが、ホールに入る際にも我先と割り込んでくる母親の何と多いこと。我が子の活躍を見たいのは分かりますが、割り込んで会場に入って見るのが大学と職場・一般部門なのですから、割り込む意味もないでしょうし、バカなの?と思って見ておりました。

午後は買い物に出掛け、正月飾りを竹駒神社で炊き、正月の諸日程が無事終わったのでした。

2017年もお世話になりました
2017-12-30
2017年もまあ色々なことがありました。

2月 ウインドアンサンブル ブレーメンへ入団
5月 自動車を運転中に側面衝突される
10月 ゆぅちゅうばの解散も覚悟し活動休止する
11月 ゆぅちゅうばの解散は何とか回避し再始動する決意をする
12月 おもちゃ的な楽器とか、楽器関連商品を購入する

かみさんが以前の所属楽団を退団するにあたり、ここの楽団がイイ!と探し当てたのがブレーメンでした。通常練習が金曜日夜ですので、ボクが通常練習に参加出来るのは年に2〜3ヶ月程度になってしまう不安がありますが、とりあえず見学に行き、代表に話を聞いてみた所、自身がそれで良ければ参加しても構わないと言う事でしたので、ぐぐっと心を動かされ入団し、理解のある運営陣、面白いメンバーに囲まれて満足しつつ今に至ります。

ブレーメンの定期演奏会が終わって一息ついた5月末の休日、車でかみさんを会社に送っていった帰り、赤信号で突っ込んで来た車に側面衝突され、車は全損で廃車、ボクも胸部打撲で通院を余儀なくされました。おおよそ週1回程度の通院を継続し、9月末で治療を終えましたが、加害者側の保険会社の対応や賠償額に問題がありましたので、弁護士に対応を引き継ぎ、賠償額増額で示談に応じたのが12月のことでした。

ブレーメンには現状テューバ吹きが不在なのもあり、ブレーメンの訪問演奏の類ではユーフォとテューバの譜面を混ぜて吹いているのですが、ペダルトーンの出音がイマイチと言う課題があります。そこで、willie'sのTuBacchus(チューバッカス)と言うマウスピースを購入しました。「テューバ奏者のためのユーフォニアムマウスピース」と言う事で、シャンクはユーフォニアム太管ですが、カップ等はテューバ用マウスピースそのものですので、これでユーフォを吹くと低音がガリガリ出せます。その代わり、ユーフォの通常音域が出しにくいの何のって(苦笑)ちゃんと練習しないとダメっぽいです。

今年はYAMAHAからVenova(ヴェノーバ)と言うサクソフォン系のカジュアル管楽器が発売され話題になりましたが、クラリネット系でそんなの無いかなーと思って探したところ、ヌーボー クラリネオってのがあり、ヨドバシでもそこそこの安値で出ておりましたので、ポチッと予約して店舗で入手!

お持ち帰りの上吹いてみましたが、構造がほぼクラリネットそのものでして、殆ど音が出ません。楽器を付けずに吹いてみてもさっぱりプーププとは鳴りませんで、ちゃんと練習しないとダメそうです(何日か吹いているうちに時々プーププと鳴るようにはなりましたが、楽器ではまだまだです)。

みのる、45歳になる
2017-12-18
■11月18日(土)
夕方に仕事が終わってから、かみさんの提案に便乗して松島に行って来ました。19日まで紅葉ライトアップが開催されているので、それを見に行くことにしたのです。

日中は観光客で溢れる松島ですが、夜になると大半の店が閉まっている事もあり、のんびりと歩くことができます。さて、お目当ての円通院に行くと、ライトアップを見に来た人がうじゃうじゃおります(笑)

しばらく見ておりましたが、さすがに寒いのとお腹が減ったのとで、1時間ほどウロウロして仙台に帰ったのでした。

■11月23日(木・祝)
ブレーメンの活動拠点である岩沼市勤労者活動センターで施設の無料開放があり、ブレーメンは自由演奏会的に参加者を募って合奏会を開催したのですが、その前に童謡サークルを見に行って抜けられなくなり、音出し不足のまま本番を迎え、本人的には史上最低の演奏になってしまいました(苦笑)お品書きは以下のとおり。

♪情熱大陸
♪きよしのズンドコ節
♪アンパンマンのマーチ
♪さんぽ
♪ジングルベル
♪赤鼻のトナカイ
♪ありがとう
♪花は咲く(アンコール)

その後、12月3日に丸森での本番が控えておりましたので、下見も兼ねて行ってみる事にしたのですが、現地は丸森の中心部よりもさらに奥に入った所でして、阿武隈川沿いの細い道を1時間半ほど走って到着しました。

現地に向かう道すがら昼食を…と思ったのですが、飲食店の類が全くなく、結局現地から白石まで出て、コンビニで軽食を調達して仙台に帰ったのでした。

■11月26日(日)
大河原のショッピングセンター「フォルテ」にはデイサービスセンターがあり、こちらでブレーメンが演奏させて頂くことになりました。23日の施設開放では惨憺たる演奏でしたので、しっかり音出しをして本番に臨み、まあまあ納得の行く演奏ができました。お品書きは以下の通り。

♪情熱大陸
♪きよしのズンドコ節
♪アンパンマンのマーチ
♪さんぽ
♪ジングルベル
♪赤鼻のトナカイ
♪ありがとう
♪花は咲く(アンコール)
♪情熱大陸(アンコール)

演奏が終わってから、メンバーのエリちゃんが夜に丸森のカフェで演奏すると言うので、夫婦で応援しに行く事にしました。18時位に現地へ着いてから、みのるは缶ビールを一本空け、ひたすら演奏風景の動画を撮影しておりました。

この日は1日で200km近く走りました(笑)

■12月3日(日)
この日は丸森町耕野(こうや)で「第4回耕野ふるさと祭」が開催され、ブレーメンはご依頼を頂いて演奏しに行って来ました。山間の小さな集落と言う感じの場所ではありますが、祭りともなると多数の住民が運営にあたっており、大分活気がありました。

集合は10時だったのですが、ステージ進行が大分押したようで、本番は11時半位になりました。待ち時間の間は少し音出しをしたり、表で芋煮やお餅を頂きながら過ごしておりました。(緊張感なし)お品書きは以下の通り。

