XOOPS Cube Legacy 2.1.8 NEWS   DOWNLOAD    
ACCOUNT PRIVATE MESSAGE  
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失


メインメニュー


2019 年 11 月
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


Search
::: 最新の15件を日付順に表示しています :::
転職活動、終わり
2019-11-05
■9月15日(日)
「『十符の里−利府』フェスティバル」という結構大掛かりなイベントがありまして、かみさんがメンバーの「どれみ隊」も演奏とワークショップで参加すると言うので、ボクは同伴と言うかワークショップのお手伝いをしてきました。

朝は早く8時前に現地に入り、テント張りや楽器並べなどを手伝います。10時からのワークショップは、楽器の手作りと、様々な楽器体験の二本立てなんですが、ボクはかみさんと一緒に後者の呼び込みをやっていました。デモっぽく楽器を叩いていると、意外に人が寄ってきて、大人も子供も叩いて行ってくれました。

演奏の時間も近づいてきましたので、ワークショップは13時半に終了したのですが、それから楽器を片付け、ワークショップの片付けを手伝っているうちに15時位になりました。結構疲れましたが、がんばりました(笑)

■9月16日(月・祝)
会社でお世話になっている方へのプレゼントを買いがてら、国道114号線を走破しようと思い立ち、のんびりと福島方面に向かいます。まず、福島市の仲間町交差点から国道114号線に入ります。ひたすら山道を走っていくと、浪江町に入ります。ここは震災による帰還困難区域が残っており、国道沿いには立ち入り不可のバリケードが張られている所が見受けられ、胸が締め付けられる思いがします。

浪江の中心部を抜けて国道114号線の終点から国道6号線に入り、「みそ漬処 香の蔵」でプレゼントを購入して仙台に戻ったのでした。

■10月12日(土)
台風19号が強い勢力を保ったまま、東北にも接近して来ました。21時頃になると、ボクらの地域にも避難指示が出ました。何事かあるかも知れないと考え、空振りになるかも知れないと思いながらも避難所に移動しました。避難している人はそう多くありませんでしたが、認知症の母親が支離滅裂な行動をしていても放置する人や、夜中にわざわざラジオを点けて聴き出す非常識な人が目に付いて困りました。

本当は避難指示が解除されるまで避難すべき所でしたが、27時頃に雨風が収まったのを見計らって帰宅したのでした。その後、被害に繋がるような事はなく、一安心でした。

■10月14日(月・祝)
9月に続き、のりさんのジャンベ教室に参加すべく、水沢に行って来ました。元々何人か参加予定だったそうですが、台風の影響でキャンセルした方が多く、結局参加者はボクら夫婦だけでした(笑)

前回は結構アレできない、コレできないとがっかりしたものですが、2回目にもなると何となく見えて来た感もあって、少しずつ叩けるようになりました。もちろんまだまだですけども。

----

2月から始めた転職活動も、半年を経過しても芳しくない状態が続いていました。やはり、正社員雇用や紹介予定派遣のように、ボクには高いハードルを狙っていたためかと思います。そこで、10月後半に入ってから、一般派遣で年数を稼いで無期雇用派遣に移行するのが一番現実的ではないかと思うようになり、シフトチェンジをした所、前職の最終日目前で転職先が何とか決まり、今日はその初日でした。資金繰りが落ち着くのは年末辺りになるかと思います。

夏休みも終わり
2019-09-16 敬老の日
8月10日に始まったお盆休みから今週末まで駆け足で振り返ります。

🔳8月11日(日)
打楽器アンサンブルのコンサートを見に、七ヶ浜国際村に行きました。かみさんの打楽器の先生が演奏者の指導や、プレイヤーとして実際に演奏したりと言うのがあり、ここ毎年ご招待を頂いているんです。前半は先生方からの指導を受けて活動しているチームの演奏でしたが、従来に比べてアフリカンパーカッションアンサンブルよりもマリンバアンサンブルの比重が高くなったせいか、練習が追いついていない印象を受けました。

🔳8月12日(月)
お友達が出演する演奏会があると言うので、南相馬に出かけてきました。「フリメゾン ウインドオーケストラ」という楽団でして、南相馬の学校で吹奏楽をやっていた卒業生を集め、週末に集中的に練習をし、この日に演奏会をすると言う趣旨のようです。フリーメイソンやフリーソーメンなどとは全く関係ないようです(笑)

演奏者は地域柄、概ね一定以上の演奏レベルを持っている人が多いようでしたが、いかんせん突貫工事的に練習だったため、楽譜の段やページを間違えたとしか思えないような演奏事故も見受けられ、最終的には演奏者も相当バテバテだったようです。

🔳8月13日(火)
JTBの積立で貯めた資金を使って、泊りがけの旅行へ行く事にしました。色々プランを思案しましたが、数日前から続いていた結膜炎が回復しないと旅行どころではありませんから、最終的には結膜炎が落ち着いてから、近場の山形や福島を1泊で回ることに落ち着きました。

当日は午前中に仙台を出発し、山形市内の喫茶店で昼食を頂き、軽く寒河江までドライブしてから山形蔵王の宿に入りました。それなりの宿代であったにもかかわらず、色々と問題がありましたので、残念ながら次はないなあと思いながら、翌朝に宿を出発したのでした。

🔳8月14日(水)
この日は夜までに仙台へ戻ることだけがミッションですので、これまで行ったことのない、裏磐梯へ向かう事にしました。まずは国道13号線を南下し、米沢の道の駅で少し休憩し、裏磐梯の桧原湖を目指します。調べてみるとこの周辺には良いペンションが多いようですので、機会を見て泊まりたいと思います。

🔳8月25日(日)
かみさんの打楽器の先生からのご招待で、犬や猫などの殺処分を減らす活動に賛同した演奏家のチャリティーコンサートに出かけてきました。コンサートの趣旨はとてもよろしいのですが、音楽の専門的な教育を受けて研鑽を積んできた人とは思えない演奏が多く閉口しました。最後の先生方の演奏は非常に楽しく安心して聞けたので、それまでの記憶をリセット出来たのが救いです(苦笑)

🔳9月1日(日)
以前ソニブラ(ラ・バンダ・ソニド・ブラボー)でラテンジャズに取り組んでいた頃、水沢から参加していたのりさん。今はジャンベのプレイヤーとしても活躍されています。

この日は初心者向けのジャンベ教室を開催すると言うので、かみさんが申し込み、ボクはこっそり同伴することにしました。折角なので、のりさんを驚かせようと思いまして(笑)

朝に仙台を出て、のんびりと4号線を北上します。事前に下調べをしていたので、それほど迷いなく現地近くに到着します。近くのテナントビルで昼食を食べ、会場のカフェに入ります。ボクが来ることなど知らないのりさんは地味に驚き、作戦成功です。

結構丁寧に教えてもらった結果、少しジャンベのことが分かって来たような気がしましたので、また時折参加しようかなと思っています。

----

他にはかみさんに同伴してジャズフェスを見に行ったり、利府の「十符の里フェスティバル」でどれみ隊のお手伝いをしたりしていました。思い立って国道114号線を走破したりもしておりました。一方、転職活動は終わりが見えず、今月に入っても継続しています。あまり焦っても仕方ないですし、焦って転職先を決めようとすれば後々支障を来たす事にもなりますが、かと言って長引くと気疲れするのが正直な所です。

楽器を吹かない生活
2019-08-06
■6月9日(日)
7月に新潟に出掛ける事になりました。それに併せて国道113号線と115号線の走破も企画したのですが、色々と検討した結果、国道113号線は2分割で走破することにしました。

まずはかみさんの調べ物のために、泉区図書館へ。それからしばらく南下しまして、仙台東部道路から常磐道に乗って相馬まで向かいます。国道113号線の終点は相馬にあるのです。ここから113号線を遡り、丸森、角田を経由して白石まで向かい、この日はここまで。あとは仙台に戻ります。

■6月15日(土)
秋田に「秋田金低合奏軍団バークライ」と言うバリチューバアンサンブルの団体があります。何やら活動当時のゆぅちゅうばみたいなことをしているようで気になっておりましたので、演奏会を見に行く事にしました。わざわざ秋田まで。

演奏内容についてはコメントを控えますが、Visual4の皆さんの演奏を基準にして聴いてはいけないのだな、と実感して仙台に帰ったのでした。

■6月16日(日)
ご招待を頂いたので、フィール・ウインド・オーケストラの定演を見に、福島県文化センターへ出かけました。時々見に行っておりましたが、今回が何と20回目の定演なんですって。見た感じ、大半のパートで以前より人数が減っているように感じますが、プログラムは相変わらず重めです。でも、記念の委嘱作品とか変なことをしていないのは好感が持てました。

■7月13日(土)
新潟で「アフリカンパーティー2019」と言うのが開催されるらしく、かみさんが参加してみると言うので、ボクも同行することにしました。まずは仙台から国道4号線で白石まで南下します。そこから先日途中まで走った国道113号線に入り、一路新潟を目指します。

白石から七ヶ宿を抜けて、山形の高畠町に入りましたので、高畠ワイナリーでワインやジュースを買い、そのまま国道113号線を走り、新潟県に入り、日本海沿いを新潟へ向かいます。