♪情熱大陸
♪きよしのズンドコ節
♪ジングルベル
♪赤鼻のトナカイ
♪さんぽ
♪花は咲く(アンコール)

お昼に本番が終わってから特に予定もありませんでしたので、じゃあどこか行こうかと、白石から国道113号線で七ヶ宿方面へ向かうことにしました。

まず訪れたのが七ヶ宿手前の材木岩。切り立った岩が若干朽ちた材木に見えるのですが、生憎12月から春先までは食事処や土産物屋が休業のため、訪れる人はまばらでしたので、一通り見てから先に向かいました。

次は七ヶ宿ダムの向こう側にある「水と歴史の館」を訪ねます。七ヶ宿ダムの工事に伴って湖底に沈んだ集落の歴史など、興味深い展示がありましたが、300円の入場料を徴収するにもかかわらず、職員がいる事務室以外の場所は空調を切ったままですので、外よりも格段に寒いため、耐えられず早々に退館しました。

次は県内でもここにしかない「ファミリーマートプラスCOOP」を見に行きます。基本的にはファミリーマートなんですが、4割程度生協の商品を取り扱うスペースになっており、近隣住民が集まる感じの場所になっていました。

以降、時々休憩を入れながら山形に入り、南陽、上山、山形をかすめて仙台に帰ったのでした。

■12月13日(水)
この日でみのるは45歳になりました。いわゆるアラフィフと呼ばれる人の仲間入りになります。取り立ててどうと言う事もないのですが、有形無形を問わずお祝い頂いた皆さま、本当にありがとうございました。

■12月17日(日)
ブレーメンではお馴染みの「ルポたけくま」さんでクリスマスコンサートをして来ました。まだブレーメン歴1年未満のみのるですが、今回で訪問3回目です。慣れたものです(笑)お品書きはこちら。

♪情熱大陸
♪きよしのズンドコ節
♪アンパンマンのマーチ
♪さんぽ
♪ジングルベル
♪赤鼻のトナカイ
♪ありがとう
♪花は咲く(アンコール)

-----

ちょっと早いですが、今年の演奏を振り返って。まず一番大きかったのは、2月のブレーメン入団ですね。仕事の都合により通常練習になかなか参加出来ませんが、それでも演奏機会には相当恵まれたと思います。ゆぅちゅうばは結成10年を迎えましたが、色々な問題が発生し、何とか活動は継続出来ることになったものの、これまで活動を共にしてきたメンバーが何人も離れて行き、残念な気持ちになりました。来年は何とか仙台ユーフォニアム・テューバフェスティバルへの参加、アイリス・ブラス・ゾリステンさんの演奏会にゲスト出演する予定がありますので、こちらに向けて何とか頑張って行きたいと思います。

2017年の演奏実績は以下の通りです。何と18回!

・3月5日(日)ルポたけくま ひなまつりコンサート
・3月19日(日)岩沼教会 第6回武隈の里ひな人形まつり
・3月20日(月・祝)宮城野区文化センターパトナシアター 第11回仙台ユーフォニアム・テューバフェスティバル
・4月16日(日)大河原町社会福祉協議会『Cafe de Lien』オープン記念コンサート
・5月4日(木・祝)多賀城市民会館小ホール たがじょう金管まつりVol.9
・5月13日(土)岩沼市民会館中ホール 第3回定期演奏会「昼下がりの音楽会」
・5月27日(土)仙台市内某結婚式場 ゆぅちゅうばメンバー結婚式
・8月5日(土)七ヶ浜町代ヶ崎浜地区 代ヶ崎浜 夏祭り
・8月8日(火)デイサービスステーション荒町 ミニコンサート
・8月20日(日)ルポたけくま 夏祭り
・9月28日(木)ふくむろ幼稚園 お誕生日会
・10月1日(日)岩沼駅前広場 あぶくまJC主催 「たからいち」
・10月28日(土)岩沼土地開発 店舗前 コンタ君の倍返しラリー
・11月4日(土)企画コンサートVol.3「ブレーメン動物園へようこそ!」 玉浦コミュニティセンター
・11月23日(木・祝)岩沼市勤労者活動センター 一日限りの合奏会
・11月26日(日)フォルテデイサービス ミニコンサート
・12月3日(日)耕野まちづくりセンター 第4回耕野ふるさと祭
・12月17日(日)ルポたけくま クリスマスコンサート

秋も一段落です
2017-11-13
■9月19日(火)
ブレーメンにはドラムセット付属のシンバルしかありませんでしたので、楽団からOKをもらいまして、先日にサスペンデットシンバルと、合わせシンバルを購入してきました。

しかしながら、合わせシンバル用の持ち手の付け方がかみさんにも分からないため、打楽器のお師匠さんに教えて頂くべく、街中の飲み屋で合流して教えて頂くことになりました。もっとも、ボクは仕事が終わってからの合流ですので、着いた時にはシンバルへの持ち手取付は終わっていたのでした(苦笑)

■9月28日(木)
ブレーメンでごくまれにある、仙台市内での依頼演奏に出掛けます。予定は午前中ですが、演奏を終えてから仕事の始業に間に合うかどうか心配でしたので、念のため夕方まで半休を取っておきました。

この日は代表のクラ、副代表のパーカッション、そしてボクのバリトン、ピアニストのカエルさん(シンセによる仕込みピアノ)でお送りしました。お品書きは以下の通りです。

♪ハッピーバースデートゥーユー
♪おもちゃのチャチャチャ
♪カレーライスのうた
♪アンパンマンのマーチ
♪勇気100%
♪レットイットゴー
♪となりのトトロ(アンコール)

配布された譜面をざっと見て準備しておりましたが、「♪ありの〜ままの〜」は裏拍アウフタクトが多いため、3〜4回読まないと身体に入ってこないのが困りものでした。

■10月1日(日)
この日は沿岸部で復興マラソン2017が開催されていましたが、岩沼駅前では地域発信を目的として「たからいち」と言うイベントが開催されており、ブレーメンもこちらで演奏してきました。お品書きは以下。

♪情熱大陸
♪勇気100%
♪花は咲く
♪負けないで

お天気は良かったのですが、何分完全に屋外のため、出した音が空に飲み込まれたのと、かみさんのドラムが走りに走ってしまい、かなりフガフガになりました(苦笑)

■10月8日(日)
以前所属していたPWOが創団20周年となりまして、この日は20周年記念のイベントに夫婦で出掛けてきました。日中は松陵市民センターで懐かしの曲を吹き倒すってのをやって来たのですが、あいにくテューバの参加者が誰もいませんでしたので、ユーフォのパートは団員のもっちに任せ、ボクはひたすらテューバのパートを吹いていました。

イベントには懐かしの面々も来ていたのですが、一時期一緒に活動していた女の子がかみさんの沖中時代の後輩だったり、かみさんと高校時代に同じ店でバイトをしていたりと、意外な事が発覚したのでした。

夜は飲み会だったのですが、往時のPWOの飲み会と同じように、ほぼ飲んで騒いでいただけでして、わざわざ出なくても良かったかな…と思いながら帰途についたのでした。

■10月9日(月・祝)
ブレーメンの演奏会をいつも手伝って下さる白石市吹のお二人の本番があると言うので、差し入れを持って白石キューブへ出掛けて来ました。会場はコンサートホールや体育館などがぎっしりと詰まった大きな建物でして、コンサートホールの周りは殆どガラス張り、中にはパイプオルガンが常設されており、ステージも広く、なかなか良いホールでした。

この日は白石市内の中学校吹奏楽部3校、高校吹奏楽部2校、白石市吹の合同演奏会となっておりまして、合同のステージは結構な大音量に耳がやられました(苦笑)

■10月14日(土)
この日は職場が大学祭のため、仕事が休みでしたので、午後から太白区文化センターに出掛けてきました。ブレーメンの代表がえずこウインドさんのメンバーに誘われて、クラ5重奏で出演するため、ちょっと応援しようかと思ってのことです。偶然ですが、オーボエ吹きの知り合いが何人か所属しているアンサンブル団体「Aulos」も出演する情報も得ましたので、併せて見に行ってきました。

■10月22日(日)
ブレーメンの代表の息子そうちゃん(当時1歳11ヶ月)にカホンを与えたいと言うので、涌谷のボスコロさんに発注をかけ、出来上がったと言うのでお出掛けを兼ねて引き取りに行きました。

そうちゃんでも座れるように座面の高さを低く作ってもらいましたので、結果的にほぼ立方体のような感じになりました。打面を叩くとスネアとバスの音が出ますが、裏面はボンゴに近い音が出ますので、なかなか楽しめます(笑)

■10月28日(土)
この日は職場の休みをもらいまして、ブレーメンの本番に出て来ました。岩沼市商工会で「コンタ君の倍返しラリー」と言うイベントがあり、珍しくブレーメンから売り込んで演奏させて頂いた、というわけです。会場には「岩沼ひつじ」から2頭のひつじさんがやってきてくれました。お品書きは以下の通り。

♪情熱大陸のテーマ
♪勇気100%
♪青春の輝き
♪上を向いて歩こう
♪花は咲く
♪となりのトトロ(アンコール)

ボクは休みなので余裕なんですが、かみさんが前半休しか取っておりませんでしたので、演奏終了後かみさんと一緒に仙台に戻ります。芋煮の振る舞いがあったのですが、時間の都合で頂けませんでした…残念です(涙)

■11月3日(金・祝)
翌日がブレーメンの企画コンサート本番ですが、日中は何も予定がありませんので、先週の本番で知った「岩沼ひつじ」を見に行くことにしました。総勢16頭ですが、市内でのイベントで出張したりしているようですので、日によって頭数が変わります。

ひつじさんはあまり人に対して警戒心を抱くことはないようですが、性格に個人差がありますので、草を与えるとがっつく子がいたり、関心を示さない子がいたりと様々です。見ていても飽きませんでしたので、しばらく眺めてから帰りました。

■11月4日(土)
企画コンサートVol.3の本番当日です。ボクらにとって初めての企画コンサートになる今回は「ブレーメン動物園へようこそ!」と銘打ち、動物とか生き物にまつわる曲を揃えてお送りします。お品書きは以下の通り。

♪動物戦隊ジュウオウジャーのテーマ
♪楽器紹介「山の音楽家」
♪象【動物の謝肉祭より】
♪森の奥のカッコウ【動物の謝肉祭より】
♪Memory
♪日本昔ばなしセレクション
♪ありがとう
♪森のくまさん、スーザに出会った
♪Believe(アンコール)
♪蛍の光(アンコール)

本編ではボクが編曲したものも2曲(当初は3曲の予定でしたが)演奏させて頂き、本編前の金管アンサンブルでもボクが編曲したものを2曲演奏したりと変化がありました。全体的には5月の演奏会よりも演奏に手応えがあり、集客も過去最高の100人超えと言う快挙を達成しましたが、演奏についてはまだまだ改善の余地があります。

次回の定演は来年5月の予定ですので、準備をしっかりして少しでも良い演奏が出来ればと思っています。

■11月5日(日)
この日は特に予定もありませんので、昼前から何となく南方面に出掛けます。走りながら相談し、今まで行った事のない白河でラーメンを食べることにしました。とは言うものの、どこに行くのが良いのか見当が付かないまま、主要幹線道路沿いにあるショッピングセンターの中にある店に入りました。

白河ラーメンと喜多方ラーメンの違いがいまいち分からなかったのですが、白河は太縮れ麺、喜多方ラーメンは中太縮れ麺と、麺の太さが違っており、スープは店次第のようです。なので、食べた感じでは白河ラーメンでどれくらいのランクになるのかは分かりませんでした。次回行く事があれば、一番人気の店に行こうかな。

帰りには少し寄り道をして須賀川の東にある福島空港に寄りました。須賀川はウルトラマンの生みの親である円谷英二氏の出身地であることの関連か、福島空港は全館ほぼウルトラマン関連の装飾で溢れています。小さな空港ですが、見ていてなかなか面白いと感じました。