そして、国道113号線を大体辿って新潟市内に入り、万代バスセンターのカレーを食べに行きました。なかなか有名ですので、食券を買うのも幾分行列です。出てきたカレーは、トロトロしていて、かなり黄色いです。甘いのかと思って食べて見たら、結構辛くて汗がタラタラ流れます。実際には中辛程度ですので、普通の人なら普通に食べられる位ですが、ボクは辛いのが苦手なので、甘口位が丁度良いのです。

早めに宿にチェックインし、アフリカンパーティーの場所に向かいます。到着しても、殆ど知らない人ばかりで良く分からない場所ですので、会場に入るのに夫婦揃って躊躇します。まあ、最終的には二人でジャンベのワークショップに参加し、以降はダンスのワークショップやライブを眺め、疲れた所で中座し、宿に戻ってパタンQするのでした。

■7月14日(日)
この日の予定は仙台に帰るだけなので、少し寄り道をします。最初に新潟市歴史資料館を見ます。新潟の歴史に触れ、歴史的建造物を少し眺めてきました。最後は新潟ふるさと村でお土産を買ったり、ご当地スイーツの「もも太郎」を食べたりしてから出発します。

帰りは敢えて国道113号線を戻らず、磐越道で会津若松まで移動し、ここでも若干のお土産を購入し、猪苗代から福島を経て相馬に至る国道115号線を走破してから仙台に帰りました。福島から国道4号線に入るのが一番ですが、ここは国道115号線走破のために遠回りするのです(笑)

■7月21日(日)
朝に参議院議員選挙の投票を済ませてから、グリーンピア岩沼に向かいます。かみさんが最近やっているジャンベ教室の発表会&BBQがあるんですって。現地は生憎の雨模様ですが、大きなテントの中でやりますので、雨にも降られず概ね快適です。

11時頃から発表会と言う名前のライブ、13時半頃からBBQです。ライブは前週のアフリカンパーティーの時と同じ時間でしたら、結構変化があり飽きませんでした。BBQはじゃんじゃん焼いてじゃんじゃん食べる結果となり、他の皆さんよりも圧倒的に早く食材を食べ尽くしたのでした(笑)

7月に入ってからは風邪をひいたり、痛風の発作に見舞われたり、先週には結膜炎にかかり、未だに継続している転職活動にも支障をきたす始末です。楽器は6月に入ってからびた一文吹いておりませんが、全く禁断症状のようなものは出ていません。余程楽器を吹くのがしんどいと感じていたのでしょう。

プレーヤー活動終了のお知らせ
2019-06-08
■2月3日(日)
今年最初の本番、亘理町中央公民館まつりです。演奏が終わると会場の片付けです。実はこれが結構骨だったりします(苦笑)お品書きはこちら。

♪銀河鉄道999
♪昭和アイドルコレクション
♪ヤングマン

■3月17日(日)
この日は名取地区吹奏楽祭です。亘理ウィンドは例年岩吹さんと合同演奏しており、今年も3回程の合同練習を経て本番となりました。お品書きは以下の2曲ですが、いずれもあまり休みがない曲のため、演奏中は顎関節に結構負荷がかかり、しんどい思いをします。

♪フラッシング・ウインズ(J.V.D.ロースト)
♪情熱大陸コレクション

■3月24日(日)
2月のケンミンショーで紹介されていた福田パンが食べたいね、と夫婦で話し合って、一路盛岡へ向かいます。盛岡駅近くの店舗に着いたのが11時半前だったのですが、店内で注文待ちの行列がとぐろを巻いておりました(笑)

行列に並んで待ちながら、道中で食べる分と、持ち帰ってウチで食べる分をごっそり買い込みました。結論としては、何を食べても結構うまいです。時間があればまた行きたいと思います。

それから国道106号線で宮古に向かいます。ここは学生時代に泊まり掛けで遠征したことがあるんですが、何だか公民館みたいな所を宿泊場所として当てがわれ、あまり良い思い出がなかったのですが、どこに泊まったのかが長年分からず、心に引っ掛かっておりましたので、ちょっと粘って探してみたものの見つからず、諦めかけた所で発見したのが一番の収穫でした。

また、前日に三陸鉄道リアス線が開業していましたので、立ち寄った宮古駅でもイベントがあり、イベントの最後にあった餅まきの恩恵に預かりました(笑)

■4月3日(水)〜4日(木)
今の職場は10月いっぱいで雇用契約が終了してしまうので、2月頃から転職活動をしています。4日に東京で2社の面接があり、3日の深夜バスで東京に向かい、昼前に1社、午後に1社の面接をしてきました。今だに転職活動をしていると言うのは、まあそういうことです(苦笑)

■4月28日(日)
今年のGWは何と10連休!とは言え、時間はあるものの先立つ金がない(涙)と言うわけで、あまり金をかけないようにプランニングし、1泊2日で奥会津にある母方の墓参りに出かけました。

高速は使わずに行きましょうと言うことで、朝7時前に出発し、山形から米沢を経由して会津若松に向かい、立ち寄り場所の定番である鶴ヶ城会館で昼ごはんを食べ、奥会津で墓参りを済ませ、南会津町の定宿に向かいました。ここのビーフシチューと、赤カブの酢漬けがホント美味しいんです(笑)

■4月29日(月・祝)
朝食を頂き、お世話になった宿を出発します。この日は仙台に帰るのだけがミッションですので、少し足を伸ばし、尾瀬の入り口である桧枝岐村に行ってみることにしました。とは言え、車で走っただけでは大したことは何も分からず、行ける所まで行って折り返す結果になりましたが(苦笑)

■5月1日(水・祝)
元号が令和になりました。折角だから退位された上皇陛下への感謝と天皇陛下の即位をお祝いしようと話し合って、ドライブも兼ねて気仙沼の合同庁舎へ記帳しに行きました。まあ、記帳するだけなら市役所でも良かったのですが(笑)

■5月3日(金・祝)
と言うわけで、泊まり掛けのお出掛けはしない予定だったのですが、宿が取れたら小岩井牧場に行こうかと言う話になり、急遽盛岡駅近くに宿を取って出かけました。夜は宿泊とセットの、ぴょんぴょん舎で焼肉や冷麺のミニコース!美味しくて満足でした。

■5月4日(土・祝)
朝、目が覚めたら唐突に思い立ったのです。八幡平の松尾鉱山跡地を見に行きたいと。ここには昔のアパート群が残っており、「北の軍艦島」と呼ぶ人もいるとか。朝食を食べて宿を出発し、走ること約1時間、目的地を見つけました。敷地内への立ち入りは禁止されているようなので、車道から眺めただけですが、それでも圧倒的な存在感でした。

それから小岩井牧場に行ったのですが、どこに行っても人だらけ、お土産売り場も会計待ちの人だらけでして、園内をそぞろ歩いた後はバーベキューを食べて仙台に帰ったのでした。

----

4月になってから、亘理ウィンドは9月開催の定期演奏会に向けた練習が始まりました。顎関節の具合が良くなく、合奏にちゃんと付いて行けていない感じが強くなりました。それに加え、ゆぅちゅうばの活動を継続する気力の低下もあり、楽器を吹く事に対するモチベーションが保てなくなったこともあり、先月一杯でゆぅちゅうばは活動を終了とし、亘理ウィンドも残念ですが退団の選択をしました。

今後は楽器を吹くつもりはありませんので、プレーヤーとしての活動は終了だと思っています。ただ、音楽に関わっていたい気持ちもありますので、ユーフォニアム・テューバアンサンブル向けのレパートリー開発は手掛けて行きたいと思います。これまでの演奏活動にお付き合い頂いた皆さん、本当にありがとうございました。

2019年になりました
2019-01-18
非常に今更ですが、あけましておめでとうございます。今回の年末年始は最長の10連休!色々思案した結果、正月3日から5日までこれまで行ったことのない茨城県内を広く浅く旅することにしました。それまではあまり出掛けず、大人しく過ごしていました。

◼️1月3日(木)
朝7時位に家を出発し、概ね国道6号線をひたすら南下して行きます。朝ご飯は相馬の道の駅で。12時過ぎに最初の目的地へ到着します。それがJR日立駅なんです。ここ、駅舎の大部分がガラス張りでして、駅の東側には海の上を通る国道6号線バイパスが見られるんです。駅から見えるオーシャンビューみたいな感じで、たかが駅だと思って侮るなかれ、です(笑)

駅ナカのカフェでお昼を頂いて、お次は内陸の「袋田の滝」です。どんな所なんだろうなーと思っていたのですが、到着してみるとバッチリ観光地でした。会津の観光地で例えると、会津若松市内の飯盛山と、下郷町の「塔のへつり」を足して2で割った感じの所でした。普段は豪快な瀑布が見られるそうですが、さすがに新年、滝が7割位凍っておりまして、流れている滝は小ちゃ目でした(笑)

この日は何分移動で時間がかかりましたので、あとは旅の宿がある水戸まで移動し、宿の近くにある水戸の駅ビルで夕食にします。しかし夕食を食べた店が非常に大ハズレでして、宿に戻ってから酒とつまみ、カップヌードルを食べてリセットしました(苦笑)

◼️1月4日(金)
茨城旅行2日目です。宿で朝食を頂いてから出発し、まずは小美玉市へ向かいます。最初の目的地は「おかめ納豆」でお馴染み、タカノフーズ本社工場です。10時から工場見学を予約しているためです。ガイドさんのご案内で納豆の製造過程を見学したのですが、なかなか客いじりもお上手で楽しめました。ちなみに、この工場で生産された納豆は広範囲に出荷されていますが、仙台に流通しているのは県内の工場で生産された製品だそうです。