-----

ここしばらく、ゆぅちゅうばの活動で思い悩むことが多くありました。結果として、ゆぅちゅうばのブレーン的存在の方が離れていきました。そのため一時は解散を考えましたが、一旦活動を停止し、活動を継続したい人で仕切り直すことにしました。

その過程でも様々な理由でゆぅちゅうばを離れたメンバーがおり、大分メンバーも少なくなりました。来年に予定されていた、たがじょう金管まつりファイナルへの参加も断念し、仙台ユーフォニアム・テューバフェスティバルへの参加も一旦辞退したままです。たがじょう金まについては開催中止になってしまいましたが、仙台ユーフォニアム・テューバフェスティバルについては何とか参加出来るようにしたいと思っています。

週末いろいろ
2017-09-11
職場は大学の長期休暇が終わりましたので、ブレーメンの通常練習(金曜日)にはほぼ出られない身分になりました。仕方ありませんので今月から11月の演奏会までの追加練習(土曜日)で頑張ることになります。

■9月9日(土)
仕事が終わってからブレーメンの追加練習に出掛けます。この日は木管セクションのメンバーが全員お休み、金管&打楽器セクションのメンバーが殆ど勢揃いと言う事もあって、珍しくボクの進行で秘密の練習をしました。

この日は初回の練習でありますので、配布した譜面の構造について説明を加えつつ、合奏をバラしたり、組み直したりしながら、中身の理解を深めてもらえるように心掛けつつ進めてみました。何となく吹くのに比べて、そこそこメリハリもあって、楽しんでもらえたかな、と思っています。

■9月10日(日)
仙台市中心部では定禅寺ジャズフェスが開催され、街中が音の洪水となっておりました。ゆぅちゅうばのメンバーが参加しているバンドの出番が11時からだと言うので、見に行くことにしました。去年も見に行ったんですが、ライブ運びがとても安定していて、演奏が壊れても戻りが早い(笑)退屈せずに過ごさせてもらいました。

終わったらそのままイズミティへ移動します。午後から吹奏楽コンクールの東北大会を見に行くためです。ボクはそもそも出ていませんし、かみさんも県大会でお勤めは終わっていますので、東北大会に参加するお友達を応援する目的です。いわゆる高みの見物です(笑)

殆ど全団体の演奏を聴いたのですが、さすがに各県の予選でふるいに掛けられていますので、これは話にならないと思う演奏はありませんでした。聴いた感じで音色が薄かったり、音楽の流れに問題がある所は大体銅賞、もうひと味足りない所は大体銀賞になっているように感じました。もちろん、金賞でも「これのどこが!」と感じる所もありましたが。

それでも、普段は他県に住んでいるお友達との再会が出来ましたので、すっかり満足して帰宅したのでした。

夏の終わり
2017-09-02
■8月5日(土)
5月の定演以来お休みしていたブレーメンに復帰します。この日は七ヶ浜町の代ヶ崎浜(よがさきはま)で夏祭りがあり、ブレーメンはそちらで演奏します。しかしみのるは練習なしの本番ぶっつけ(爆)

もちろん、何も準備せず丸腰の状態で本番に臨むなんて恐ろしくて出来ませんので、事前に自宅でサイレントブラスの力を借りてちょぴっと練習します。とは言え、出来るのは個人練習だけ。合奏なしはちょっと心配です。

会場は文字通り港のすぐそばでして、仮設で組んだステージの周囲に大漁旗が付けられていて、大型のテントのようになっています。お品書きは以下の通りです。

♪上を向いて歩こう
♪少年時代
♪となりのトトロ
♪川の流れのように
♪負けないで
♪涙そうそう(アンコール)

終わってからは、出演を依頼頂いた方のお宅でお食事を頂き、お酒まで付けて頂いて、何だかプチ飲み会の様相を呈していました。いやーんめがった(笑)

■8月6日(日)
かみさんとブレーメンのメンバーがPWOのお手伝いと言う事で、コンクールの県大会に出ますので、ボクはその同伴みたいな感じで出掛けます。結果的に、職場・一般団体の演奏は全部聴きました。代表は聴いた感じで察した通り、名取さん、泉さん、ウインドさんでした。ウインドさんは地区の時より結構詰めた感じで、大分色々考えて音楽を作った印象が強かったです。

石巻さんは聴いた感じで良い線行っているなあと思ったら、しばらくぶりの金賞でした。PWOは「らしい」演奏でしたが、結果としては残念ながら銅賞でした。前の所属団体は一昨年、昨年に続き銀賞でしたが、音楽的には何をしたいのか分かりませんでした。楽団の中心の人は何らかの確信があるのかも知れませんが、演奏を聴く限り大して何も考えずに迷走しているだけのように感じます。

何はともあれ、自分に関係のある吹奏楽コンクールが終わりました。関係の皆さん、どうもお疲れさまでした。

■8月8日(火)
ブレーメンで仙台市内での本番があると言うので、仕事の休みをもらって参加してきました。事前の練習はなく、自分で譜面をざっと眺め、演奏上支障のありそうな所は音を変えるなどの準備をしてきた…はずなのですが、一部準備をしていなかった曲があり、演奏しながら音を変えたり何だりしていました(苦笑)。お品書きは以下の通りです。

♪たなばたさま
♪星に願いを
♪蘇州夜曲
♪見上げてごらん夜の星を
♪あの素晴らしい愛をもう一度
♪時の流れに身を任せ
♪川の流れのように
♪また会う日まで
♪ふるさと(アンコール)

■8月11日(金・祝)
今年は夫婦でこの日から16日まで揃って夏休みです。初日のこの日は、きなこちゃんと連れだって七ヶ浜国際村に行きました。かみさんときなこちゃんのお師匠さんが指導&演奏で関わるコンサート、「Groove7&マリンバファンタジーwithもっきんバンド」を見るためです。Groove7はマリンバとジャンベを中心にしたパーカッションアンサンブルですが、これを見る度にかみさんの「ジャンベ欲しい熱」が最高潮になり、終わると少しずつ下がっていくのです(笑)

■8月12日(土)
折角の長い夏休みなので、どこか旅に行きたい!と思って夫婦で色々検討した結果、時間はあるものの予算が追いつかないと言う事で、2泊3日で新潟&福島ツアーに出掛けることにしました。初日のこの日は東北道から磐越道に入り、まずは新潟を目指します。

最初に立ち寄ったのが「ばかうけ」でお馴染み、株式会社栗山米菓の敷地内にある「新潟せんべい王国」です。お子様やご家族向けに色々な体験メニューがあるのですが、そこそこ繁盛している様子でしたので、「ばかうけに粉を振って味を付ける」体験をしたあと、職人さんがせんべいを手焼きしているのを見てから、お土産で新潟限定ばかうけセットなどを大量に購入して移動します。

お次は新潟市中心部を通って新潟港界隈に向かいます。「佐渡廻転寿司 弁慶」と言う回転寿司に入ろうとしましたが、混んでおりましたので、近くにある「別館 立食い弁慶」に入りました。こちらで頂いたのが、一番高い一皿(2貫)520円ののどぐろと本マグロ、そして130円のカワハギです。これが実にウマイ!でもこれでは腹の足しにはならないので、近くにある新潟漁協の「地魚工房」に行きました。大半が売り切れになっておりましたので、数少ない残りのサーモンイクラ丼とブリの照り焼きを2人で分け合いながら食べたのですが、どちらもこれまたウマイのです。

この後も色々な所に寄ろうと思っていたのですが、結構時間が押しましたので、越後湯沢の近くにある、この日の宿に直行することにします。しかし途中で事故渋滞に巻き込まれ、到着が予定より30分押しになりました(苦笑)

■8月13日(日)
9時半に宿を出発し、越後湯沢駅に向かいます。ここの中に「ぽんしゅ館」と言うのがあります。500円で5銘柄の利き酒ができて、やる気になれば県内の93酒蔵の利き酒も出来るというのですが…2人で交代しながら車を運転しますので、利き酒は断念し、目に付いた酒をちょっと買って撤収します。

この後は十日町まで北上してガソリンを入れ、魚沼を経由して国道252号線で福島県に入ります。金山町にある母方のお墓参りをするためです。墓参りを済ませてからは、早々に南会津にあるこの日の宿に向かいます。

到着し早々に夕食ですが、家族経営のペンションと言う事もあり、奥さまが料理を一手に引き受けていますので、少しずつお料理が出されるのですが、全部手作りで美味しい!終わってからはご主人が買い集めた楽器で演奏のご披露です。一番目を引いたのがアルプホルン。G♭管と変わった調性なのですが、自分のマッピを突っ込んで吹いてみると結構イイ音がして病みつきになります。

■8月14日(月)
旅もいよいよ最終日です。ここから会津若松に向かいますが、途中に大内宿へ向かうルートがありますので、渋滞しないか心配しつつ早めに出発します。途中会津鉄道の芦ノ牧温泉駅に寄ってねこの駅長と施設長に会って来ましたが、全く渋滞には当たらずに会津若松へ到着しました。

ここでは恒例のあわまんじゅうを食べ、お昼を食べ、ここぞとばかりにお土産を大量購入し、お次は福島へ向かいます。福島では父方のお墓参りを済ませ、飯坂にある農家カフェ「森のガーデン」に向かいます。桃のパフェを頂いて、最後は白石に向かいます。

お盆の真っ最中ですが、越河(こすごう)駅前で地区の夏祭りがあり、白石市吹が演奏するということで、ブレーメンの演奏会を手伝ってくれるメンバーもいるので、演奏を聴いて行く事にしたのです。雨天中止と言う話でしたが、演奏場所をテントの中に移し、小雨決行していました。演奏終了後、2人のメンバーに声を掛け、一路仙台へ戻ったのでした。

■8月20日(日)
ブレーメンの本番&芋煮会のため、岩沼に向かいます。会場に入る前にアクシデントがあり、ボクが激高する結果になってしまいました。演奏はこなしたものの、芋煮会はドタキャンしてさっさと家に帰ってしまい、関係の皆さんには色々とご心配をお掛けする事になってしまいました。お品書きは以下の通りです。

♪ファンファーレ
♪いつでも夢を
♪上を向いて歩こう
♪A列車で行こう
♪少年時代
♪川の流れのように
♪となりのトトロ
♪負けないで
♪涙そうそう(アンコール)

■8月26日(土)
宇都宮にお住まいのお友達が、餃子を円盤餃子風に並べて焼いている写真を出していたので、無性に円盤餃子が食べたくなりました。思い立ったら一路飯坂に向かいます。飯坂で一番繁盛しているお店は大体1時間半待ちで店内に入り、円盤餃子を無心になって食べます。ラーメンも食べたのですが、円盤餃子があるからオマケ的に許容されるものの、単品では食べるに値しない事が分かりました(苦笑)

■9月1日(金)
暑気もすっかり払われたこの日、ブレーメン有志での暑気払いと言う飲み会が開催されました。ボクは仕事が終わり次第、急いで帰宅して洗濯物や台所を片付けたりします。

かみさんは仕事で色々トラブルがあったようで、最終的には飲み会開始より少し遅れての参戦となりました。色々な話に花を咲かせたのですが、積もる話を捌くには2次会まで使っても時間が足りませんでした(苦笑)

散々なことがいっぱい
2017-07-16
■5月29日(月)
この日は休みでしたので、かみさんを会社に送り、それから歯医者に行くつもりでした。しかし、かみさんを会社の前で下ろして帰宅する道すがら、信号に従って交差点を右折しようとした所、信号無視で突っ込んで来た車に左前方から衝突され、辛うじて現場から路肩へ自走は出来ましたが、最終的に経済的全損と判断され、廃車となりました。

加害者側の保険会社が某N火災だったのですが、実に酷い対応をされました。細かく書くと訴えられる危険もありますので控えますが、こちらが過失なしだったにも関わらず本当に大損でした。

未だにむち打ちの痛みが残ることもあり、整形外科通いを続けております。まっとうな慰謝料をもらえますように。

■6月15日(木)
ボクがPWOと若吹時代に大分お世話になったダンディ氏の奥さまから、前日朝にダンディ氏本人が突然亡くなったと連絡がありました。ただ、あまり交友関係を把握していなかったのでどこに連絡すれば良いのか分からないので教えて欲しいとのことでした。