近くには茨城空港があり、同じく近くには空の駅があります。「空の駅」と言っても「道の駅」とさして変わりません。空港が近いので「空の駅」と称しているのでしょう。ここで昼食に常陸牛のローストビーフ丼を頂いたのですが、帝国ホテルのローストビーフには敵わないものの、なかなかの食感と味を楽しむことができました。

お次は大洗に向かいます。行くまで知らなかったのですが、ここは「ガールズ&パンツァー」と言うアニメ作品の聖地と呼ばれているらしく、所々にガルパンのキャラクターの等身大パネルがあったり、関連グッズも色々な所で売られていました。

最初に立ち寄ったのが大洗磯前神社です。人出が多く、周囲は無造作に駐車する車も多かったので、大洗海岸に車を停めて参拝しました。境内にはガルパンの巨大な絵馬がありました。それから大洗海岸に下りまして、神磯の鳥居を見ました。ネットでは高い波を被っている時の写真が多いですが、この日は天気も良く波も静かで、鳥居の上にはウミネコがのんびりと止まっておりました。

お次に寄ったのは「明太子のかねふく」が運営するテーマパーク、「めんたいパーク大洗」です。しかしながら夕方になるとイートインはほぼ売り切れ、工場見学も本日の生産業務が終わって後片付け中でしたので、お土産を少々購入して撤収したのでした(苦笑)

この日の夕食は、前日の屈辱を晴らすべく「レストランイイジマ」で「茨城堪能御膳」と言うのをちょっと豪勢にしたのを頂きました。常陸牛のサーロインステーキまじ最高です。涙出ちゃいそうになりました(笑)

◼️1月5日(土)
茨城旅行もこの日が最終日となります。前日の夜はメガネをかけたまま寝てしまい、挙げ句の果てにはそのメガネを誤ってボディプレスしてしまい、フレームは強烈に折れ曲り、レンズはそのあおりで割れてしまいました。そのため、この日の予定に急遽「新しいメガネを作る」と言うミッションが追加になってしまいました。

午前中は日本三名園の一つである「偕楽園」を少し散策します。ガチンコで散策すると半日位掛かると思われましたので、散策は程々に留め、徳川ミュージアムをささっと見てから、新しいメガネの作成と昼食のためにつくば方面へ移動します。

必要な用足しを済ませると15時を過ぎましたので、取り急ぎつくばから牛久へ向けて少し南下します。最後のスポットは牛久大仏です。呑気に入って行くと、大仏への最終入場時刻が迫っているらしく、ちゃっちゃと大仏の中に入り、高速エレベーターで地上85mの展望台に上がります。驚いたのは、50km位離れた東京スカイツリーが肉眼で見えたことです。まあ細かい形はわからず、つくしのようにしか見えませんでしたが(笑)

これで初めての茨城旅行を終え、後は一路常磐道で終点の亘理まで戻り、そこからはのんびり下道で帰宅しました。今回は事前に一生懸命旅のプランを練って行きましたので、どこに行くとか何をするとかで悩むことはありませんでした。次回行くのはいつの日か(笑)

7日からは、やや休みボケをひきずったまま社会生活に戻っております。最近はのんびりしたり、旨いものを食べに出掛ける方が楽しいと感じるようになっていますので、楽器を吹くのは必要最小限かなーなどと思いながら過ごしております。

2018年もお世話になりました
2018-12-29
2018年も色々なことがありました。27日で今年のお勤めも終了しましたので、のんびりと今年一年を総括したいと思います。

1.今年の演奏回数

・西原 こどものための新春コンサート(3月)
・第12回仙台ユーフォニアム・テューバフェスティバル(3月)
・アイリス・ブラス・ゾリステン演奏会(4月)
・ウインドアンサンブル ブレーメン第4回定期演奏会(5月)
・荒町の高齢者施設で演奏(6月)
・岩沼の高齢者施設で演奏(7月)
・亘理町文化祭(11月)
・従兄弟の結婚披露宴で演奏(12月)
近年としてはかなり少なく、8件でございました。やはりブレーメンを不当に除名された影響は大きかったようです。

2.今年一年で非常に印象に残ったこと

・生さだの公開生放送観覧に当選
詳細は6月の日記をみて下さい。これでNHKの全国生放送にデビューした次第です(笑)

・ブレーメンから不当に除名される
詳細は7月の日記をみて下さい。ブレーメンの代表とは今後一切関わりませんが、具体的な理由を言わずに一方的に除名したり、かみさんに嫌がらせをして退団に追い込んだり、これまで吹奏楽を通じて出会った人間の中で最も最低な人間であることが分かりましたので、皆さんにはくれぐれも注意して頂きたいと思います。

3.来年に向けて

・茨城へ旅に出る
茨城、今まで行った事がなかったんですよ。なので、2泊3日で旅に出ることにしました。さあ、どんな旅になることやら。

・次の就職先を探す
今の勤務先はまあまあ良い所なんですが、契約の都合上どんなに粘っても10月までしか働く事が出来ませんので、次の就職先を探さないと行けません。これもどうなることやら。

・パソコンの買い替え、リプレース
長く使ってきたMacBookProですが、OSのメジャーアップデートのサポート外になってしまいましたので、夏あたりにMac miniに買い換えることにしました。また、Windowsの自作機もWin8.1やWin10で使うには低スペックのため、中身をリプレースすることにしました。

来年もどうぞよろしくお願いします。

みのる、46歳になる
2018-12-16
11月になったのに合わせて、亘理ウインドシンフォニーに入団しました。過去の楽団で悪いことをした訳ではありませんが、煙たがられたりクビにされたりと懲りましたので、あまり目立たないように過ごそうと思います。

■11月4日(日)
亘理での初めての本番です。毎年開催されている「亘理町文化祭」でのステージです。しばらくぶりの本番も疲れましたが、終わってからの会場撤収の方が堪えました(笑)

♪演歌メドレー4
♪およげ!たいやきくん〜潜れ!さかなクン Ver.〜
♪ヤングマン
♪羽ばたけ楽天イーグルス

■11月17日(土)
今の家に引っ越して来てから機材部屋に置きっ放しにしたため使い勝手の悪さを感じていた機材を、居間に移設集約することにしまして、そのための棚や敷物などを買いに行きました。棚はニトリのスチールラック、敷物は複数枚組み合わせて好きな大きさにできるジョイントマットを購入しました。また、機材が集約されますので、コンセントの口も必要になると考え、カインズホームでOAタップを購入しました。

これからしばらくかけて棚を作り、機材を移設し、配線をやり直し、落ち着いたのは12月に入ってからでした。

■11月25日(日)
かみさんのジャンベの先生も参加しているアフリカンバンド「ぽれぽれ」の演奏を見に、「ふくしまワイナリーフェスティバル」が開催されている二本松市市民交流センターへ出かけて来ました。

お昼はどうしましょう、と協議した結果、以前に行けなかった福島市音楽堂そばの「みどり豆」に行くことにしました。ここの名物はオムライスです。人により評価が分かれるようですが、具材に山菜の水煮が使われており、なかなかのボリュームですが、さっぱりした味わいでさらっと食べられました。

午後になってから「ふくしまワイナリーフェスティバル」の会場に到着してステージを見ておりました。県内大学のジャズ研究会の演奏を聴いておりましたが、フロントと呼ばれる管セクションの面々は吹奏楽さえも覚束ない感じでして、聴覚的にも視覚的にも寒々とした気分になりました。ぽれぽれの演奏が一番観客からの反応がよかったです。

■11月30日(金)
仕事を終え次第、いそいそと仙台駅へ向かいます。夫婦で夕食を食べ、21時47分の新幹線で東京に向かうためです。6年ぶりに乗る新幹線ですので落ち着かない感じのまま東京に到着し、日付が変わる辺りで駅に隣接する宿にチェックインし、慌ただしく1日を終えます。

■12月1日(土)
この日は母方の従兄弟の結婚式があり、そのため夫婦揃って前日に上京してきたというわけです。ホテルで朝食を取り、かみさんは一足早く美容室に行き、ボクは終わった頃を見計らって出掛け、有楽町駅で待ち合わせします。

挙式の会場は赤坂の日枝(ひえ)神社、披露宴の会場は帝国ホテルになるのですが、まずは帝国ホテルで関係者が集まり、バスで日枝神社に向かいます。日枝神社は挙式の人でごったがえしています。指示されるままに移動しますと、挙式場所でボクらが座った後ろに奏楽の人がおり、この人たちが楽器の演奏と歌を全てこなしています。歌のピッチが人によって異なり、非常に落ち着かない感じがしました。下手に音楽をやっているとこういう所が気になります。ちょっと嫌です(苦笑)

挙式が終わり、帝国ホテルに戻ると、しばらく時間をもらって会場で音出しと練習をします。披露宴での演奏を頼まれているためです。その時に気付いたのですが、ボクが演奏する前は新婦側の参加者の真ん前でして、完全アウェイだと知り凹みます。