翌日の金曜日に火葬だと言うこともありましたので、当日の夜にお宅へ伺いました。持病も闘病もなかったダンディ氏の寝顔は実に安らかでした。微笑みを浮かべているようにも見えました。ご夫妻はボクらが結婚してから数ヶ月後に結婚しましたので、本当にお似合いの夫婦でしたが、6年余りで夫婦生活が終わってしまいました。実に残念です。

■6月18日(日)
ダンディ氏の葬儀に出掛けてきました。PWOの関係者、若吹で縁のあった人達が大勢集まりました。彼の人徳を思えばこれぐらい集まって当然かなと思いました。葬儀の中で生前にお付き合いのあった方から、お別れの挨拶がありましたが、いずれの方も彼の誠実な人柄、丁寧な仕事ぶり、そして奥さんに対する深い愛情を語っておられました。そりゃあそうだよ。

あと何年か後にあちらの世界に行く事になったら、彼と性懲りもなく変なことをやって遊びたいです(笑)

■6月24日(土)
廃車になりました先代の車(Life)に代わりまして、N-WGNがめでたく納車になりました。かみさんは色は何でもイイとの事でしたが、折角なのでボクの要望でパールブラウンにさせてもらいました。ブラウン系は女子に人気の色らしいですが、選んだのはオッサンのボクです(笑)

夜はかみさんが女子会だと言うので、ボクはハンドルキーパーとしてお邪魔しました。(ボクが参加している時点で女子会と言うのか疑問が残りますが、そこはそれ)

■7月1日(土)
夕方までの仕事を終えてから、大河原のえずこホールに向かいます。翌日にえずこウインドさんの定演があり、ボクは裏方で照明のお手伝いをすることになったためです。一緒にお手伝いをした方が楽団を休団中で、もうすぐ休団満了で退団すると言う方なんですが、何だかゲホンゲホン(以下略)

■7月2日(日)
えずこウインドさんの定演当日です。実はここの楽団、宮城ではお馴染みのフリーパーソナリティである佐藤育美さんが在籍していまして、演奏も司会もやっちゃうんです。で、ボクの仕事の大半は育美さんがアナウンスする時にピンスポを当てることなんですが、なかなか難しく(苦笑)

頂いた謝礼は夫婦で安いステーキを食べるために散財したのでした(笑)

■7月6日(木)
ウチでは基本的に民放はあまり見ないのですが、ケンミンSHOWは割合見ることが多いです。その中で発覚したのが「納豆餅は全国区ではない」と言う事実。かみさんは納豆餅が全国共通の食べ物と信じて疑わなかったらしく、その事実に相当納得が行っていないようでした。でもね、事実は曲げられないの(笑)

■7月16日(日)
かみさんとブレーメンのメンバーが、コンクールでPWOのお手伝いをすることになりまして、この日は地区大会の当日です。朝も早くから練習らしく、ボクは練習の終わりに合わせて合流すべく、地下鉄東西線の青葉山駅に向かいます。

それから会場の市民会館に向かい、演奏を見届けます。色々と心配材料があったのですが、とりあえず地区代表になったようで何よりです。この日はコンクールのスケジュールが変則となっており、昼過ぎまでが仙台青葉・泉の地区大会、それ以降が仙台宮城野・若林・太白の地区大会となっておりました。

仙台宮城野・若林・太白の地区大会では職場・一般部門で知り合いが多く出ており、演奏を一通り聴いてから閉会式で結果を聞きました。まあ何一つ疑問も出ない結果でした。

■7月17日(月・祝)
一日何も予定がないことから、夫婦で揃って山形に出掛けてきました。お目当ては腰掛庵のかき氷です。大分人気がありますので、朝の7時前に出発しまして、9時に山形の現地へ到着し、整理券をもらってから朝ご飯を食べに出掛けます。

その後天童市内の遺跡をちょろっと見に出掛け、昼過ぎにかき氷を食べに戻ります。何度食べても実に美味です。相当の量ですが、頭にキーンと来ないのでずっと食べ続けることが出来ます(笑)

----

上記とはほぼ関係ありませんが、最近ある事に非常な憤りを感じておりまして、この際一気に放り出してしまおうかと思っている事があります。現段階で公にするのは時期尚早ですので控えますが、放り出す事になったら各所に大きな影響を与える事になりますので、何らかの形でお知らせするようにします。

5月は盛り沢山
2017-05-28
4月に入ると、会社が通常稼働に戻りますので、ブレーメンの金曜練習には出られなくなります。ただ、5月の定演までは土曜の追加練習がありますので、そちらにだけ参加する日々を送るようになります。

■4月9日(日)
翌週に大河原で本番なのですが、時期柄一目千本桜が満開になる見通しのため、国道4号線経由で向かうと渋滞にやられると考え、村田経由で向かうルートを確認するために朝早く出掛け、午後は船岡城址公園にしばた桜まつりを見に出掛けました。

桜の開花状況としてはまあまあぼちぼちといった感じ。スロープカーで上まで上ると、周りの景色がよく見えまして、良い感じです。しかし、スロープカーで下ると何やら救急車が公園内まで入ってきておりまして、大分戦慄を覚えます。最終的には特段何事もなく、救急車もほどなく帰って行きました(笑)

■4月16日(日)
宮城県南部から仙台界隈は大体桜が満開になりました。この日は大河原で午前と午後の2回公演です。大河原町社会福祉協議会の建物内に、「Cafe de Lien」と言うカフェがオープンしたので、それに伴って演奏してほしいと言う事で行って来ました。お品書きは以下の通り。

♪勇気100%
♪翼をください
♪春よ来い
♪上を向いて歩こう
♪青春の輝き
♪川の流れのように
♪ふるさと
♪糸(アンコール)

いつものようにテュービストがおりませんので、ボクはバスクラの譜面をちょっと改造して吹いたり、ユーフォとテューバの譜面をミックスして吹いたりしていましたが、冒頭の「勇気100%」は手元にユーフォの譜面しかなく、そのまま吹くと非常に寂しい感じになりますので、ユーフォの譜面からテューバの譜面を類推して吹くと言う恐ろしいことをやっていました。

で、午前中はまあまあの出来だったのですが、午後には大分お疲れさん状態になりまして、満開の桜を愛でる余裕なぞなく、かなりヘコヘコな状態で仙台へ帰ったのでした。

■4月29日(土・祝)
今年のGWはカレンダー通り、土曜日は祝日と被らない限りお休みではございません。この日は夫婦で大和町に住むお友達夫妻のお宅に遊びに行って来ました。こちらの長男(2歳8ヶ月)はコミュニケーションも取れるようになり、おじちゃんとおばちゃんも遊んでもらいました。帰りにはホームセンターで楽団のドラムを載せるゴムマットを買って練習に向かったのでした。

■4月30日(日)
この日は御朱印を頂きに金蛇水神社に行って来ました。お腹が空いたねーと思って駐車場脇の工房水神そばで蕎麦を頂いていると、エフエムいわぬまの番組表を発見(ぉ)

何気なく見ていると、ウチの楽団の代表がパーソナリティをやっている番組を発見!これ以降、「ネットラジオで番組を聴く→練習の時に軽く弄る」と言うスパイラルが発生することになります(笑)

■5月3日(水・祝)
職場関係の知り合いの子が出演すると言うので、みちのく森の湖畔公園に仙台verduresの演奏を見に行きました。この日は園内に入るまでにしばらく時間がかかり、午前中の出演は後半位しか見られませんでした。それから持って行ったお弁当を食べ、園内を広く徘徊してから午後の出演を見て帰りました。

■5月4日(木・祝)
たがじょう金管まつりVol.9本番当日です。いつもは課題曲と自由曲をやって終わりなのですが、今回は「テーマはナインだべ?」と言う事で、「9」にまつわる曲を演奏するステージを立てる予定だったのです。

しかし諸般の事情によりこの企画はお蔵入り。でもせっかくだからこの企画のために書いた曲を演奏したい!と言う事で、自由曲の後に追加することとしました。と言う訳で、お品書きは以下の通りです。

【課題曲】マーチ「夢と勇気、憧れ、希望」(内藤淳一)
【自由曲】「古いアメリカ舞曲による組曲」より1.cakewalk、5.Rag(ロバート・ラッセル・ベネット)
【お代わり】あずさ2号(都倉俊一)

「あずさ2号」は兄弟デュオ「狩人」の代表曲ですが、今回の演奏では1コーラス目に仙台高校同窓生の2人を「女狩人」としてフューチャーし、2コーラス目にユーフォの男性2人を「おっさん狩人」としてフューチャーすると言う暴挙に出ました。その意図はいまいち伝わらなかったようですが、ゆぅちゅうばの隠れた一面を晒す事に成功したと思います。

なお、次回の金管まつりは2018年4月15日開催です。10回目になるんですが、様々な事情によりこれでファイナルとなります。有終の美を飾るため、ゆぅちゅうばも尽力したいと思います。

■5月13日(土)
ブレーメンの3回定演当日でございます。土曜開催のため、お仕事は予定休を頂いておりました。この日は生憎の雨、雨、そして嵐。朝っぱらから雨バラバラ、日中になるにつれて更に荒れ出したようです。困ったものです。

会場の岩沼市民会館中ホールはいわゆる反響板の類がないため、左右の壁に当てるように吹きますが、壁が離れているためあまり吹いている感じがしません。会場に慣れていないこともあり、あまり調子が良くありません。お品書きは以下の通りです。

【1ステ】吹奏楽オリジナル
♪スプリングフィールド(広瀬勇人)
♪うつくしの島(広瀬勇人)
♪明日へ吹く風(和田直也)

【2ステ】ポップスステージ
♪When your Heart Makes a wish
♪勇気100%
♪おどるポンポコリン
♪翼をください
♪津軽海峡冬景色
♪夜桜お七
♪ふるさと

【アンコール】
♪糸
♪オーメンズ・オブ・ラブ

総括すると、自分の演奏はダメだったけれど、とにかく楽しかった(笑)演奏の中身はと言うと、音の大きな人が色々支配してしまっている気がするので、そこをもう少し気を遣うとブレーメンの良さが出るんじゃないかと思っています。私見ですが。

次の大きな演奏会としては、11月4日(土)に「企画コンサートVol.3『ブレーメン動物園へようこそ!』」を岩沼の玉浦コミュニティセンターで開催します。フィルハーモニアの今年の定演と同じテーマですが、大分違うアプローチになると思います。ちょっと手前味噌ですが、ボクの編曲作品も演奏される予定です。

■5月27日(土)
ゆぅちゅうばメンバーのせとさんと奥様が挙式と披露宴をされると言うので、ゆぅちゅうばメンバーwithオイちゃんで演奏も兼ねて参加させて頂きました。演奏曲は以下2曲です。

♪ありがとう(いきものがかり)
♪糸(中島みゆき)

練習は金管まつりが終わってから日程を組んでやりましたので、正直十分ではありませんでしたが、大きな事故もなく、皆さんからの評判もよかったようなので、首謀者としてはひとまず安心しています。

これでゆぅちゅうばの2016年度は終わり、2017年度の活動に向けての準備を少しずつ進めて行くことになります。

次の居場所を見つけました
2017-03-26
2月からの事になりますが、岩沼にある「ウィンド アンサンブル ブレーメン」と言う楽団に夫婦でお世話になっています。楽団としての課題とかはまあそれなりに色々あるんですが、ボクら夫婦が活動内容とかポリシーに共感したのが、入団の動機です。あと、人数が少なく、パートが欠損したりもしますので、そこの穴をいかにして補うかと言うのも楽しかったりします。管楽的な。

■3月5日(日)
ブレーメンでの初本番です。去年の松陵ふれコン以来、半年近く本番やってなかったんですねー。びっくりです。会場は岩沼の老人ホーム「ルポたけくま」。昨年末にクリスマスコンサートをして以来、2回目となります。今回はひなまつりコンサートと言う位置づけです。お品書きは以下の通り。

♪宇宙戦艦ヤマト
♪エルクンバンチェロ
♪上を向いて歩こう
♪津軽海峡冬景色
♪翼をください
♪夕日メドレー
♪ふるさと
♪糸(アンコール)