披露宴は16時半に開始し、ボクの出番は18時位と聞かされていましたので出された食事は早々に食べ、飲酒を控えめにして待ちますが、19時近くになってもスタッフからお呼びがかからず、心が折れてトイレに駆け込んだ時にお呼びがかかります。「すぐ演奏できますか」と聞かれますが、そんなの無理!と言う事で、かみさんが交渉してくれたおかげで、10分の音出し時間をもらうことが出来ました。

さて演奏場所に出ると、参加者一同が飲み食いもせずこちらを見ています。演奏を聴くマナーとしては素晴らしいのですが、演奏する側としてはこれ以上のプレッシャーはありません。こっちなんか気にせず飲みながら喋ってくれても構わないのに(笑)

肝心の演奏ですが、結構評判は良かったようですが、本人的には残念な出来で、ここでまた凹みます。何にせよ演奏が終わったので一安心、腹が減ったと言う事で宿泊先近くの蕎麦屋で食事をして帰ったのでした(笑)

■12月2日(日)
のんびりと宿を出まして、かみさんの親戚宅へ挨拶に出掛け、上野で従姉妹夫妻と落ち合います。まずは上野動物園へ。生後まもないパンダの「シャンシャン」は見るまでに順番で120分待ちと言うので早々に諦めますが、行列の出口で見ていると、父親の「リーリー」がのそのそと姿を表しました。一同はこれに満足して、他の動物に会いに行きました(笑)

しばし園内で様々な動物に会い、お腹も空いて来ましたのでアメ横に向かいます。ここは年末年始でなくても道に人がひしめいていて、歩くのも一苦労です。その端っこ辺りにある店で海鮮丼を食べます。割合リーズナブルでしたので、欲張って鉄火丼と鰻丼を食べました。それから上野駅に戻ってお別れしたのですが、もう少しちゃんとお話ししたかったなあとちょっぴり後悔しつつ、新幹線で仙台に戻ったのでした。

■12月9日(日)
夏休みに出掛けた天童の赤塚製氷に出かけることにしました。ここは氷屋さんですので、年中かき氷が食べられるのですが、秋冬期間はパンケーキも出していると言うので、夫婦で食べに行くためです。とりあえず職場のパン屋さんで朝食を摂り、国道48号線で一路天童に向かいます。夏休みはお客さんが並んで開店待ちをしておりましたが、冬になるとそんなこともなく、スムーズに入店し、かき氷はめいめいに、パンケーキは二人で半分こして食べて来ました。また行きたいものです。

その後数日、13日にボクは46歳になりました。この日はささやかなお祝いとして、イタリアンの食べ放題に出掛けました。お祝いとして二人でホールのケーキをつつくのも常なのですが、これは翌日に持ち越しました。食べ放題の後にホールのケーキは食べ過ぎですので(苦笑)

次の楽団が決まりそうです
2018-10-31
◾️9月2日(日)
今の勤務先で当初からお世話になったお嬢さんが出産間近のため、退職することになりました。彼女の勤務最終日が4日ですので、お世話になったお礼をと思いまして、泉に買い物に出かけました。とは言え予算にも限りがありますので、その中で喜んで使ってもらえそうなものを考えて選びました。

◾️9月9日(日)
朝っぱらから北上のさくらホールに出かけます。吹奏楽コンクールの東北大会最終日ということで、中学校小編成、職場一般の部を大体聞いてきました。さすがに東北大会ともなると中学校小編成の部も聞くに耐えない演奏はなく、むしろ聞き応えさえ感じさせます。ただ、メロディックな要素が少ない現代曲が極端に多いような気がしました。職場一般の部には、お友達が東北各県の予選を抜けて参加している楽団がいくつもあり、何もしないのに緊張しながら聞いておりました。

16時に演奏を全て聴き終えると、結果発表も聞かずに仙台へとんぼ返りします。8日と9日の2日間で定禅寺ジャズフェスが開催されており、ゆぅちゅうばのメンバーが出るステージが18時過ぎにあるため、何とか間に合いたいと思ってのことです。大分タイトなスケジュールになりましたが、何とか演奏開始に間に合わせることができました。

◾️9月15日(土)
夕方から広瀬文化センターに出かけます。ゆぅちゅうばの元メンバーが何人も所属している、仙台ブリティッシュブラスの演奏会を見るためです。演奏については、んーと思う所もありましたが、見知った人たちの頑張っている姿を見られてよかったと思います。でもやっぱりブリティッシュブラスで吹くのは敷居が高くてダメですなあ(苦笑)

◾️9月17日(月・祝)
この日は思い立って、仙台近郊大回りと言うのにチャレンジしてみました。JRの仙台近郊区間で一筆書きに電車を乗り継ぐってやつです。10時位に駅弁を携えて仙台を出発し、まずは仙山線で山形に向かいます。そこから奥羽本線に乗り換えて米沢に向かい、また乗り換えて福島に向かいます。乗車中にお菓子を食べる事は出来ても、駅弁を食べられる状況にはなりませんで、福島から仙台に戻る電車の出発前の車内でさっさと食べた次第です。在来線の車内で駅弁を食べるのはやめようと思い、長町で下車し、ウチまで歩いて帰りました。乗車賃は185円でございました(笑)

◾️9月23日(日)
かみさんの会社で、家族も参加可能な飲み食いの集いが開催されました。会場はサッポロビール仙台工場です。12時開始でしこたま飲み食いさせて頂きます。最終的には飲み過ぎ食べ過ぎで腹くっちぃ、となりました(苦笑)

終了後は楽天の試合を見にいきます。今の勤務先は楽天イーグルスのオフィシャルスポンサーですので、スポンサー向けの試合チケット引換券が回ってくるんですね。それを夫婦で頂いて出かけてきたというわけです。試合の最初はまあまあだったのですが、回を追うにつれてじゃんじゃん打ち込まれ、さすがに心も折れ、帰りの足も心配になりましたので、8回辺りですごすごと帰宅したのでした(苦笑)

◾️9月24日(日)
知り合いが音楽監督をしている、亘理ウィンドシンフォニーの演奏会を初めて見に行きました。会場に着くと、客席はいっぱいでしたので、近くにあった椅子を勝手に持ち出して座って見ておりました。曲によってアレっ、と思う所もありましたが、全般的に選曲もよく、思いの外楽しめました。

◾️10月8日(月・祝)
ゆぅちゅうばでお世話になっているご夫妻が所属している白石市民吹奏楽団が主催の、城下町コンサートに出かけてきました。白石市内の中学校、高校の吹奏楽部が一堂に会するコンサートです。昨年も見に出かけたのですが、昨年に比べると中高生の演奏が全体的にあれっと感じる場面が多かったように思いました。

それ以上に感じたのは、司会の方の立ち位置がはっきりしないことでした。演奏者側だったり、観客側だったりと曖昧に立ち位置が変わるので、どっちの人なんだろうと気になりました。

◾️10月14日(日)
東京佼成ウインドオーケストラの演奏が1000円で聞けるということで、石巻市河北のビッグバンに行ってきました。当初はビッグバンのホールでの演奏かと思い、自由席だと入場者が殺到するのではないかと思い、開場の2時間前には現地に到着して待機しておりました。しかしよく確認すると、ホールではなく体育館のアリーナでした。さすがにプロの演奏で楽しめたのですが、いくら1000円でも体育館では音響に難があるなあと思いながら帰途についたのでした。

◾️10月21日(日)
オイちゃんが賛助出演すると言うので、若柳ウインドオーケストラの定期演奏会に出かけてきました。

賛助出演で若柳中学校吹奏楽部が1ステージ分演奏していましたが、コンクールの中学校小編成で東北代表になっただけあり、なかなか聞き応えのある演奏でした。

肝心の若柳ウインドの演奏はと言いますと、あまり細かく言うと角が立ちそうなので控えますが、正直もう聞かなくてもいいかな、と思いました。オイちゃんに差し入れを持って行ったのと、中学校の演奏がまあまあだったので、それで目的は達成されたと思っています(笑)

さて、7月に前の楽団を代表の恣意的決定によりクビにされてから、色々楽団を探しておりましたが、やっと入団する楽団に辿り着きました。近日中に入団する予定です。ちなみに、ボクをクビにしたどっかの代表は以前に所属していた楽団がやんだくなって辞めたみたいな事を言ってましたが、実際は何だか相当な事をやらかしてクビになったそうです。クビになったくせに人をクビにするとは随分と偉そうな人ですこと(爆)

みのるの夏休み2018
2018-08-19
■8月5日(日)
かみさんが参加する吹奏楽コンクール県大会当日です。ボクは終日セバスチャン(送り迎え)に専念いたします(笑)

職場一般の部門は一通り聴いた上で、大体この辺りの結果かな、と予想したのと実際の結果は大きく異なることもなく、かみさんの団体も概ね予想通りの結果となり、今年のコンクールを終了いたしました。

ちなみに、この前後にかみさんも所属していた某楽団を退団しました。まあ色々あったのですが、ここで色々書くとガセネタに基づいた誹謗中傷を寄せてくる人が(誰とは言いませんが)出てくるかも知れないので、まあ機会をみて(苦笑)

■8月11日(土・祝)
ほぼ年中行事となっておりますが、七ヶ浜国際村で毎年この日に開催されているコンサートを見に行ってきました。かみさんの打楽器のお師匠さんが演奏者の指導や、プレイヤーとして実際に演奏したりと言うのがあり、ここ毎年ご招待を頂いているんです。