■3月18日(土)
かみさんが古川シンフォニックウインズ会員としての最後の仕事として、62万石吹奏楽祭に出ると言うので、かみさんを含め関係者の送り迎えなどをしつつ、本番を見に行きました。

これでかみさんは、古川シンフォニックウインズならびに吹奏楽連盟とはお別れとなります。ただ、活動拠点が変わるだけですので、引き続きお付き合い頂ければと思います。

■3月19日(日)
午前中にゆぅちゅうばの練習をしてから、午後はブレーメンの本番に向かいますが、本番に何とか滑り込みセーフで、大分肝を冷やしました。会場は日本キリスト教団の岩沼教会です。お品書きは5日の分とほぼ同じです。

会場となった礼拝堂はとても響きがよく、気持ちよくガリガリと吹かせてもらったのでした(笑)

■3月20日(月・祝)
第11回仙台ユーフォニアム・テューバフェスティバル当日です。午前中はコンテスト部門です。最近は小中学生もユーフォやテューバのソロや、バリチューバアンサンブルをやるようになったようで喜ばしいのですが、演奏している姿に強い違和感を覚えるチームがありました。

アンサンブルが全く成立していないのも気になりましたが、演奏者同士全くコンタクトを取っていなかったり、演奏者同士がお互いに無関心っぽいのが見て取れました。大方誰かに勧められてコンテスト部門に出て来たように感じられますが、コンテストに出るよう勧める前にもう少し大切な事に目を向けるべきだったのではないかと思います。

ボクらEu♨Tubaの本番は夕方前からでした。今回のお品書きは以下の通りです。演奏は小さい事故が所々ありましたが、全体的な雰囲気はまずまずでした。

【課題曲】マーチ「夢と勇気、憧れ、希望」(内藤淳一)
【自由曲】「古いアメリカ舞曲による組曲」より1.cakewalk、5.Rag(ロバート・ラッセル・ベネット)

■3月26日(日)
しばらくぶりに夫婦揃って丸一日予定のない休日になりました。かみさんの提案で、花巻のマルカン大食堂で名物のソフトクリームを食べよう!と思い立って出掛ける事にしました。ただ、片道3時間でこれだけってのもあんまりですので、途中前沢インターに立ち寄って前沢牛ねぎまを食べたんですが、これが旨いの何の(笑)

----

さて、今後の予定ですが、Eu♨Tubaでは5月4日(木・祝)にたがじょう金管まつりVol.9、ブレーメンは5月13日(土)に定期演奏会を控えています。会場は岩沼市民会館の中ホール、13時半開場/14時開演、入場は無料です。今回の演奏会のためにボクはユーフォ、バリトン、テナーホーンの3種類を持ち替える事になりましたので、目下練習と持ち替えに目を白黒させております(苦笑)

2017年も宜しくお願いいたします
2017-01-30
2017年が明けて1ヶ月近く経ちましたので今更のような気もしますが、今年もどうぞ宜しくお願いいたします。

■1月1日(日)
双方の実家への挨拶は年末のうちに済ませておきましたので、朝からお出掛けです。今回は鶴岡方面への2泊3日の旅です。この日は鶴岡の宿に到着する以外はノープランでしたので、のんびり仙台を出発し、まずは古川を経由して新庄方面へ向かいます。

14時位に戸沢村の最上川船番所へ到着します。元旦から船下り目当ての観光客が沢山おりますが、よく見ているとツアーの団体客ばかりです。個人で船下りにやってくる人はごくわずかでして、川下り船の定員約60人に対し乗船したのは10人余りでした(笑)

のんびりゆったりと川下りを楽しみ、あとは一路鶴岡に向かいます。鶴岡はそれ程大きな町ではないのと、何分元旦ですので、夜にやってる飲食店がとても少ないんです(苦笑)ネットで調べても良く分からず、かみさんに色々当たってもらって見つけた店でしっぽり飲み食いして、この日は終了です。

■1月2日(月)
朝食はホテルで頂きました。何せ新年ですのでお雑煮が出ていたんですが、鶴岡のお雑煮って岩海苔をたっぷり載せるのが特徴なんですって。生まれて初めて知りました。では、今回の旅の目玉にしている加茂水族館へ行って来ます(笑)

加茂水族館と言えばクラゲで有名ですが、クラゲがいっぱい展示されております。いわゆる刺すクラゲは刺胞動物門、刺さないクラゲは有櫛動物門に分類されていて、前者が殆どなんですって。お次は人数限定のバックヤードツアーに滑り込みで参加させてもらいました。水槽の裏を巡って、飼育にあたっての工夫や裏話を伺います。最後はアシカさんと記念撮影をさせて頂いて終了です。

一通り館内を見たあとはまたノープラン行動を開始します。お昼は道中で食べましょうと言う事で、庄内空港に向かいます。館内にレストランがあるようなのですが、実は平田牧場のみ(苦笑)よってこちらで頂くことにしますが、美味しかったので満足し、ひたすら南下します。

南下中、天候は晴天だったり荒天だったりと目まぐるしく変化します。出来れば日本海に沈む夕日を見たいなあと思うわけですが、新潟の村上市まで南下しても天候が回復しませんでしたので、諦めて今晩の宿である山形まで戻ったのでした。

■1月3日(火)
宿で朝食を頂いて出発です。この日も特にノープランでしたので、山形県物産館でお土産を購入し、お昼位には帰途に着き、翌日からの仕事に備えたのでした。

現在は仙台ユーフォニアム・テューバフェスティバルとたがじょう金管まつりに向けての練習をしつつ、どこの楽団に入ろうか思案しておりましたが、かみさんが62万石吹奏楽祭をもって古川シンフォニックウインズを辞める事にしたそうです。

何でと訊いたところ、理事になってどんどん改善のための意見を上げたいと言っていたんだけれど、結局理事の補佐の打診しかなかったので、この楽団で自分が出来ることもやりたいこともなくなったので、とのことでした。

まあ一部の人達が大して何も考えずに、やりたいようにしかやらない楽団ですから、いずれ立ち行かなくなるのを待つしかないんでしょうね(爆)

Powered by XOOPS Cube Legacy 2.1.8  Theme Design by OCEAN-NET
copyright (c) 2003 All rights reserved.