■8月12日(日)
先月の3連休に腰掛庵のかき氷を食べるべく山形に行ったものの、整理券が出払っていて食べられなかったため、この日はそのリベンジを期して出掛けました。しかしお盆期間中のかき氷販売はお休みなんですって。2度目のチャレンジも失敗です(苦笑)近くのコメダ珈琲で小腹を埋めて移動します。

翌日から栃木ツアーに出掛ける事にしておりましたので、ぐっど山形(山形県観光物産会館)に寄って手土産を購入し、米沢まで南下します。前の3連休で置賜文化ホールに行った際、次回企画展が岩合光昭さんの写真展だと言うのを知っておりましたので、これをお目当てに行った次第です。

いい加減お腹も空いたので、福島で何か食べて帰ろうと思って立ち寄ったお店は混雑のため1時間待ちとのことで断念、白石の白石温麺茶屋に寄った所、ラストオーダー10分前に滑り込みセーフとなり、やっと食事を頂いて仙台に戻ったのでした。

■8月13日(月)
朝起きて程なく車に乗って出発です。白石ICから高速に乗り、朝ごはんは那須高原SAで食べ、栃木ICで高速を降ります。まずは「岩下の新生姜ミュージアム」に行きますが、あまり長時間滞在するタイプのスポットではないようで、その後の旅程をどうしようか悩む事になります(苦笑)

次は壬生町のおもちゃ博物館に行ってみます。ここは基本的に親子連れが屋内でガリガリ遊ぶ的な施設がメインですが、一部鉄道模型やジオラマが展示されている部屋があり、これは一部の大人にも楽しめる内容となっておりました。

お次は佐野ラーメンを食べるべく、佐野市に向かいます。ちょうど途中に「ラーメン太七」があり、営業終了直前のタイミングでしたので即入店します。かみさんは青ネギラーメン(塩)、ボクはチャーシューメンを食べます。どちらもうまいです。個人的には青ネギラーメン(塩)にチャーシューをトッピングするのが最強だと思います(笑)

その後はご当地グルメの「いもフライ」を食べようと店を探しますが、手持ちの「まっぷる栃木」に載っている店はいずれも休み。道中で偶然見つけたのが「いでい焼きそば店」。まっぷるに載っていないとは言え、結構名の通ったお店のようです。ラーメンを食べた後にもかかわらず、二人で1本ずつサラリと食べられました。

それから急ぎ宇都宮に向かい、宿へチェックインし、宇都宮在住のお友達へなさんご夫妻と祝杯を上げ、郷土料理の「しもつかれ」を初めて食べ、宿に戻って長い1日が終わりました。

■8月14日(火)
宿で朝食を頂き、10時近くにのんびりと出発します。安直ですが宇都宮に来たら餃子でしょ、と言う事で、街中の「来らっせ」本店(きらっせと読みます)に行きます。ここ、宇都宮餃子会に加盟の餃子店のうち5店舗が入っているフードコートみたいな所です。10時10分過ぎに行った所、11時開店ですので、入店待ちをしている人はおりませんでした。入店し次第、二人で手分けして5店舗の焼き餃子と水(もしくはスープ)餃子を購入し、ワーッと食べて出て来ました。そのため、各店の特徴とか、殆ど覚えてないんです(苦笑)

お次は、郊外にある「大谷資料館」に向かいます。途中でヨークベニマルを見つけたので寄ってみると、ご当地飲料である栃木乳業の「関東・栃木レモン」、「関東・栃木コーヒー」、期間限定の「関東・栃木ぶどう」がありましたので、「関東・栃木ぶどう」を買って飲みました。

それから「大谷資料館」へのルートは、何だか訳の分からん細い路地を走りますが、突然目の前に駐車場と大勢の観光客が現れます。後で分かったのですが、ボクらはたまたま裏のルートを通っていたためスイスイだったのです。帰りに表のルートを通ったのですが、反対車線が結構な渋滞でして、途中で断念して引き返す車もちらほら。

今回の旅もそろそろ終わりです。宇都宮の道の駅「うつのみやろまんちっく村」でお土産でも買いましょうか、と言う事で向かいます。ここ、道の駅としてはとても広大でして、プールや宿泊施設まであるんです。時間の都合上、お土産を買うだけで立ち去りましたが。

最後に、宇都宮餃子会に加盟していない「餃子専門店 正嗣 駒生(こまにゅう)店」で餃子を食べることにします。ここもなかなかの人気店ですので、何と言っても回転率が高いのです。よって出された餃子をワーッと食べて出て来ましたので、ゆっくり味わうだけの余裕もなく(苦笑)

あとは一路仙台まで高速を使って帰って来た次第です。最終的にはやりたいと思ったことは大体出来たので良かったかな、と思います。

■8月18日(土)
この日を腰掛庵のかき氷を食べるためのリベンジマッチとしまして、朝6時過ぎに出発しました。現地(山形県総合運動公園)には8時位に到着し、三度目の正直?と言う事でめでたく整理券を取得します。開店は10時、食べる時間(予定)は10時35分ですので、2時間程度の待ち時間が発生します。

最近知ったのですが、ここの近くに「赤塚製氷」と言う氷屋さんがありまして、かき氷も年中出しているんですって。ちなみに、ここの四代目と五代目は学院大の卒業生のため、同窓会の機関誌に取り上げられたこともあるので親近感も湧き、待ち時間の間に行って来ました。

赤塚製氷には9時10分位に到着しますが、ここも10時開店ですので、結果的にボクらが一番乗りになりますが、何分初めて行く所ですので勝手が分からず、しばらく様子を見ていると、他の人が所定の場所に並び始めたので、それを模倣して待ちます。開店して間もなく入店、マンゴーヨーグルト+ソフトクリームトッピングを二人で半分ずつ食べました。さすがに氷屋のかき氷ですので、食べても頭が痛くなりませんし、なかなか美味です。ちなみにこのお店、かき氷だけでなく、アイスやパンケーキも食べられるようですので、また行きたいと思います。

腰掛庵のかき氷を食べるため、山形県総合運動公園に戻ります。ボクは木いちごとすぐりみるく、かみさんは黒みつみるくを頂きます。ここのかき氷は氷と言うよりは雪のようであるのを実感します。しかしながらかき氷のはしごで体が冷えましたので、温まるものを食べたいと思って、喜多方ラーメンを食べに行くことにしました。

山形から南下すること2時間、喜多方ラーメン館に到着し、隣にあるたんぽぽ亭でチャーシューメンを食べ、街中を少し散策してから仙台に戻りました。

クビになりました
2018-07-25
11月に開催予定となっている、前所属楽団の企画コンサートが2回公演となったようです。昨年の企画コンサートで想定を大きく超える来場者があったため、その反省や来場者のアンケートで寄せられた要望から、午前と午後の2回公演にしたということです。

前所属楽団の練習の時、かみさんはその話を聞いて、真っ先に「金管セクションに結構負担がかかるのでは」と言ってくれたそうですが、それに対して団長「複数人いるパートはパート内で調整して」→かみさん「一人のパートはどうすれば」→団長「自分で調整してください」この話を聞いて、随分とやっつけな回答をしてくれたものだと思いました。

次回の企画コンサートはアンコールも含めて9曲、これを休憩なしで続けて演奏することになっており、これを午前と午後で2回演奏するわけですが、一人ではかなり負荷がかかります。数年ほど前に、吹きすぎで顎関節を痛めたために数ヶ月楽器を吹かなかった事があり、この2回公演は一人でやり遂げるのは難しいと思いました。

■7月6日(金)
前所属楽団には全員がやり取りできるLINEグループがあります。ボクは2回公演を一人でやり遂げるのは難しい、これをどう捉えてどうするかは運営に委ねる、とLINEグループに声を上げました。他にも同じことを考えている人がいるのではないかと思い、全員が見ている所で声を上げるのが重要と考えたためです。

しかし、これに対する団長のリアクションは「ペコリ」と言うLINEスタンプたった一つ。ボクが慎重に言葉を選んで声を上げたのに対し、何ともお粗末なものです。これに落胆したボクは団長個人との繋がりを全て絶つことにしました。ボクが全員に見える所で声を上げたのだから、その返答も全員が見える所ですれば良いだけなので、別に団長個人と繋がっている必要はないわけです。

■7月14日(土)
かみさんが会社の社員旅行で長崎に出掛けて行きました。ボクは午後から岩沼で前所属楽団の本番があり、こちらに出掛けました。それに先立ち、団長からは「話したいことがある、5分で終わる」とかみさん経由で連絡が来たので、問答無用で前所属楽団をクビになるのだろうと思いながら本番を終えました。

その後、予想通りに除名を言い渡されました。団規約の中にある退団の項に、「役員会で協議の上、団員として相応しくないと判断された者」と言う記載があります。

昨年もこれによって一人除名になっているのですが、その時に団長は「このために、この条項を作った」と言っており、少しの違和感を感じたのですが、まさかこれが自分に、しかもこんなに簡単に適用されるとは思いませんでした。

前所属楽団は内輪の仲良しグループに含まれるメンバーにとっては非常に居心地の良い楽団ですが、仲良しグループに含まれないメンバーの定着率はあまり良くありません。実際、仲良しグループに含まれない人で、ボクら夫婦よりも在籍が長い人は数えるほどしかいません。大半の人は何かおかしいと感じながらも声も上げずに去っていくか、ボクのように声を上げて団長に睨まれ、最終的に除名されるわけです。

この後、岩沼市民会館でコンクールの地区大会(仙南地区)を見るつもりでいましたが、とても見に行く気にはなれず、家に帰ってそのまま翌朝位まで寝ておりました。いわゆる引きこもりです(苦笑)

■7月15日(日)
かみさんは社員旅行の2日目です。1日目は佐世保のハウステンボスで過ごしたそうで、2日目は長崎まで移動し、クルーズで端島(軍艦島)に向かいます。幸い天候も海の具合もよく、無事に端島への上陸を果たします。ああ何てうらやましい。

そのあとグラバー園と大浦天主堂を周り、伊丹経由で仙台に戻ってきました。この日仙台は霧が濃く、着陸が難しいのではないかと思われましたが、何とか無事に着陸できまして、旅を終えたのでした。

■7月16日(月)
3連休の最終日となりました。土日とほぼウチに引きこもっていましたので、お出かけをすることにしました。目指すは腰掛庵のかき氷です。開店の10時までに山形県総合運動公園の仮設店舗に着けば大丈夫だろうと思っておりましたが、いざ到着すると、行列がありません。まさかと思ったら、開店前に当日分の整理券が全部出てしまったとのことでした。代わりと言っては何ですが、「かりんこりん かちわり 抹茶わらび氷」を頂いてきました。美味しいんですが、作り置きをしているのか、食べると少し頭にキーンと来るのが惜しいです(苦笑)

ということで、ご飯を食べる所を求めつつ、何となく米沢まで南下します。散々悩んだ挙句、米沢城址近くにある置賜文化ホールを見て回ってから、近くのレストランで食事を取り、あとは福島経由で帰宅いたしました。

■7月22日(日)
かみさんが出るコンクール地区大会の本番当日です。この日は朝から中学校大編成、その後大学と職場・一般と続きまして、大学の部の演奏が終わってから中学校大編成の結果が発表されましたので、職場・一般の部が始まる前に中学生や関係者は帰り、客席はガラガラになりました。自分たちの演奏と結果発表が終わればあとは知らない、ってのもどうなんですかねえ。

聴いた感じで、地区抜けは間違いないだろうとは思いましたので、演奏を終えて客席にやって来たかみさんにその旨を伝えました。実際の結果発表もその通りになり、かみさんのコンクールはあと2週間続くことになりました。

そろそろ、ゆぅちゅうば
2018-06-25
■5月20日(日)
未明にブレーメン定演の打ち上げから帰り、しばらく休んだ後、知り合いの子が出ると言うので、某高校の定演を見にエレクトロンホールへ出かけました。かみさんはPWOの練習に出てから街中に戻ってくるので、チケットを購入してから近くで待ちます。

かみさんと合流してから会場に入りますが、演奏はすでに始まっています。ホールに入ると、客席は全て埋まっており、さらには通路にも人が座っており、完璧に消防法違反の状態ですが、それにもかかわらずスタッフはボクらをどこかに案内しようとしています。この人たちはバカなんだろうかと思い、案内を断って帰ることにしました。

結果、1000円と時間をドブに捨てました。こんな学校の演奏会は二度と行くまいと思って、中華屋で夕食を食べて帰ったのでした。ちなみに、ここの吹奏楽部のHPを見た所、演奏会の入場者数がホールのキャパシティを超えていた事が何度かありました。ここの人たちは集客さえ上がれば有事に備える対応はおざなりでも良いのかと思って実にげんなりしました。

■5月26日(土)
概ね毎月の最終土曜日深夜に、さだまさしさんの生番組があります。その名も「今夜も生でさだまさし」略称は「生さだ」といいます。この日の深夜は何と多賀城からの生放送なのですが、かみさんが観覧申し込みをした所めでたく当選したんですよ。後で分かったのですが、応募225組に対して当選が15組。ぴったり15倍の競争率を勝ち抜いたんですね。なかなかの強運です。

さて、観覧当選者は23時半に東北歴史資料館のロビーに集合して下さいと言うので、ロビーの隅っこで待ちます。番組の観覧なんて初めてで、ましてや生の全国放送だなんて、演奏するよりもずっと緊張して落ち着きません(笑)

時間が過ぎ、放送場所に入ってしばらくすると、(いつも見ている人なら分かる)井上さんと住吉さんが登場します。そしていつのまにか放送が始まり、資料館の入り口前でのタイトルコールを終えたさださんがやってきます。30人弱の観覧者は一気に大盛り上がり(笑)

ボクら参加者は、テレビでどのように映っているのか、実は映っていないのかは全く分かりません。リアルタイムで見てくれた物好きな知り合いによると、夫婦揃ってちゃんと映っており、ボクはカメラ目線だったそうです(笑)

■5月27日(日)
面白くて眠くなるのも忘れた、「生さだ」の観覧から帰宅したのは、3時頃でした。それからすぐさま睡眠を取り、昼前に白石に向けて出発します。いつもブレーメンの演奏会をお手伝い頂いているお二方が所属する白石市民吹奏楽団が40周年記念演奏会を開催するので、その応援のためです。

演奏会は3部構成でして、なかなか重いプログラムでした。終わり次第、PWOの練習に行っていたかみさんと名取のエアリで合流してから帰宅しました。寝不足がたたり、すぐに眠りに落ちてしまいました。

■6月3日(日)
とっておきの音楽祭で、ゆぅちゅうばメンバーのあねごが参加している「くじらブロウ」が午前中に演奏するというので、街中に出かけました。そうした所、多吹に所属している通称「弟」が参加している某楽団がその前に演奏すると言うので、併せて見てきました。かみさんはPWOの定演が翌週に控えておりますので、練習場所までお連れしまして、ボクは自宅でのんびりしておりました。

■6月10日(日)
かみさんがお手伝いするPWOの定演当日です。朝イチで会場の若文までお送りし、ボクは一旦帰宅後、バスに乗って出直しました。さて、プログラム本編についてですが、1ステがレギュラーステージ、2ステがPWO文化祭と銘打ったポップスステージです。1ステはコンクールの課題曲と自由曲、ホルストの1組でした。自由曲はそもそも曲としての内容に乏しいこともあり、ホルストの1組の方が好演だったと思います。2ステはPWOの企画モノですが、指揮者であるマエストロひびやんがスケ番やっくんに扮して縦横無尽に暴れたのが一番面白かったです(笑)

■6月16日(土)
ブレーメンでも時々仙台市内で演奏することがあります。今回は荒町の高齢者施設に伺います。集合が13時のため、お昼は学院大の学食で食べることにしますが、職場でスタッフをしてくれているOくんと偶然遭遇しましたので、一緒にお昼を食べて別れました。何と言うか引き付け合う何かがあるのではないかと思った次第(爆)当日のおしながきは以下の通り。

♪マツケンサンバ
♪きよしのズンドコ節
♪演歌メドレー
♪川の流れのように
♪涙そうそう
♪日本愛唱歌アルバム
♪上を向いて歩こう(アンコール)

5月の定演以来、全く練習に出ておりませんでしたので、6月に入ってから自宅でサイレントブラスを使ってこっそり練習をしておりました。その甲斐ありまして、演奏上致命的な事故は起こさずに済みました(笑)

夜は会社の歓送迎会に参加します。やはり知らない人が多い飲み会は孤独感が強くてイケマセン(苦笑)

■6月17日(日)
PROJECT EUPHONIUMの岡山さんが仙台で出張試奏会を開催されるとのことで、楽器は買えないものの、岡山さんにお会いしたいと思い、出掛けてきました。元々はかみさんと一緒に行く予定だったのですが、オイちゃんが拾ってくれると言うので、ご好意に甘えました。かみさんはPWOの練習が終わってからやってきました。

結局夫婦で最後までおりましたので、会場の撤収をお手伝いしまして、近くの飲み屋で岡山さんのご好意に(以下略)だからと言う訳ではないのですが、岡山さんは長きに渡って楽器の目利きを養って来られましたので、彼がプロデュースした「AMUSE」はなかなか良い楽器が多いです。お金に余裕があれば買いたいのですが、せめてその魅力を広めるのに力添え出来ればと思っています。

■6月23日(土)
年に2〜3回位でしょうか、かみさんがお友達と一緒に開催している女子会で「GCの会」と言うのがあります。ボクも途中から送迎用セバスチャンと言いますか、オブザーバー的な感じでご一緒させて頂いております。話の中身を晒すと色々と支障がありそうなので控えますが、お互いの愚痴を聞き合って、色々大変なのねーと思ったりするのが楽しみなんですね。

■6月24日(日)
ブレーメンの依頼演奏で松島に向かいます。演奏は午後からですので、午前中に仙台を出発しまして、松島でお昼を食べ、高城町の現地に向かいます。おしながきは前回の荒町と同じなので省略しますが、前回と異なりベースパートがボク一人なので、休みも減り、結構スタミナを消耗しました。帰りに利府へ寄り、喫茶店で甘いものを摂取して帰ったのでした。

そろそろゆぅちゅうばの活動を再開したいなーと思い、並行して課題曲候補と自由曲候補を書いておりました。前者が4曲、後者が2曲書き溜まりましたので、もういいか、と思っております。

春の演奏活動、終わりました
2018-05-20
■3月4日(日)
ブレーメンの依頼演奏当日です。「西原 こどものための新春コンサート」ということで、新春と呼ぶには春も近い大河原に行ってきました。会場が集会所と言うので、古い所なのかと思っていたら、どうやら最近移転新築されたようで、室内には新築の雰囲気が溢れておりました。お品書きはこちら。

♪勇気100%
♪楽器紹介[山の音楽家]
♪名探偵コナン メインテーマ
♪さんぽ
♪It's a small world (アンコール)

本番が終わってからは、町内の「もちぶた館」で豚肉をじゃんじゃん焼いて食べて、満足して帰って来ました(笑)

■3月10日(土)
夫婦で物見遊山的に62万石吹奏楽祭を見に行って来ました。ここ数年合同を組んで参加している若吹・利府吹・PWOについては、昨年古川SWがアポロ吹を誘って引き込んだものの、自身は今回合同から離脱すると言う変わり技を演じていました。

今回は若吹サイドが指揮者の意向等により、一方的に演奏曲を決めて動かしたらしく、他の参加団体からは大分不満が出ていたとか。合同の解消も近いでしょう。実際の演奏は編曲者の嗜好のせいか、目立つ特定のパート以外は残念ながらおまけのような扱いで、これってわざわざ吹奏楽団体の合同でやることなの?と思いながら聴いていました。

当初、規模の小さい団体同士で力を合わせて、合同でないと出来ない演奏曲を演奏しよう、と言うのが目的だったのですが、合同が煩わしくて面倒だとか、選曲も指揮者が好き勝手に決めたりと、あまり思わしくない状態が続いていました。

■3月18日(日)
第12回仙台ユーフォニアム・テューバフェスティバル当日です。ゆぅちゅうば10周年の企画失敗を契機に、一時期は活動を断念しようかとも思いましたが、活動に力を貸してくれるメンバーと賛助の皆さんのおかげで、練習不足の不安もありましたが、演奏させて頂くことになりました。お品書きはこちら。

♪さくらのうた(福田洋介)
♪大草原の歌(R.ミッチェル)

例年、弘前のVisual4さんと一緒に演奏するコラボ企画をやらせて頂いておりましたが、今回は練習に余裕がなかったのと、盛岡バリチュー倶楽部さんが参加されたこともあり、どのような企画にするか思い至らなかったこともあり、ひとまず見送りとしました。次回に向けて思案したいと思います。

■3月25日(日)
日本マンドリン連盟が今年で創立50周年を迎えるということで、多文で開催される記念演奏会のチケットを頂きましたので、たまには知らない世界の音楽に触れて見ても良いだろうと思い、夫婦で出掛けてきました。

しかしながら、演奏される楽曲を知らないことと、音量の起伏があまりないため、吹奏楽や管弦楽団の演奏に馴らされたボクは次第に眠りへと誘われてしまい、いびきで他の聴衆に迷惑を掛けては…と思い、ある程度聴いた所で会場を後にしました(苦笑)

■4月1日(日)
職場で学生スタッフをしてくれているOくんが活動している合唱団、「ジュニア&コーラス"Raw-Ore"」の定演があると言うので、夫婦で川内萩ホールに出掛けてきました。

この団体は、ボクが合唱団エピスで活動していた頃はまだ存在していなかったのですが、小学生から20代のメンバーで構成されています。連盟主催の全日本合唱コンクールでは「大学・ユースの部」に参加しており、昨年の大会では全日本への初出場を果たした、最近勢いに乗っている団体のようです。

演奏は所々団体としての課題も見受けられますが、概ねレベルの高い演奏で、安心して聴くことができました。帰りにOくんに労いの言葉を掛けようと思いましたが、ロビーに溢れた大勢の観客に阻まれ断念しました(苦笑)

■4月15日(日)
この日は元々たがじょう金管まつりVo.10(ファイナル)の予定でしたが、諸般の事情により開催を断念され、アイリス・ブラス・ゾリステンの演奏会になりました。

ゆぅちゅうばはこの演奏会にゲストとしてステージを1つ頂いて演奏しました。演奏時間20程度ということでしたので、いつもの課題曲と自由曲に加えて、ポピュラーな曲も追加してお送りしたのですが、曲数を増やした事もあり、MCと演奏の両方で調子を崩し、あまり満足の出来る演奏にはなりませんでした。お品書きはこちら。

♪人生のメリーゴーランド
♪花束を君に
♪さくらのうた(福田洋介)
♪大草原の歌(R.ミッチェル)

■4月22日(日)
お友達で石巻SWEのユーフォ吹きであるみなみちゃんから定期演奏会の案内を頂いたので、石巻まで出掛けてきました。かみさんはPWOの定演とコンクールのエキストラを受けて練習に出ないと行けないため、ボク一人で。

演奏を聴いて、普段より石巻さんらしくないなと感じましたので訊いてみたところ、まあ色々と事情があったようです。お友達のえんぱさんが受付におり、近日中に飲みの予定を決めて出掛けましょう、と話して帰仙したのでした。

■4月29日(日)
昨年までゆぅちゅうばのメンバーとして活動してくれたユーメグちゃんが、いわきSWEに入団したのが昨年の秋頃でしたので、今回が初めての定演ということで、応援のためにいわきへ夫婦で見に行きました。

いわきSWEは福島県内でも老舗の楽団で、コンクールでは福島県代表として東北大会に出場した実績もあります。最近はいわゆる学校のOBOG会から派生した楽団が幅を利かせているのが残念ですが、演奏はなかなかのものです。周辺の中学校から勉強のため演奏会を見に来ている生徒も多数いるのが、その模範性を感じさせました。

■5月3日(木・祝)
先日の石巻での約束通り、仙台でえんぱさんと飲むことにしました。ただ、折角えんぱさんに仙台まで出て来て頂くのに、それだけでは勿体ありませんので、少しお出掛けのプランも付けることにしました。

お昼位に仙台駅前で待ち合わせ、早速秋保温泉の緑水亭へ。例年GWと年始に開催される、Ensemble Vitaさんの「幸せ気分のコンサート」を聴きに行きます。対象は緑水亭に宿泊するような一般客ですが、もちろんマニアな方でも楽しめます(笑)

終わってからは岩沼ひつじ村に向かい、少々ひつじと触れ合ってから仙台で飲んでお別れいたしました。この頃はボクが生憎風邪を引いてしまっており、あまりアグレッシブに遊ぶことが出来なかったのが悔やまれます。

■5月13日(日)
いつもゆぅちゅうばをお手伝い下さっているY先生が所属されている仙台ガブリエリ・ブラスの定演がありましたので、差し入れの酒とつまみを持って出掛けました。金管5重奏、バリチューバアンサンブル、そして金管ラージと多彩なプログラムでした。

■5月19日(土)
ウインドアンサンブル ブレーメンの第4回定演当日です。昨年初めて出演した第3回定演は生憎の雨、いや雨どころではなく嵐でして、集客に大きな影響を与えたように記憶しておりますが、今年は幸い天候が崩れるなく、まあまあの演奏会日和となりました。お品書きは以下の通り。

【ウェルカムコンサート】クラリネット4重奏
♪「魔女の宅急便」より「海の見える街」(久石 譲)
♪「ハウルの動く城」より「人生のメリーゴーランド」(久石 譲)
【1ステ】
♪行進曲「マリーン・シティ」2012(野村正憲)
♪吹奏楽のための「風之舞」(福田洋介)
♪ロマネスク(J.スウェアリンジェン)
♪未来が変わる時(富士原裕章)
【2ステ】
♪銀河鉄道999
♪アンパンマンのマーチ〜アンパンマンたいそう
♪ルパン3世のテーマ'78
♪きよしのズンドコ節〜川の流れのように
♪スウィング・スウィング・メドレー
【アンコール】
♪オーメンズ・オブ・ラブ

ウェルカムコンサートの2曲はボクが書き下ろしたものです。「人生のメリーゴーランド」は曲中に「サウンド・オブ・ミュージック」の「私のお気に入り」を入れ込んで遊んでみました(笑)「風之舞」は吹奏楽フル編成の原曲を、ブレーメンの編成に合わせて概ね2管編成で演奏出来るように書き直したものです。本番の演奏をざっと聴いた限り、色々と気になる所はありますが、昨年より概ね良い演奏になったように思います。本人の演奏そのものは1ステ前半がヨレヨレでしたので、75点の評価とします(苦笑)

これで春の演奏活動が終わりました。ブレーメンについては来月以降通常の依頼演奏に取り組みつつ、11月の企画コンサートに向けての練習を進めて行くことになりますが、夏休みになるまで通常練習には出られませんので、本番当日だけ出現して演奏することがしばらく続きます。

ゆぅちゅうばについては2018年度の活動に向けて、選曲のための準備(内緒のアレンジ)を進めている所ですが、もう少し候補曲を増やしてから活動を始めたいと思っています。

のんびりした三連休
2018-02-12
■2月10日(土)
先月にもちょろっと出掛けたのですが、この日は昨年までゆぅちゅうばを手伝ってくれていたもっちーをお連れして、旧くりはら田園鉄道(くりでん)の足跡を辿る旅に出掛けました。

くりでんに限らず、その役割を終えた鉄道、道、建物と言うのは現役のそれと異なり、地図上から殆ど消えてしまいますので、駅跡を探すのも自ずと難しくなります。そのため、まずは大雑把な場所をウィキ先生に教えてもらい、あとはGoogleマップやストリートビューを駆使して駅跡の場所を特定し、これをナビに事前登録しておきました。

仙台を10時位に出発し、最初の目的地である旧「細倉マインパーク駅」へ向かいますが、ナビに従って行くと細倉マインパークに到着してしまいます。来た道を少し戻ると目的地に到着しますが、ここは駅舎やホーム、そして線路がそのまま残されており、もっちーは興奮しつつシャッターを切り続けていました。

ここから先はナビに登録した場所を頼りに、駅跡の記念碑
や鉄橋、線路を順調に巡って行きました。何と言っても圧巻なのは、廃止から10年を経ても、線路の大部分が残っており、駅跡に記念碑があるため、駅の場所が特定出来るのが遺構をを訪ねるのに最適であることです。

そろそろ駅跡巡りに終わりが見えてきた辺りで、旧若柳駅界隈にある「くりはら田園鉄道公園」も再度じっくり見てきました。こちらの「くりでんミュージアムゾーン」では電車が走るジオラマがあるのですが、ジオラマを走らせる担当の職員さんから小ネタいっぱいの裏話を伺うこともでき、結構お腹いっぱいになりました(笑)

後は残りの駅跡を巡り、一路仙台へ戻ります。泉SWOの団長さんがオーケストラ・ドゥ・センダイの演奏会に出演されると言うので、見に行くためです。いかんせんアマチュアですので、演奏の細かい所は色々ありますが、全体的には在仙のアマオケの中では一番力のある楽団ではないかと感じました。

■2月11日(日)
ブレーメンのメンバーであるエリちゃんが出演すると言うので、島村楽器の発表会を見に名取文化会館へ出掛けてきました。まあいわゆる音楽教室の発表会ですので、それなりの心積もりをして聴いておりましたが、何年も習っていてそんな感じ?と言う演奏があったり、年数に応じて経験を積んだなりの演奏もあったりしました。

エリちゃんがメンバーをしているクラ四重奏のチームは、結構アクロバティックな曲を演奏していたのですが、結構細かい所まで詰めた演奏で、努力の跡が伺えました。あとはパート間のバランスを取って、どのパートの何を聴かせるか絞れるともっと良かったと思います。

今日は終日雪が降り続いて積もる予報がありましたので、あえてどこにも出掛けず、明日以降に備えてのんびりと過ごしております。

あけましておめでとうございます、2018年
2018-01-14
あけましておめでとうございます。2018年になりました。去年でお付き合いが終わってしまった方もいらっしゃいますが、今年もどうぞ宜しくお願いします。例年、年末年始の休みを使い、夫婦で旅行に出掛けるのが常でしたが、今回は取り立てて遠出はしませんでした。

■1月1日(月)〜3日(水)
元旦は明け方近くまでテレビ漬け、ちょっと寝てからボクの実家に新年の挨拶を。夜には帰りました。2日はかみさんの実家へ。少々お手伝いをして早めに帰宅します。3日は普段出掛けない、エスパルやロフトへ買い物をしに行きました。

■1月5日(金)
新年の勤めは4日からでして、この日は夕方に仕事を終えてから、ブレーメンの練習に行きました。いわゆる吹き始めです。行ってみると、ボクの他にも金管楽器プレイヤーであるにもかかわらず木管楽器を購入している不届き者がおりました(笑)

■1月6日(土)
世間一般ではこの日から三連休です。ボクら夫婦は仕事を終えた後、夕方に仙台を出発して新潟へ向かいます。かみさんは数年前からジャンベが欲しいと思っていたのですが、皮肉にも昨年の自動車事故で軍資金が出来ましたので、新潟市内の工房へ買いに行くことにしたのです。新潟市内とは言え、中心部からは遠く離れておりましたので、上越新幹線の燕三条駅前の宿に泊まり、翌日に向かうことにしました。

■1月7日(日)
午前中は新潟市中心部近くにある「新潟ふるさと村」に向かい、お土産を買ったり、色々と物見遊山してから、工房に向かいます。この工房、個人の方が自宅の片隅でされているので、目の前まで辿り着かないと分かりません(笑)

ご挨拶もそこそこに、まずはジャンベの基本的な叩き方を教えて頂きます。ある程度叩き方が分からないと、自分で楽器を選ぶのに判断が出来ないからです。色々な大きさや形のジャンベを4台か5台ほど叩いてみて、これはと思ったものを購入して帰途につきました。

■1月8日(日)
この日は翌日以降の仕事に備えて休養日とする予定でしたが、10年ほど前に廃止になったくりはら田園鉄道の施設や車両などを保存した「くりはら田園鉄道公園」に出掛けました。鉄好きの皆さんに是非お出掛け頂きたい場所だと思います。

■1月12日(金)〜13日(土)
11日から職場で授業開始になりましたので、1月一杯はブレーメンの練習に行けない予定でしたが、12日はセンター試験の準備のために授業が全休講となりましたので、仕事も夕方で終わり、ブレーメンの練習にも行けるようになりました。

13日はブレーメンの新年会です。先の忘年会の際に体調を崩して参加出来なかったメンバーがおりましたので、その救済も兼ね、かみさんに取り回しをしてもらったのです。楽しい時間を過ごすことができました。

■1月14日(日)
アンコン県大会の職場・一般部門に知り合いが参加すると言うので、応援も兼ねて朝から見に行きました。大学部門は1団体のみでしたのでそのまま県代表、職場・一般部門は大方予想通りの結果でしたが、一部疑問が残る審査結果となりました。

そのまま小学校部門も聞きましたが、それなりに考えて演奏しているのは金賞、特段何もせずに演奏しているのはほぼ銅賞となりました。ただ、演奏よりも非常に気になったのが、演奏する小学生を見に来ている母親などの非常識な振る舞いです。

コンクールも同様ですが、小学校部門が一番入場者数が多くなりますので、吹奏楽連盟にとっては入場料収入のドル箱かも知れませんが、ホールに入る際にも我先と割り込んでくる母親の何と多いこと。我が子の活躍を見たいのは分かりますが、割り込んで会場に入って見るのが大学と職場・一般部門なのですから、割り込む意味もないでしょうし、バカなの?と思って見ておりました。

午後は買い物に出掛け、正月飾りを竹駒神社で炊き、正月の諸日程が無事終わったのでした。

2017年もお世話になりました
2017-12-30
2017年もまあ色々なことがありました。

2月 ウインドアンサンブル ブレーメンへ入団
5月 自動車を運転中に側面衝突される
10月 ゆぅちゅうばの解散も覚悟し活動休止する
11月 ゆぅちゅうばの解散は何とか回避し再始動する決意をする
12月 おもちゃ的な楽器とか、楽器関連商品を購入する

かみさんが以前の所属楽団を退団するにあたり、ここの楽団がイイ!と探し当てたのがブレーメンでした。通常練習が金曜日夜ですので、ボクが通常練習に参加出来るのは年に2〜3ヶ月程度になってしまう不安がありますが、とりあえず見学に行き、代表に話を聞いてみた所、自身がそれで良ければ参加しても構わないと言う事でしたので、ぐぐっと心を動かされ入団し、理解のある運営陣、面白いメンバーに囲まれて満足しつつ今に至ります。

ブレーメンの定期演奏会が終わって一息ついた5月末の休日、車でかみさんを会社に送っていった帰り、赤信号で突っ込んで来た車に側面衝突され、車は全損で廃車、ボクも胸部打撲で通院を余儀なくされました。おおよそ週1回程度の通院を継続し、9月末で治療を終えましたが、加害者側の保険会社の対応や賠償額に問題がありましたので、弁護士に対応を引き継ぎ、賠償額増額で示談に応じたのが12月のことでした。

ブレーメンには現状テューバ吹きが不在なのもあり、ブレーメンの訪問演奏の類ではユーフォとテューバの譜面を混ぜて吹いているのですが、ペダルトーンの出音がイマイチと言う課題があります。そこで、willie'sのTuBacchus(チューバッカス)と言うマウスピースを購入しました。「テューバ奏者のためのユーフォニアムマウスピース」と言う事で、シャンクはユーフォニアム太管ですが、カップ等はテューバ用マウスピースそのものですので、これでユーフォを吹くと低音がガリガリ出せます。その代わり、ユーフォの通常音域が出しにくいの何のって(苦笑)ちゃんと練習しないとダメっぽいです。

今年はYAMAHAからVenova(ヴェノーバ)と言うサクソフォン系のカジュアル管楽器が発売され話題になりましたが、クラリネット系でそんなの無いかなーと思って探したところ、ヌーボー クラリネオってのがあり、ヨドバシでもそこそこの安値で出ておりましたので、ポチッと予約して店舗で入手!

お持ち帰りの上吹いてみましたが、構造がほぼクラリネットそのものでして、殆ど音が出ません。楽器を付けずに吹いてみてもさっぱりプーププとは鳴りませんで、ちゃんと練習しないとダメそうです(何日か吹いているうちに時々プーププと鳴るようにはなりましたが、楽器ではまだまだです)。

Powered by XOOPS Cube Legacy 2.1.8  Theme Design by OCEAN-NET
copyright (c) 2003 All rights reserved.